マンションのトイレをリフォームしたい! 選び方・費用・コツを解説!


「マンションのトイレをリフォームしたいが、どんな種類があるのだろう」「失敗しないコツやポイントを知りたい」とお考えではないでしょうか。せっかくリフォームするのなら、できるだけ理想のトイレにしたいものです。それに、費用や期間がどの程度かかるのかも気になりますよね。

そこで今回は、マンションのトイレリフォームについて詳しく解説しましょう。

  1. マンションのトイレリフォームの種類や注意点
  2. マンションのトイレリフォームの選び方
  3. マンションのトイレリフォームの費用
  4. マンションのトイレリフォーム業者の選び方
  5. マンションのトイレリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、マンションのトイレをリフォームするために必要なことが分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.マンションのトイレリフォームの種類や注意点

最初に、マンションのトイレリフォームの種類や注意点を見ていきましょう。

1-1.トイレリフォームの主な種類は?

トイレリフォームには、以下のような種類があります。

  • 便器だけ交換する
  • 壁や床を含め全体をリフォームする
  • バリアフリー仕様にする

1-2.マンションならではの注意点を押さえよう

理想のトイレを実現したくても、マンションならではの制約によりできないことがあります。

1-2-1.排水方式を確認しよう

マンションのトイレには、以下のような排水方式があります。便器を交換するときは、排水形式が同じことが必要です。

  • 床排水:床に接続した排水管から水が流れるタイプで、排水管が見えない
  • 壁排水:壁に接続した排水管から水が流れるタイプで、便器の横から排水管が見える

1-2-2.タンクレストイレが不可の場合がある

マンションでは、給水圧力が低いため、タンクレストイレの設置が不可のことがあります。タンクレストイレに交換を希望する場合は、低水圧でも対応可能な種類を選びましょう。中には、ブースター機能により低水圧でも快適に使用できるタイプもあります。

1-2-3.増設は規約などを確認してから

マンションにトイレを増設したい場合は、以下のことが必要です。

  • 管理組合に許可を取ったり管理規約を確認したりする
  • リフォーム業者に相談して給排水方式を確認し物理的・構造的に可能かを判断する

なお、マンションは、区分所有法によりリフォームが可能な専有部分とリフォーム不可の共有部分に分かれます。共有部分にトイレを増設することはできません。

2.マンションのトイレリフォームの選び方

マンションのトイレリフォームの選び方を詳しく解説します。

2-1.便器を選ぶポイントは?

便器を選ぶときは、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 便器のタイプ:タンク式・タンクレス
  • 便器の大きさ:座り心地がいいか・安定感があるか
  • 色・デザイン:好みの色合いやデザインか
  • グレード:スタンダードタイプ・ハイグレードタイプ
  • そのほか:温水洗浄便座などの付加機能の有無

また、トイレの広さに合うことも重要なポイントです。たとえば、狭いトイレに座り心地のいい大型の便器を設置すると、トイレ内での動線が確保できず、使いづらくなるので注意しましょう。

2-2.手入れしやすい床材がおすすめ

トイレの床材を選ぶときは、手入れしやすいものを選ぶことをおすすめします。トイレの床材の主な種類については、以下を参考にしてください。

  • クッションフロア:塩ビを素材にしたシートで防水性に優れ、掃除しやすい
  • フローリング材:オシャレに仕上がるが、水やアンモニアに弱く腐食しやすい
  • タイル材:高価だが、耐久性・耐水性が高く掃除しやすい

2-3.動線と快適さを重視してレイアウトする

トイレをリフォームするときは、動線や快適さを重視してレイアウトするといいでしょう。具体的には、以下のとおりです。

  • 便座の先端から壁まで50cm程度確保する
  • トイレの扉を開けたときに(内開きの場合)便器から十分な距離があるか
  • タオル掛けやペーパーホルダーの位置は適切か
  • 電源の位置は分かりやすいか
  • 収納は出し入れがしやすい位置か

