浴室をバリアフリー化するメリットは? リフォームプラン例も紹介!


「浴室をバリアフリーリフォームすべきか迷っている」「費用はどのくらいかかるのか?」とお悩みではありませんか? 浴室は、転倒やヒートショックなど、高齢者の事故が起こりやすい場所です。また、介護が必要な家族がいる場合、浴室のバリアフリー化は必要不可欠でしょう。どうすれば、安全で快適に利用できる浴室になるのか考えなければなりません。

この記事では、浴室をバリアフリーリフォームするメリットやリフォームのプラン例・リフォームにかかる費用などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 浴室をバリアフリーリフォームする必要性とメリット
  2. 浴室のバリアフリーリフォームのプラン例5つ
  3. 浴室のバリアフリーリフォームにかかる費用と業者選びのポイント
  4. 浴室のバリアフリーリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、浴室をバリアフリー化すべきタイミングやリフォームの補助金・費用を抑えるポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.浴室をバリアフリーリフォームする必要性とメリット

まずは、浴室をバリアフリーリフォームする必要性やメリット・タイミングなどをまとめました。

1-1.安全で快適な空間を作り出すことができる

バリアフリーリフォームによって浴室を安全で快適な空間にすることができます。家庭内で発生した事故のうち、約30%以上が浴室内で起こったものです。筋力が低下している高齢者や要介護者にとって、浴室内での転倒や急激な温度変化によるヒートショックがいつ起こるか分かりません。バリアフリー化することによって、そのような事故が起こる危険を取り除くことが必要なのです。

1-2.介護する人の負担も軽減できる

浴室をバリアフリーリフォームすることで、介護する人の負担も軽減できるというメリットもあります。体が不自由な高齢者や要介護者が入浴する際、家族の助けが必要になる場合もあるでしょう。入浴を介助する際には大きな力や動作が必要です。バリアフリー化されていれば、そういったサポートもしやすくなるでしょう。

1-3.浴室に潜む危険を感じたときがリフォームのタイミング

基本的に、浴室に潜む危険を感じたときがバリアフリーリフォームを検討すべきタイミングといえるでしょう。具体的には、以下のような場合があります。

  • 出入り口の段差につまずくことが多くなった
  • 床が滑って転倒した
  • 浴槽が深くてまたぐのが困難になった
  • 浴室の寒さが気になる

2.浴室のバリアフリーリフォームのプラン例5つ

浴室のバリアフリーリフォームについて、プラン例を5つ挙げてご紹介しましょう。

2-1.手すりの設置

浴室内での転倒を防止するには、手すりの設置が効果的です。設置する場所によっては浴槽をまたぐ際の補助にもなるため、危険を回避できるでしょう。洗い場や出入り口近くの壁にも手すりを設置する例が多くなっています。

2-2.段差の解消

出入り口の段差につまずいて転倒するケースが多いため、段差を解消するためのリフォームもおすすめです。段差を完全になくすのが理想ですが、難しい場合は段差の高さを2cm以内にとどめるとよいでしょう。ただし、段差をなくすことで脱衣所に水漏れしないよう、排水機能についてもしっかり考えなければなりません。

2-3.滑りにくい床材への変更

浴室の床は水にぬれると滑りやすくなるため、転倒を防止するために滑りにくい床材へ変更するリフォームも多くなっています。硬い床材だと転倒した際に大きなケガにつながりやすいため、滑りにくさだけでなく転倒時の衝撃を和らげてくれる素材かどうかもポイントです。

2-4.扉を引き戸か折れ戸へ交換

車イスでも浴室への出入りが楽にできるよう、扉を引き戸か折れ戸へ変更するリフォームもよく行われています。万が一浴室内で事故が発生した場合、外から開けやすくすることも目的の一つです。また、扉にガラスを使用する場合は、割れにくいものを選ぶことでさらに安全性が向上します。

2-5.浴室暖房乾燥機の設置

ヒートショック対策として、脱衣所と浴室内の温度差をなくすリフォームが必要な場合もあるでしょう。脱衣所と浴室内の両方を温めるために、脱衣所には床暖房・浴室内には暖房乾燥機を設置するケースもあります。

3.浴室のバリアフリーリフォームにかかる費用と業者選びのポイント

浴室のバリアフリーリフォームにかかる費用や節約のポイント・業者の選び方などをまとめました。

3-1.費用相場は5万~50万円

浴室のバリアフリーリフォームにかかる費用は、リフォーム内容によって大きく差があります。手すりの設置や段差の解消などであれば5万円程度で済む場合がほとんどですが、床材や扉を交換する際の費用は10~20万円前後です。また、浴室の広さを変更したり暖房設備を設置したりする場合は、30~50万円ほどかかることもあります。

3-2.補助金制度が適用される可能性も

浴室に限らず、バリアフリーリフォームには補助金制度が適用される可能性があります。工事にかかる費用20万円までのうち、9割の補助金が支給されるのです。補助金の対象になるためには、要介護認定の家族がいること・バリアフリーに関係するリフォームであることなど条件があります。自治体の補助金制度と介護保険を併用することも可能な場合があるため、事前に確認しておきましょう。

3-3.業者を比較して選ぶことも節約のポイント

工事を依頼する業者は、複数の業者に無料見積もりを依頼して比較することをおすすめします。リフォーム工事費用は業者によっても違いがあるため、大まかな相場を把握しておく上でも大切なことです。無料で複数の業者から見積もりを取り寄せることができるサイトもあるため、活用してみるとよいでしょう。

3-4.良質な業者を選ぶには?

安心して工事を任せることができる良質な業者を選ぶために、以下のポイントを業者選びの参考にするとよいでしょう。

  • 豊富なバリアフリーリフォーム実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • 提案力と技術力があるか
  • 現地調査をしっかり行ってくれるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4.浴室のバリアフリーリフォームに関するよくある質問

「浴室をバリアフリーリフォームしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.自分でできる浴室のバリアフリー化にはどのような方法があるでしょうか?
A.浴室用のすのこを設置して浴槽をまたぎやすくする方法や、浴槽内にバスシートを置いて洗い場と浴槽の床の高さを合わせる方法などがあります。

Q.在来工法のお風呂のほうがバリアフリーリフォームしやすいというのは本当ですか?
A.在来工法のお風呂は規格製品であるユニットバスに比べて自由にリフォームしやすいといわれています。部材の寸法や工法が限られていなく、加工しやすい素材で作られているためです。

Q.浴室に手すりを設置する際の注意点を教えてください。
A.壁や浴槽内に穴を開ける必要があるため、工事後の防水処理をしっかり行う必要があります。また、取り付けた後のことをイメージすることも大切です。設置する位置や手すりの素材に問題がないか、念入りに確認しましょう。

Q.ユニットバス全体を交換することでバリアフリー化することも可能ですか?
A.はい。最近はバリアフリー仕様のユニットバスも販売されているため、丸ごと交換することで高齢者が使いやすい浴室にすることが可能です。

Q.浴室のバリアフリーリフォームと同時に、壁の色を変えるリフォームをしようと思います。補助金の対象になるでしょうか?
A.バリアフリー化と関係のない工事については、補助金の対象外です。壁の色を変えるリフォームにかかった分は実費で支払うことになります。

まとめ

浴室のバリアフリーリフォームが必要な理由やメリット・プラン例などをまとめてご紹介しました。体が不自由な家族がいる家庭において、浴室のバリアフリー化は必要不可欠です。具体的にどのようなリフォーム方法があるのか・費用はどのくらいかかるのかなど、ぜひこの記事を参考にしてください。