トイレの床をリフォームする方法を解説!得する人のリフォーム基礎知識!


トイレの床は汚れやすく臭いもこびりつきやすい場所です。古くなってくると、いくら掃除をしても臭いや汚れが落ちなくなってきます。そこで、トイレをキレイにすることを目的としてリフォームを検討する方も多いようです。しかし、初めてのリフォームだと、どのような床材を選べばいいのか・費用相場・工期がどのぐらいなのかなど、分からないことも多いことでしょう。

そこで、今回はトイレの床のリフォームに関するお役立ち情報を解説します。

  1. なぜトイレの床をリフォームする必要があるの?
  2. トイレの床にはどんな素材がある?
  3. トイレの床の素材を選ぶポイント
  4. トイレ床リフォームの流れ
  5. トイレの床のリフォーム業者を選ぶポイント
  6. トイレリフォームに関するQ&A

この記事を読むことでトイレ床のリフォームに関する基本情報を得ることができます。知っておくと有利になる情報が盛りだくさんなので、ぜひ活用してください。

1.なぜトイレの床をリフォームする必要があるの?

トイレのリフォームは優先度が低くなりがちです。しかし、トイレは毎日使う場所なので、意外と重要な場所でもあります。トイレ床リフォームの重要性を押さえておきましょう。

1-1.床の劣化

トイレ周りは湿気があるので床も劣化しやすい場所です。また、長年の使用で飛び散った尿の汚れなどで床が黄ばみ、通常の掃除ではキレイにならない場合もあります。このような場合にリフォームが必要です。

1-2.バリアフリー

現在、日本では高齢化が進んでいます。高齢になってくると膝や腰に障害を抱える方も増えてくるため、そのような方にとってはトイレの段差でも大変なものです。特に車いす生活をされている方にとっては不便きわまりません。トイレは毎日利用する場所なだけに、バリアフリーを目的としたリフォームが人気です。

1-3.床に排水口を作る

トイレの床に排水口を作ると水を流して掃除が可能になるので、日々のトイレ掃除がとても楽になります。そのため、トイレに排水口を設置する目的でリフォームする方も珍しくはありません。ただし、床の材質によっては排水口を設置しただけでは水洗いができないので、場合によっては床の素材をタイルなどに換える必要があります。

2.トイレの床にはどんな素材がある?

一口に床材と言ってもさまざまな種類があるのをご存じでしょうか。そこで、この項目では代表的な床材についてご紹介します。

2-1.ハピアフロア

大建工業から発売されているハピアフロアはトイレ専用の床材で、耐久性・防水性・耐薬品性に優れているのが最大の特徴です。表面がつるつるしているので汚れも付きづらいですし、アンモニアが染み込みづらいので臭いにも強いのもメリットの一つとしてあげられます。高級床材としても有名です。

2-2.クッションフロア

塩化ビニールで作られたロールシート状の床材です。CF(シート)とも呼ばれます。耐水性・防汚性に優れるため、トイレや洗面などのサニタリー(水回り関係)用として広く使われる床材です。また、シート上のため、ほかの床材に比べて柔らかく、体重を乗せても足腰が疲れにくいのもメリットとして挙げられます。さらに、クッションフロアは比較的安価な上、自由な形にカットできることで張り替えが簡単なので施工費用が安く抑えられるのがメリットです。素早く安くトイレのリフォームを終わらせたいのなら最適の床材でしょう。また、色や柄のバリエーションも多様で、石目調やタイル調の高級感のある商品もあります。ただし、シートなのでカビが生えやすいというデメリットがありますが、最近は防かび加工をされているものもあるのでご安心ください。

2-3.フローリング

廊下などとの調和を意識して、トイレの床材にもフローリングを選ぶことが増えてきています。サニタリー用のフローリング材は耐水性・防汚性・耐久性・耐アンモニア性・耐薬品性などが特徴です。ただし、リビング用のフローリングは耐水性が低い上に、溝(みぞ)の掃除が大変なのでトイレには向いていません。トイレ用のフローリングを使うようにしましょう。

2-4.タイル

タイルは防水性・防臭性にとても優れています。汚れが付いても簡単に水を流して掃除ができるのでお手入れも簡単です。また、昔からある床材なのでデザインや色が豊富にそろっているのもうれしいポイントでしょう。ただし、タイルは冷たくなるので寒い地域ではデメリットとなります。また、割れやすいので何かものを落としたり地震が起きたりするとひびが入ってしまうリスクも低くはありません。さらに、タイルのつなぎ目部分はカビが繁殖しやすいのも難点です。

3.トイレの床の素材を選ぶポイント

人によって考え方はさまざまなので、どこを重視するのかは違ってきます。この項目ではいくつかのポイントをご紹介しますので、判断材料に利用してください。

3-1.機能から選ぶ

3-1-1.耐水性

トイレの床材に最も重要な要素と言えます。手を洗うときなどに水がはねたり、汚れを落とすために水を使ったりする機会が多いからです。リフォームの際には使われる床材が防水処理されているものかどうかを確認しましょう。

3-1-2.防臭性

トイレではアンモニア臭が発生します。特に男性のいる家庭では立って小便をするため、飛び散った尿によってアンモニア臭が発生しやすくなるでしょう。トイレに入るたびにツンとした嫌な臭いをかぐのは気分が悪いですよね。防臭性の高さも考慮に入れましょう

3-1-3.防汚性

前述したように、尿が床に飛び散ることは珍しいことではありません。尿には色素があるので、付着すると黄ばみを発生させてしまいます。しかも、一度色が付くとなかなか落ちません。防汚性の低い素材を使うと見た目に汚くなってしまうので気を付けましょう。

