介護リフォームの目的や成功のポイントは? お得な補助金制度も紹介


「いつ介護リフォームすべきか迷っている」「どのくらい費用がかかるのか?」とお悩みではありませんか? 介護が必要になったとき、住み慣れた自宅で安心して暮らせることを考える必要があるでしょう。介護リフォームは条件によって助成金や補助金を受けることもできるため、詳しく調べておくことをおすすめします。この記事では、介護リフォームの目的やタイミング・費用相場などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 介護リフォームの目的や必要性は?
  2. 介護リフォームの事例を紹介
  3. 介護リフォームの費用相場と補助金
  4. 介護リフォーム工事をする前に知っておくべきこと
  5. 介護リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、介護リフォームのポイントや事例・補助金を利用する手順・リフォーム業者の選び方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.介護リフォームの目的や必要性は?

まずは、介護リフォームの目的や必要性・タイミングなどをご紹介しましょう。

1-1.介護される側とする側の両方にとって必要なこと

リフォームすることで被介護者は安全で暮らしやすい生活を手に入れることができます。そして、介護する側も、体力的な負担が減ることで精神的な負荷も軽くなり、気持ちにも余裕が生まれるはずです。

1-2.介護が必要になったときがリフォームのタイミング

家族に介護が必要になったタイミングで介護リフォームを検討する人が多いでしょう。今まで元気だった高齢者が、病気やケガによって突然介護が必要な状態になることもあります。そこで、介護する側もされる側も生活しやすい環境を作り出すことが必要です。

1-3.将来に備えてリフォームを検討するケースも多い

家族に要介護者がいなくても、将来に備えて早めに介護リフォームを検討するケースも増えてきています。今は何の問題もなく暮らせている家でも、将来自分や家族の身体が不自由になったときのことを考えておくのは大切なことです。

2.介護リフォームの事例を紹介

介護リフォームの事例や知っておくべきポイント・注意点をまとめました。

2-1.スムーズな生活のために手すりの設置を

各所に手すりを設置することで、転倒の防止やつかまり立ちのサポートとして役立ちます。手すりの設置は比較的簡単にできるリフォームの一つで、費用を抑えたい人におすすめです。

2-2.事故を予防して安全に使える浴室に

浴室は転倒などの事故が起こりやすい場所です。まず、浴室と脱衣所の段差をなくし、ぬれても滑りにくい床材に交換するとよいでしょう。そのほかにも、扉を引き戸に交換することで、介護する側にとっても使いやすくなります。

2-3.車いすでも使いやすいトイレに

段差を解消してトイレ内のスペースを広くし、車いすでも出入りしやすくするなどのリフォーム例があります。また、和式トイレは身体が不自由だと使いにくいため、洋式トイレに交換するリフォームも検討が必要です。

2-4.階段を安全に使いやすく

階段も、転落などの事故が起こりやすい危険な場所です。手すりの設置をはじめ、段差を緩やかに設計する・滑りにくい床材に交換する・階段昇降機を設置するなど、さまざまなリフォーム方法があります。

2-5.ポイントを押さえたリフォームを

介護リフォームは、介護者にも配慮し、被介護者の身体状況に合った内容であることが大切です。どうすれば介護者が介護しやすく、負担が少なくて済む家になるかをしっかり考えた上でリフォームしましょう。また、被介護者の身体状況に合わせることも必要です。身体状況によってどのような介護が必要になるか変わってくるため、介護の専門家と相談しながらリフォームの計画を立てていくのもよいでしょう。

3.介護リフォームの費用相場と補助金

介護リフォームにかかる費用の相場や補助金制度についてご紹介します。

3-1.リフォーム内容別の費用相場を紹介

リフォームする場所や内容別の費用相場は、以下のとおりです。

3-1-1.浴室

  • 浴室拡張:約40万円
  • 段差の解消:約25万円
  • ドアの変更:約7万円
  • 床材の変更:約5万円
  • バスリフトの設置:約30万円

3-1-2.トイレ

  • 和式から洋式への変更:約18万円~
  • 手すりの設置:約5~10万円
  • 引き戸への変更:約10~20万円
  • スペースの拡張:約10~30万円
  • 昇降式便座への変更:約10万円~

3-1-3.玄関

  • 段差を低くする:約1万円~
  • スロープの設置:約20万円~
  • 床材の変更:約5万円~

3-1-4.階段

  • 手すりの設置:約10~15万円
  • 段差を緩やかにする:約30万円~
  • 昇降機の設置:約50万円~

3-2.補助金が支給される場合もある

介護リフォームを行う際は、介護保険から一定の補助金が支給される場合があります。支給される金額は、上限20万円までの工事に対して、その9割です。ただし、補助金の対象となる工事内容は決まっているため、事前に確認しておきましょう。

3-3.補助金制度を利用する流れは?

