バルコニーのリフォームプラン例を紹介!費用相場や業者の選び方も!


「バルコニーをリフォームしたいが費用はどのくらいかかるのか?」「どんなリフォームプランがあるのか知りたい」とお悩みではありませんか? バルコニーをリフォームする方法や目的にはさまざまなものがありますが、実際には「いくらあればどんなリフォームができるのか分からない」という人も多いでしょう。

この記事では、バルコニーをリフォームする必要性やリフォームプラン例・リフォーム工事にかかる費用や日数などを詳しくご紹介します。

  1. バルコニーをリフォームする必要性やタイミング
  2. バルコニーのリフォームプランを紹介
  3. バルコニーのリフォーム工事を依頼する前に知っておきたいこと
  4. バルコニーのリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、バルコニーのリフォームを検討すべきタイミングやリフォーム費用を抑えるコツなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.バルコニーをリフォームする必要性やタイミング

まずは、バルコニーの役割やリフォームを考える必要性・タイミングなどをご紹介しましょう。

1-1.建物から張り出した屋根のないスペース

バルコニーは建物の外壁から張り出したスペースのことで、屋根がなく手すりがあるのが特徴です。屋根がある「ベランダ」とは区別して使われることが多く、バルコニーは屋根がない分、面積が比較的広くなっています。使い道に決まりはありませんが、洗濯物を干したり分別ゴミ保管したりする場所として活用している家庭が多いでしょう。そのほかにも、バーベキューやガーデニングを楽しむなど、くつろぎのスペースとして活用している家庭も少なくありません。

1-2.リフォームを考えるのはこんなとき

バルコニーのリフォームを検討するのは、以下のようなときでしょう。メンテナンスの意味合いでリフォームする場合と、機能性や住みやすさをよくするためにリフォームする場合があります。

  • 狭くて使い勝手が悪い
  • 防水性が低下して水はけが悪くなってきた
  • 掃除をしても汚れが落ちない
  • 劣化が進み危険な状態になっている
  • 天気に左右されないよう屋根を付けたい
  • 増設して有効活用したい

1-3.なぜリフォームするのかを明確にしておく

バルコニーのリフォームで重要なのは、なぜリフォームするのか、その理由と目的を明確にしておくことです。現在、バルコニーにどんな問題点があり、その問題を解決するためにはどうすればよいのかを考えなければなりません。そうすることで、失敗せずリフォームができるでしょう。

2.バルコニーのリフォームプランを紹介

バルコニーのリフォームプラン例をいくつかご紹介しましょう。

2-1.床をウッドデッキにする

既存の床にウッドデッキを敷き詰め、第二のリビングとしてバルコニーを活用するプランです。工事費用は10万~25万円前後が相場となります。無機質なイメージがあるバルコニーをぬくもりのある雰囲気に一新し、椅子やテーブルを置いてくつろぎの場として利用できるでしょう。この場合、腐りにくくメンテナンスが楽な人工樹脂を使用するのがおすすめです。

2-2.防水機能を施す

防水性の低下を放置すると雨漏りの原因にもなるため、防水機能を施すリフォームが必要です。戸建てのバルコニーに防水機能を施す方法としては、以下の2つが主流となっています。

  • FRP防水:繊維強化プラスチックを使った防水方法。10万~15万円
  • ウレタン防水:液体状のウレタン樹脂を塗りつける方法。8万~10万円

2-3.サンルームを設置する

バルコニーの一部または全体を解体してサンルームにリフォームするプランです。「天気が悪い日も洗濯物を干したい」「子供やペットが遊べるスペースを作りたい」という人におすすめのリフォーム方法となっています。工事費用の相場は、解体費用と設置費用を合わせて100万~150万円前後です。

2-4.増設する

使い道の幅を広げるためにバルコニーを増設するプランです。バルコニーを増設するには、「後付けする」または「拡張する」方法があります。後付けする場合は窓の位置や外構の状況によって費用が変わってきますが、45万~60万円前後が相場です。拡張する場合の費用相場は30~40万円前後ですが、拡張する大きさや採用する素材によっても差が出ます。

3.バルコニーのリフォーム工事を依頼する前に知っておきたいこと

バルコニーのリフォーム工事にかかる日数や費用を抑えるコツ・業者選びのポイントなどをまとめました。

3-1.工事日数はリフォーム内容によって異なる

バルコニーのリフォーム工事にかかる日数は、工事内容によって異なります。バルコニーの床に防水機能を施す場合やテラス屋根を取り付ける場合などは1~2日で完了する場合がほとんどです。バルコニーの増設やサンルームの設置などになると、1週間~1か月ほどかかることもあるでしょう。

3-2.劣化が進行する前にリフォームを

費用を抑えるコツは、劣化が進行する前にリフォーム工事を依頼することでしょう。雨風にさらされるバルコニーは、劣化が進みやすい場所です。劣化が進んだ状態でリフォームを依頼すると、建材の交換や修理などが必要になり、追加費用が発生する可能性があります。早めにリフォームを行うことで結果的に費用を安く抑えることができるのです。

3-3.信頼できる業者を選ぶ

信頼できるリフォーム業者を選ぶために、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な施工実績がある
  • 住宅リフォーム事業者団体に登録している
  • 要望に合ったリフォームを提案してくれる
  • 無料見積もりを受け付けている
  • 見積書の内容が明確である
  • 丁寧でスピーディーに対応してくれる

4.バルコニーのリフォームに関するよくある質問

「バルコニーのリフォームを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.DIYでバルコニーをリフォームすることは可能でしょうか?
A.床に人工芝やデッキパネルを敷き詰める・壁にフェンスパネルを取り付けるなどのリフォームであればDIYでも簡単にできます。

Q.バルコニーのリフォームで補助金がもらえることはあるのでしょうか?
A.床の防水工事などは性能向上工事として補助金の対象になる場合があります。補助金の対象になる条件や受給できる金額は自治体によって異なるため、事前に確認しましょう。

Q.マンションの場合でもバルコニーのリフォームはできるのでしょうか?
A.マンションのバルコニーは共有部分にあたるため、大がかりなリフォームはできない場合がほとんどです。簡単なリフォームであれば可能な場合もあるため、管理規約を確認しておきましょう。

Q.バルコニーの床に使う素材でメンテナンスがしやすいものは何ですか?
A.最もメンテナンスしやすいのは、アルミ製や樹脂製の素材でしょう。木製にするなら塩化ビニールなどの樹脂を原材料として人工木材がおすすめです。

Q.悪質なリフォーム業者の特徴を教えてください。
A.突然自宅へ訪ねてきて不安をあおりリフォームをすすめてくる業者や、大幅な値引きをしてくる業者・強引に契約を急(せ)かす業者には注意が必要です。

まとめ

バルコニーをリフォームする必要性やタイミング・リフォームプラン例・工事費用相場などをまとめてご紹介しました。バルコニーをリフォームする際は、なぜリフォームが必要なのか・どのようにリフォームしたいのかをしっかり考える必要があります。ぜひこの記事を参考にしてスムーズなリフォームをしてください。