外壁・内装ほか住宅リフォームは造研へ 浜松市・磐田市・湖西市対応

外壁・内装ほか住宅リフォームは造研へ 浜松市・磐田市・湖西市対応





  1. トップページ
  2. 家族みんなが笑顔に♪二世帯の住まいを再生

家族みんなが笑顔に♪二世帯の住まいを再生~共有型

U様邸(浜松市東区小池町・築37年/木造2階建て住宅)

■家族がゆったりくつろげる広いLDKに!

玄関から入るとキッチンに立つ奥様が温かく迎えてくれます。一部を増築、梁補強により柱を撤去して空間を広げました。明るく風通りのよい、家族がそろってゆったりくつろげるLDKが実現しました。


 ↑ LDKのイメージをパースでご提案


←改装前は壁や建具で細かく仕切られた間取りでした


LDK全体や外の様子が見渡せる場所に対面キッチンを設置。正面がLDKの出入口なので外出時や帰宅時に家族がキッチンに立つ奥様と自然と顔を合わせることが出来るようになりました。光や風をたっぷり取り込めるダイニングでのんびり過ごす休日の朝は最高のひと時です。
キッチン廻りを回遊式にしてスムーズな動線にしました。カウンターの高さを抑え開放的に。スッキリ物が片付けられるよう扉付の収納を左右に設置。キッチン 本体と収納は奥様が二世帯家族分の食事をスムーズに調理できるよう標準より間口の広いタイプ(2.7メートル)を採用しました。



←改装前のダイニングキッチン
二世帯の食事をつくるには狭くて孤立感がありました。収納スペースが少なく物が片付きませんでした。


リフォームデータ
所在地 浜松市東区
家族構成 両親+夫婦+子供1人+
犬1匹+猫1匹
施工面積 138.7㎡(内9.9㎡増築)
費用 2,500万円
工期 4ヶ月
リフォーム
箇所
1.2F全面リフォーム

◆弊社プランニング&施工のポイント
約25年前にご両親が購入した中古住宅に二世帯同居しているU様は家族がゆったりくつろげるLDKがほしいと数年前からリフォームを計画していました。 以前は居間とダイニングキッチンが離れた家族のコミュニケーションがとりづらい間取りで、家全体が土の真壁のため奥様の希望である洋風の家とは程遠いつくりでした。収納が少なく部屋に物が沢山置かれ、そこにペット(犬猫)が行き来している状態でした。冬寒く夏暑いためペットにもつらい状況でした。築37年で老朽化しており耐震も気になっていました。 一部増築してLDK空間をつくりました。部屋全体と外が見渡せる位置に対面式のキッチンを設置し、LDKの一角に親子で楽しめるホビールームと愛犬トビーの居場所をつくりました。キッチン廻りだけでなく一階全体を回遊式にしてゆるやかにお互いのプライバシーを保てるよう家族の動線がスムーズな間取りにしました。居室はできるだけ光や風を取り込めるよう窓の位置を工夫しました。
【きれい】
LDKにキズや汚れに強いペット対応のフローリングを貼りました。ウッドデッキにトビー専用の出入口を設けて玄関を汚さずに直接LDKに行き来できるようにしました。物がスッキリと片付けられるよう6帖の納戸を設け、出来るだけ床に物が置かれないよう要所に収納や棚を設置しました。
【安心・安全】
LDK空間を広げるため柱を撤去する代わりに梁補強しました。家全体のバランスを見ながら筋交いを入れたり壁を増やし、柱梁の要所に金物補強しました。また、二階の屋根は瓦からカラーベストに葺き替えました。防犯&台風対策として一階の引違い窓は雨戸や面格子を設置。
【省エネ】
太陽光パネルとエコキュートを設置してオール電化に。光熱費を大きく減らすことが可能になりました。窓はすべてペアガラスサッシに。床下、外周部壁天井に断熱材をしっかり充填して効率をよくエアコンを使用することが可能になりました。

■平面図before

■平面図after

■家族それぞれの居場所をつくる

リビングのつながりに奥様がミシンで布小物をつくったり親子で楽器演奏を楽しむためのホビールームをつくり、外には愛犬トビーのために出入口扉付のウッドデッキを造作しました。冬はデッキで日向ぼっこ、外の様子も眺められてトビーもご満悦の様子です。

ホビールームに棚を造作、お気に入りの小物や家族の写真をディスプレイ。棚下のボックスにはミシンの布が沢山収納できます。

↓ 暑さに弱いトビーのゲージはエアコンの真下に


←ピアノやトビーのゲージが置かれた改装前の居間。日中も照明をつけていないと暗い部屋でした。いろんなものが置かれて落ち着ける場所ではありませんでした。


玄関正面のドアから先はご両親の専用スペースに。手前は洋服の仕立てをしているお父様の作業室、奥はご両親の部屋を設けました。部屋の一部には仕事の合間にのんびり庭が眺められるよう畳コーナーをつくりました。

改装前の広縁と和室
家全体が土の真壁で奥様の希望だった洋風の家とは程遠いつくりでした。和室の広縁も家族の生活スタイルに合わずとても無駄な空間でした。


■和の趣からナチュラルモダンへ一新

【階段・廊下・玄関ホール】
明る目の床と白系のクロス、ダウンライトによりスッキリ広く感じるようになりました。建具はウッディラインのクリエモカ横目柄で統一、明るい空間にアクセントをつけました。




改装前は全体が暗い印象で床が軋み、建具もがたついてかなり老朽化していました。


【浴室・洗面・トイレ】




タイル張りの古くなった水廻りを全て一新。
浴室と洗面はそれぞれひとまわり広いスペースに、位置をひっくり返して家事動線が楽になりました。


【子世帯専用の2階スペース】

お子様の成長に伴い部屋を壁で仕切りました。押入と床の間を大容量のクローゼットに。家族の洗濯物や布団が干せるようバルコニーを設置。各部屋にアクセントクロスを貼りました。

改装前の2階はお子様が小さかったため親子3人で寝ていました。すでにフローリングの床にリフォームされていましたが柱や天井・押入など、和室の趣が残っていました。


【外観】

屋根は瓦からカラーベストに、外壁はトタンからサイディングで和から洋に一新。窓は全てペアガラスサッシに。防犯&台風対策として一階の引き違い窓は雨戸もしくは面格子を設置。