子供部屋をリフォームしたい人必見! 気をつけるポイントや費用相場を解説


子供が成長してきたので、今ある部屋をリフォームして子供部屋を作りたい、と思っている人はいませんか? 子供部屋のリフォームは一般的なリフォームと異なり、子供が成長していくことを念頭において行うことが大切です。今回は、子供部屋をリフォームする際、気をつけるポイントや費用の相場などを紹介します。

  1. 子供部屋に関するリフォームの特徴
  2. 子供部屋のリフォームにかかる費用
  3. 子供部屋を使いやすくするリフォーム事例
  4. リフォーム業者は実績で選ぶことが大切
  5. 子供部屋のリフォームに関するよくある質問

この記事を読めば、子供部屋のリフォーム方法に悩むことはなくなるでしょう。子供部屋を作るために家をリフォームしたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.子供部屋に関するリフォームの特徴

はじめに、部屋を子供部屋仕様にリフォームする際に注意するポイントやほかのリフォームとの違いを紹介します。

1-1.子供が使いやすい部屋は年齢によって異なる

子供部屋は、年齢によって必要な設備や適切な場所が異なります。たとえば、就学に合わせて子供部屋を作る場合、低学年の頃は親の目がある程度届く場所に作ることが望ましく、必要な設備も机や収納家具程度です。一方、小学校高学年以降になると、プライバシーを保つため、1人になれるスペースを確保する必要があります。たとえば、2人で1部屋を使っている場合、間仕切りをして部屋を分けたりするリフォームが必要です。

1-2.くり返しリフォームできるやり方がおすすめ

リフォームにも、さまざまな種類があります。子供部屋のリフォームは、くり返しリフォームしなおすことを前提とした方法がおすすめです。たとえば、子供が小学校低学年の頃はリビングの一角に学習スペースを設け、高学年になったら部屋を1つ与えてもいいでしょう。また、子供が複数いる場合、将来複数の部屋に分けられるようにあらかじめ大きな部屋を作っておいてもいいですね。

1-3.壁紙や床材は比較的リフォームしやすい

今は、子供が好みそうなポップな壁紙や、足音を吸収しやすい床材などがあります。「子供好みの壁紙を貼ってあげたいが、飽きたらどうしよう」と悩んでいる人もいるでしょう。しかし、壁紙や床のリフォームは比較的簡単にできます。「空き部屋を子供部屋にリフォームしたい」場合、壁紙と床材を替えるだけでも、ぐっと子供部屋らしくなるでしょう。

1-4.子供が独立した後のことも考える

子供は、やがて大きくなって独立しますが、子供部屋もその際に役目を終えます。そのとき、別の使い方ができないと家の中に大きなデッドスペースができてしまうでしょう。子供部屋は子供が使いやすいことも大切ですが、ほかの用途でも将来使えるようにしておくことが大切です。

2.子供部屋のリフォームにかかる費用

この項では、子供部屋のリフォームにかかる費用などを紹介します。

2-1.簡易的なリフォームならば10万~30万円台

以下のような簡易的なリフォームは、10万~30万円台が相場です。

  • 壁紙を替える
  • アコーディオンカーテンなど簡易的な間仕切りを作る
  • 畳の床をフローリングやカーペットに替える

2-2.部屋を大幅に改造する場合は30万~50万円台

部屋を大幅に改造する以下のようなリフォームは、30万~50万円台が相場です。

  • ロフトを作る
  • 押し入れをクローゼットに改造
  • 広い部屋に間仕切りを作り、2つにする
  • 和室を洋室にリフォームする

以前には異なる用途で使っていた部屋を子供に使いやすくするためには、このくらいのリフォームが必要になります。

2-3.部屋の間取りを大幅に変えるようなリフォームは100万円台

家の使い勝手や家族の動線を考えて、リビングの一角を子供部屋として独立させたり、リビングから子供部屋が見通せるように間取りを変えるリフォームを行う場合、100万円台が相場です。ただし、マンションは間取りが大きく変えられない物件もあります。リフォーム前に規約等を確認しましょう。

2-4.一戸建ては増築も視野に入れてみる

一戸建ての場合、部屋を増築する選択肢もあります。費用は100万円台が相場です。家が狭く子供部屋を確保できない場合は、増築も考えてみましょう。

3.子供部屋を使いやすくするリフォーム事例

この項では、子供部屋を使いやすくするためのリフォームの一例を紹介します。

3-1.押し入れをクローゼットに改造する

子供の持ち物は年々増えていきますので、使いやすい収納を部屋に設置することが大切です。子供は奥行きが深い押し入れより、クローゼットのほうが使いやすいでしょう。また、押し入れの大きさによっては2つのクローゼットに分けることもできます。押し入れからクローゼットへの改造は2~3日で可能です。

3-2.機能性壁紙に張り替える

子供は、どうしても壁や床を汚しがちです。汚れが落としやすい機能性壁紙やカーペットを使えば、清潔さも保ちやすいでしょう。色を工夫すれば、ぐっと子供部屋らしい雰囲気になります。壁紙の張り替えは約1日で可能です。

3-3.間仕切りを作る

子供が複数いる場合、8畳間を仕切って2つにするなど、個人のプライバシーを保てる改造をすることも必要です。簡易的な間仕切りなら2日くらい、しっかりとした壁を作る場合は5日程度が目安となります。

3-4.和室を洋室にする

子供は、和室よりも洋室の方が使いやすいことが多いでしょう。畳をフローリングやカーペットに替え、障子やふすまにドアをつけます。工事期間はおおよそ1週間~10日前後です。

4.リフォーム業者は実績で選ぶことが大切

子供部屋のリフォームを引き受けてくれる工務店はたくさんあります。値段の安さをウリにする業者もありますが、実績やアフターサービスの手厚さで業者を選んだほうがおすすめです。リフォームをして、すぐに不具合が出ては元も子もありません。可能ならば、3社くらいから見積もりを取って比較してみましょう。見積もりがしっかりとしており、施主の質問に丁寧に答えてくれる業者がおすすめです。

5.子供部屋のリフォームに関するよくある質問

この項では、子供部屋のリフォームに関する質問を紹介します。

Q.子供部屋以外で使いにくいリフォームとは、どんな例があるでしょうか?
A.たとえば、子供が使いやすいように大きな収納スペースを区切って小さな収納スペースを複数作ってしまうと、大きなものが収納しづらくなってしまいます。また、ロフトも大きさや位置によってはデッドスペースになりがちです。

Q.窓のない部屋に窓を作ったりすることは可能でしょうか?
A.はい。可能ですが、部屋の位置や壁の状態によっては難しいこともあります。

Q.屋根裏を子供部屋に改造は可能ですか?
A.できますが、補強工事をしたり断熱材を入れたりとかなり大がかりな工事になるでしょう。

Q.自分で子供部屋をリフォームすることはできますか?
A.リビングの一角に勉強スペースを作る程度のリフォームなら可能ですが、無理をしてはいけません。壁紙を張り替えたりするのは、案外難しいものです。

Q.部屋を区切って子供部屋を複数作った場合、また仕切りを取って大きな部屋に戻すことはできますか?
A.はい。間仕切りの種類によっては可能です。工務店に依頼する際、「将来、子供が独立したらまた間仕切りを取りたい」と相談してください。

まとめ

今回は、子供部屋のリフォームをする際に気をつけるポイントや注意点、費用相場などを紹介しました。子供は成長していくので、子供部屋に必要なものも時間と共に変わっていきます。それを念頭においてリフォームをしましょう。模様替え感覚で行えるリフォームをすれば、成長度合いに合わせて再リフォームも容易です。