3-2.柄から選ぶ

3-2-1.色

トイレの床材に使われる色は茶色や白系のものが多いのが特徴です。しかし、中には落ち着いたグリーンや華やかな赤色など、奇抜な色を採用したい方もいらっしゃるでしょう。色にこだわりがあるのなら、バリエーションの豊富なタイルがおすすめです。

3-2-2.石目調

トイレの床材に使われる柄で最もオーソドックスなのが石目調です。お店のトイレによくある大理石のような床の柄を石目調と言います。石目調は非常に高級感が醸し出せますし、どんなタイプのトイレにもマッチするので非常に人気です。

3-2-3.木目調

前述したように、最近は廊下との調和や境目をなくすことを目的として木目調を採用される方も珍しくありません。たとえば、石目調の床材には洋風のイメージを醸し出す効果があるため、純和風の家だとミスマッチですよね。このようなお宅では木目調を採用するのをおすすめします。

4.トイレ床リフォームの流れ

トイレの床をリフォームする際の流れを押さえておきましょう。

4-1.見積もり

まずはいくつかの業者をに見積もりを依頼しましょう。見積もりを取ることで工事にかかるだいたいの費用や施工プランを知ることができます。また、リフォームにこだわりがある場合は、そのことについても聞いておくようにしましょう。条件の良い業者を見つけることにもつながるので、必ず複数の業者から取ってくださいね。

4-2.相談

依頼する業者を決定したら、次は実際にどのようなリフォームを行うのかを業者側と煮詰めていきましょう。予算が決まっていてそれに合わせるのか、こだわりが優先で予算は度外視なのかなどでリフォーム内容は大きく変わってきます。しっかりとすりあわせをしましょう。

4-3.工事

すりあわせが終わって契約したら、最後に工事に取りかかります。工事は一般的に1日程度で終わりますが、レイアウトを大きく変える場合は数日かかることもあるでしょう。トイレが家に一つしかないと工事中は大変です。特に数日かかるような場合は、事前に近場の公衆トイレを把握しておくなどの対策をしておきましょう。

5.トイレの床のリフォーム業者を選ぶポイント

リフォーム業者を選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。適当に選んでしまうと、素人同然の業者に引っかかってしまうこともあるので注意しましょう。

5-1.価格だけを重視しない

まず一番に押さえておきたいのは「価格だけでなく提案力も重視する」ことです。安価な代わりに型どおりの提案しかしてくれない業者があります。そのような業者は作業員の技術が伴っておらず、柔軟な対応ができない可能性があるので注意が必要です。さらに、安価だと使われる床材の質も低い場合が多く。結局またすぐにリフォームが必要になってしまうこともあります。もちろん、価格の安さも重要ではありますが、安さだけを重視するのは止めましょう。

5-2.水回りリフォームの実績

リフォーム業者にはそれぞれ得分野があります。水回りのリフォームが得意な業者なら、そうでない業者に比べて知識や技術、プランニングなどが優れているはずです。業者のホームページや口コミなどを確認して水回りの実績がある業者を選びましょう。

5-3.資格や許可を得ているか

あまり知られていませんが、実はリフォーム業を行うのに特別な資格は必要ありません。そのため、何も確認せずに依頼すると、素人同然の技術力しかない業者に当たってしまうことがあります。そこで、おすすめするのがどのような資格や許認可を得ているかを確認することです。以下のような資格・許認可を持っている業者は信頼できます。

  • 建築業許可
  • 1級~2級建築士
  • リフォーム瑕疵(かし)保険登録事業者
  • 宅地建物取引業者免許(宅建)

特に建設業許可と建築士の資格は家の構造に関する確かな知識があることの証明になるので、特に重要な要素です。また、リフォーム瑕疵保険に登録するには国の指定する住宅専門保険会社の審査を合格しなければなりません。ですから、リフォーム瑕疵保険に登録している事業者は一定以上の技術があることの証明になります。

6.トイレリフォームに関するQ&A

Q.リフォーム時期のおすすめはありますか?
A.リフォーム業者の繁忙期は、一般的に3~5月と9~12月です。業者にもよりますが、繁忙期は都合の良い日を指定できなかったり、料金が割高になったりします。そのため、繁忙期を避けた6~8月と1~2月が狙い目です。

Q.見積もりにお金はかかりますか?
A.業者にもよりますが、一般的に見積もりは無料です。ただし、最終見積もりを出した後にキャンセルをすると、キャンセル料などがかかる場合があるので注意してください。

Q.費用の相場はどのぐらいですか?
A.どの程度の工事をするかや、使う床材によって大きく値段は変わってきます。7~8万円程度ですむ場合もあれば100万円を超えることも珍しくありません。一般的には10~20万円程度の予算で行われることが多いようです。

Q.費用を安くするポイントを教えてください
A.クッションフロアを使うのが一番の節約術です。ほかの床材に比べて非常に安価な上、施工も簡単なので工事費用が抑えられます。

Q.最も耐用年数の高い床材は何ですか?
A.単純な耐用年数で言えばタイルが高いでしょう。ただし、地震などによってひびが入ることも多いので耐久性が最も優れているわけではありません。価格や機能性などから総合的に考えると、フローリングを採用するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? 今回はトイレの床のリフォームに関する情報をご紹介しました。長く使い続けることを考えるなら、トイレの床材は防水性や防汚性、防臭性などに気を付けて選ぶことをおすすめします。リフォーム業者を選ぶ際には、価格の安さだけに惑わされず、業者の提案力や信頼性も考慮しましょう。業者が信用できるかどうかは業者のホームページにある会社概要や会社案内などのページから、資格や許認可を得ているかを確認すると判断が楽です。リフォームには高いお金がかかりますから、今回ご紹介した記事をぜひ参考にして、後悔のないように行ってくださいね。