補助金制度を利用する流れは、以下のようになります。

  1. 要支援、要介護認定を受ける
  2. ケアマネージャーと相談し、リフォームのプランを検討する
  3. リフォーム業者に依頼し、契約を結ぶ
  4. 住宅改修費支給申請書・住宅改修理由書・工事見積書・工事図面などを市区町村に提出する
  5. リフォーム工事の実施・完成
  6. リフォーム業者に対して、いったん費用全額を支払う
  7. 領収書や工事費用の内訳・リフォーム前後の状態が分かる写真や図面などを市区町村に提出する
  8. 補助金の支給

4.介護リフォーム工事をする前に知っておくべきこと

介護リフォーム工事をする前に、工事の流れや日数・業者選びのポイントなどを知っておきましょう。

4-1.安心して任せられる業者選びを

安心して工事を任せられる業者を選ぶために、以下のポイントを参考にしてください。

  • 介護リフォーム工事の実績が豊富か
  • 介護する側・される側の立場になった提案をしてくれるか
  • 介護保険に精通しているか
  • 見積書の内容は明確か
  • スタッフの対応は丁寧でスピーディーか

4-2.まずは無料見積もりの依頼が必要

介護リフォーム工事の一般的な流れは、以下のとおりです。

  1. 業者に無料見積もりを依頼
  2. 現地調査
  3. 正式見積書の提出
  4. 工事日時の決定
  5. 工事の実施
  6. 支払い

4-3.工事にかかる日数はリフォーム内容によって変わる

介護リフォーム工事にかかる日数は、どこをどのようにリフォームするかによって変わります。手すりの設置や扉の変更などのリフォームであれば、1日で完成する場合がほとんどです。廊下を広くしたり階段の段差を緩やかにしたりする工事だと、3日~1週間以上かかる場合もあるでしょう。

4-4.悪徳業者に注意

悪質なリフォーム業者の存在に十分注意してください。中には、補助金制度につけこんで必要のないリフォームを持ちかけてくるような業者も存在します。特に、突然家にやってきてリフォームをすすめてくる訪問販売の業者や、大幅な値引きを口にする業者は利用しないほうがよいでしょう。

5.介護リフォームに関するよくある質問

「介護リフォームを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.介護リフォームの補助金は、1回で使いきる必要があるのでしょうか?
A.いいえ。20万円を数回に分けて使うことも可能です。最初のリフォーム工事で10万円使い、2回目の工事で残りの10万円を使用することもできます。

Q.介護保険制度以外に、介護リフォームに利用できる補助金制度はあるでしょうか?
A.リフォーム減税のほか、高齢者や障害者向けのリフォームに対して補助金や助成金を支給している自治体もあり、介護保険制度との併用が可能です。条件や金額は自治体によって異なるため、確認してください。

Q.まだ本格的な介護リフォームは必要ないのですが、とりあえず手すりだけでも設置しておけば安心でしょうか?
A.計画性のないリフォームは失敗のもとです。いざ介護が必要になったとき、「ほかの場所に設置したほうがよかった」などと後悔する可能性があるため、十分な計画を立てた上でリフォームすることをおすすめします。

Q.介護リフォームの失敗例を教えてください。
A.廊下に手すりを設置したら車いすがとおるスペースがなくなってしまった・いずれ必要になると思って狭い階段にリフトをつけてしまった、などの失敗例があります。

Q.介護リフォームをするにあたって、ケアマネージャーへの相談は必ずしなければならないのでしょうか?
A.質の高い介護ができるよう、具体的なリフォーム計画を立てるには、介護の専門家であるケアマネージャーへの相談が必要と考えられます。ケアマネージャーが介護リフォームを得意とする業者を紹介してくれる場合もあるため、相談してみるとよいでしょう。

まとめ

介護リフォームの目的や必要性・具体的な事例などを詳しくご紹介しました。介護リフォームを検討する際は、どこにどのようなリフォームが必要かを慎重に考える必要があります。より質の高いリフォームを実現するためには、補助金制度について詳しく知っておくことも大切です。ぜひこの記事を参考にして、介護リフォームに成功してください。