リフォームトラブルの相談先は? よくあるトラブル例や対処法も紹介


「リフォームの際にトラブルにあってしまった」「どこに相談すればよいのか?」とお悩みではありませんか? リフォームにおけるトラブルの発生件数は年々増加中です。住みやすい家にするためのリフォームでトラブルに巻き込まれるのは、残念なことでしかありません。しかし、リフォームトラブルに巻き込まれる可能性は誰にでもあるため、できるだけ悔しい思いをしないよう、予防策を知っておく必要があるでしょう。この記事では、リフォーム時によくあるトラブル例や相談先・トラブルを予防するために知っておくべきポイントなどをご紹介します。

  1. リフォームによるトラブル例
  2. リフォームトラブルの相談について
  3. リフォームトラブルの予防策
  4. リフォーム業者の選び方
  5. リフォームトラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、リフォームトラブルにあってしまったときの対処法や、トラブルにあわないための業者の選び方などが分かるはずです。

1.リフォームによるトラブル例

リフォームの際によくあるトラブル例をご紹介しましょう。

1-1.費用に関するトラブル

「見積書に不明確な項目が多数あった」「見積書にはない追加料金を請求された」などの例が数多く報告されています。このようなトラブルはを把握し見積書に記載された費用の内訳をしっかりチェックしないままリフォームを依頼した場合に多いため、十分注意が必要です。

1-2.工事内容に関するトラブル

「設計書どおりに施工されていない」「工事中、基礎に大きな穴を開けられた」など、工事内容に関するトラブルも少なくありません。また、施工後すぐに不具合が発生し、明らかな手抜き工事であったことが判明した例も多いため、業者選びも慎重に行うことが大切です。

1-3.アフターサービスや保証に関するトラブル

「工事後すぐに発生した不具合に業者が対応してくれない」「やり直し工事の費用を請求された」などのトラブルもあります。アフターサービスや保証の内容は業者によって異なるため、しっかり把握しておくことが必要です。

1-4.そのほかのトラブル

上記以外にも、次のようなトラブルが報告されています。

  • 工事予定日になっても工事が始まらない
  • 近隣住民への配慮不足により、苦情が入った
  • 突然工期を延長され、生活に困った
  • イメージしていた仕上がりと全く違った
  • 依頼したのが悪徳業者だった

2.リフォームトラブルの相談について

リフォームトラブルにあってしまったときは、どう対処すればよいのでしょうか。相談先についてもご紹介します。

2-1.当事者同士で解決するのは難しい

リフォームの際にトラブルが発生してしまった場合、当事者同士で話し合いをして解決するのは難しいでしょう。「言った」「言わない」などの押し問答が続き、話し合いが長引いてしまう可能性があります。責任の所在を明確にするためには、第三者が間に入ることも必要なのです。

2-2.クーリングオフ制度を使えない場合は相談機関へ

訪問販売の業者とのトラブルには、クーリングオフ制度が使えます。契約した日から8日以内であれば無条件で契約を解除できるという制度です。この制度を使えない場合は、第三者機関に相談することをおすすめします。適切なアドバイスがもらえるため、問題解決のためにどうするべきかが分かるはずです。リフォームトラブルの相談機関については、こちらを参照してください。

3.リフォームトラブルの予防策

リフォームトラブルの予防策として知っておくべきことをまとめました。

3-1.業者との打ち合わせをしっかり行う

依頼者と業者の間でリフォーム内容の認識にズレがあると、トラブルに発展してしまいます。そのようなことにならないために、業者との打ち合わせはしっかりと行いましょう。具体的には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 伝えたい要望を書き出してまとめておく
  • 写真やカタログなどを用意して、仕上がりのイメージを具体的に伝える
  • 気になったことはその場で質問する
  • 見積書は金額だけでなく詳細まで確認する
  • 打ち合わせの内容をメモして残しておく

3-2.書面でやり取りをする

契約内容や見積もり内容を明確にするためにも、業者とのやり取りは必ず書面に残しましょう。同じ書類を2枚用意し、依頼者と業者の両方が所持するようにしてください。書面に残すことで「言った」「言わない」のトラブルを回避できるはずです。

3-3.慎重に業者選びをする

リフォームのトラブルを予防するためには、業者選びを慎重に行う必要があります。中には、必要な資格や知識を持たずに営業している悪徳業者も存在するのです。そのような業者を利用したことでトラブルに巻き込まれた例も少なくありません。優良なリフォーム業者を選ぶことが大切です。

4.リフォーム業者の選び方

優良なリフォーム業者を選ぶポイントや注意点などをご紹介しましょう。

4-1.選び方のポイントは?

リフォーム業者を選ぶ際のポイントは、以下を参考にしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • アフターサービスや保証内容が充実しているか
  • 提案力と技術力があるか
  • スピーディーで親切な対応か

4-2.大手メーカーと地元工務店の違いを理解しておく

リフォームを依頼する際、大手メーカーか地元工務店かで迷う人は多いと思います。それぞれの違いを理解した上でしっかり見極め、施工業者を選ぶことが必要です。まず、大手メーカーの場合は安心感があり、保証が充実していること・工期が短いことなどがメリットとして挙げられます。その反面、工事費用が高くなりやすい点や、リフォームの自由度が低い点などがデメリットになるでしょう。一方の地元工務店は、融通が利きやすくリフォームの自由度が高いこと・相談しやすいことなどがメリットです。ただし、工務店によって技術の差が大きいため、地元での評判を確かめて優良な工務店を探しましょう。

5.リフォームトラブルに関するよくある質問

「リフォームの際のトラブルについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.工事予定日を過ぎてもリフォーム工事が始まらない場合、契約を解除することはできますか?
A.リフォーム業者と連絡が取れない場合や、いつまでも対応されない場合は、契約を解除することが可能です。契約解除の方法については、地域の相談機関(2-2参照)などにアドバイスを求めるのもよいでしょう。

Q.リフォーム工事の見積書は、どこをチェックすればよいですか?
A.責任者の押印があるか・使用する材料の詳細が記載されているか・諸経費が工事費用全体の10~15%に収まっているか、などを必ずチェックしてください。不明な点は、業者に納得できるまで説明してもらいましょう。

Q.信用できるリフォーム業者を選ぶ上で、営業担当者の対応も重視するべきでしょうか?
A.営業担当者はその会社の「顔」です。きちんと約束を守るか・質問に対して丁寧に答えてくれるかなど、基本的な対応ができているか必ずチェックしてください。

Q.突然訪問してきたリフォーム業者に「今すぐリフォームしないと家が傾く」と言われました。契約したほうがよいでしょうか?
A.訪問販売でリフォームの緊急性を訴えてくる業者は、ほとんどが悪徳業者です。必要のないリフォームをされてしまう可能性があるため、断ることをおすすめします。

Q.悪質なリフォーム業者の特徴を教えてください。
A.安さを売りにして契約をすすめる業者や、家族に内緒にして契約させようとする業者などは要注意です。また、ホームページがない業者も利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? リフォームのトラブルについて、よくある事例や相談先・トラブルを予防する方法などをまとめてご紹介しました。リフォームの際にはさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があり、対処法や相談先などを知っておく必要があります。ぜひこの記事を参考にしてトラブルを解決し、満足のいくリフォームをしてください。