3.マンションのトイレリフォームの費用

マンションのトイレリフォームで主なパターンの費用目安を解説します。

3-1.便器の交換費用は5~25万円程度が目安

便器の交換費用の目安は、以下を参考にしてください。最近は、トイレ内のスペースが広く使え、掃除もしやすいタンクレスタイプが人気です。

  • タンク式からタンク式:5~15万円程度
  • タンク式からタンクレス:15~25万円程度

3-2.フルリフォームは40万円程度~

便器だけでなく、天井・壁紙・床材を交換するフルリフォームでは、40万円程度~が相場です。また、収納を設置するとプラス5万円~となるでしょう。ハイグレードな便器や素材を使ったりトイレを広くしたりする場合は、さらに費用が上乗せとなります。

4.マンションのトイレリフォーム業者の選び方

マンションのトイレリフォームは、信頼できる業者とよく相談して進めましょう。

4-1.信頼できる業者の選び方

以下のような条件に当てはまる業者なら、安心してトイレリフォームを依頼できます。

  • トイレリフォームで豊富な実績がある
  • 高品質な工事で定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな費用システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • スタッフの対応が丁寧で評判がいい
  • 保証やアフターフォローが手厚い

なお、当造研でもトイレリフォームを数多くお受けし、ご好評をいただいています。まずは、お見積もりからお気軽にお申しつけください。

4-2.リーズナブルで高品質な工事を行う業者を選ぶ

できるだけ安くリフォームしたいのなら、以下のポイントを参考にしてください。

  • 機能性に問題なければ安い材料を使用する
  • 工事費用が安い業者に依頼する
  • できるところは自分たちでDIYする

なお、費用が安いだけで業者を選ぶと失敗します。リーズナブルな費用かつ高品質なリフォームで定評のある業者を選びましょう。

4-3.リフォーム工事の流れと工事期間の目安

マンションのトイレリフォーム工事は、以下のような流れで進みます。

  • 工事前に業者と依頼者がリフォーム部分と内容を確認する
  • 業者がトイレリフォーム工事を開始する
  • 工事が終了したら業者と依頼者で工事部分を確認する
  • トイレが正常に利用できるか確認して完了

工事期間は、便器の交換など簡単なもので半日程度・全体のリフォームで1~2日程度が目安です。実際の期間については、業者に確認してください。

4-4.工事中のトイレ利用を考えておく

リフォーム工事中は、トイレを使用できません。工事中のトイレをどうするか、事前に考えておきましょう。マンションに、共有トイレがあるのなら問題ありません。ほかにも、近くのコンビニや隣家のトイレを借りるなどの方法があります。また、小さな子どもや高齢者がいる場合は、ポータブルトイレを利用することも検討してください。

5.マンションのトイレリフォームに関するよくある質問

最後に、マンションのトイレリフォームに関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.賃貸マンションのトイレを自費でリフォームするなら問題ない?
A.契約内容によります。自費であってもリフォーム不可となっている場合は、契約違反になるのでやめましょう。なお、リフォームは可能でも退去時に元どおりの状態に戻す必要がある場合もあります。

Q.マンションのトイレリフォームは何年ごとに行うべきか?
A.特に決まりはありません。不便を感じたときやイメージチェンジをしたいときに、適宜リフォームするといいでしょう。

Q.リフォーム工事の途中でも依頼内容を変更できる?
A.依頼内容と工事の進行状況によります。まずは、業者に変更可能か確認してください。ただし、依頼者都合の変更となるため、工事費用が上乗せとなる場合があります。

Q.依頼したリフォーム内容と異なる場合はどうする?
A.すぐに業者に連絡してください。契約内容と明らかに異なる場合は、やり直してもらいましょう。

Q.車いす対応のトイレにリフォームするときの注意点は?
A.まずは、十分な広さが確保できるか確認しましょう。マンションのトイレは広くないため、車いす対応のトイレに変更するのは難しい場合があります。また、手すりの取り付け位置も利用する人に合わせて調整してください。

まとめ

今回は、マンションのトイレリフォームについて詳しく解説しました。マンションのトイレに不満があるのなら、思いきってリフォームしましょう。まずは、どんな機能がほしいのか・どんなイメージのトイレにしたいのか、具体的に書き出して見ることをおすすめします。なお、マンションでは、排水方式や管理規定規約理的な問題により、リフォーム内容に制約を受けることがあるので注意しましょう。信頼できる業者によく相談し、理想のトイレリフォームを行ってください。