屋根はいつフォームすべき? リフォーム工事の流れとポイントを紹介


天井から雨漏りしたり、屋根の塗装が剥がれたりしたときは、屋根のリフォームを考える時期です。しかし、屋根をリフォームするといっても、どのような方法があるのか、費用はいくらかかるのかさまざまな問題点や疑問点が出てくるでしょう。そこで、本記事では、屋根リフォームの種類や工事の方法・業者へ依頼するポイントを解説します。

  1. 知っておきたい屋根リフォームの基礎知識
  2. 屋根の劣化事例をチェックしよう
  3. 屋根リフォームの種類は?
  4. 屋根リフォームの工事方法は?
  5. 屋根のリフォームに関してよくある質問

この記事を読むことで、屋根のリフォーム方法とポイントが分かります。気になっている方、悩んでいる方は要チェックです。

1.知っておきたい屋根リフォームの基礎知識

まずは、屋根リフォームがなぜ必要なのか、基礎知識を押さえておきましょう。

1-1.屋根リフォームは耐久性を保ち続ける

屋根の塗装や使用する建材には耐用年数があります。耐用年数を過ぎると耐久性が下がり劣化が生じるため、定期的な屋根のメンテナンスが必要なのです。定期的なメンテナンスを行うことで、劣化状態を素早く見つけ対処することができます。つまり、屋根リフォームは耐久性を保ち続けるために必要不可欠な工事なのです。

1-2.放置すると建物がもろくなる

屋根の劣化を放置するほど、耐久性が維持できなくなり、台風や地震で崩壊の危険が高まります。雨がすき間から入り込み、壁の内側にまで染み込みやすくなるのです。内部は肉眼で確認できないため、知らない間に劣化していきます。屋根の色が多少変わっていても症状がないので放置しがちですが、刻々と劣化が進行しているのです。景観を気にしない方でも、屋根が変色しているときに劣化が進んでいると認識する必要があります。そして、なるべく早めに対処しましょう。

1-3.屋根の耐用年数は建材で異なる

屋根の耐用年数は、使われている建材によって異なります。以下に、主な建材とそれぞれの耐用年数をピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

  • スレート屋根:15~25年
  • アスファルトシングル:20~30年
  • ガルバリウム鋼板:20~30年
  • セメント系瓦:30~40年
  • 粘土系瓦:50~100年
  • トタン屋根:10~20年

1-4.台風シーズン前にリフォームしよう

屋根は雨漏りのトラブルが多い箇所なので、雨風が強くなる前に対策を施しておきたいものです。できれば、屋根リフォームは台風シーズン(8~10月)前に行ったほうがいいでしょう。また、雨の日が続くと工事に遅れが出るため、梅雨の時期も避けるのが無難です。晴れの日が続き、作業がしやすい春に屋根リフォームを済ませるのが理想といえるでしょう。

2.屋根の劣化事例をチェックしよう

一体、どのように屋根が劣化するのか、事例をいくつか紹介します。

2-1.よくある事例はヒビ割れ

屋根の劣化事例でよくあるのは、ヒビ割れです。数mmのヒビから数センチにまでおよぶ亀裂など、さまざまなタイプのヒビがあります。屋根は、直接雨風が当たりやすい箇所なので、わずかなヒビでも見逃してはいけません。特に、スレート屋根は5mm程度の厚さでほかの屋根材よりも薄く、非常に割れやすい材質となります。雨による含水や表面温度の高温による乾燥など、さまざまな条件でヒビ割れが起きやすくなるのです。

2-2.トタンの破損

トタンの破損は、台風や地震などの災害で起こりやすい傾向があります。トタンはほかの屋根材と違い、現場でトタン材を板金して張り付けていくため、破損部位が広がるほど費用がかかるでしょう。また、トタン材は耐久性が低く、サビやすいという弱点があります。破損した場合は、強度が高いガルバリウム鋼板か、スレート瓦などに交換したほうがいいでしょう。

2-3.劣化スピードが速まるカビ

屋根の劣化で注意しておきたいのがカビです。カビは家の中だけでなく、外壁・屋根などあらゆる場所に発生し繁殖します。1か所に発生すると、カビの胞子が飛び散り、広がる可能性が高いのです。また、カビは屋根材を劣化させる要因につながるので早めに除去しておかなければなりません。直射日光が当たらず湿気が溜(た)まりやすい場所は要注意です。

2-4.リフォームすべき症状一覧

リフォームしたほうがいい屋根の症状を把握しておけば、自分でも判断できるようになるでしょう。リフォームすべき症状は、以下のとおりです。

  • 屋根が変色している
  • 塗装が剝がれている
  • 屋根材が剝がれている
  • さわると白い粉がつく(チョーキング現象)
  • 鉄部がサビている
  • ヒビ割れが起きている
  • 瓦に割れ・ズレ・抜けがある
  • カビやコケが発生している
  • 釘(くぎ)が浮いている
  • 軒下や天井に雨漏れがある
  • 下地が劣化している

3.屋根リフォームの種類は?

では、屋根のリフォームにはどのような種類があるのでしょうか。主な種類を3つ紹介します。

3-1.葺(ふ)き替え

屋根材の寿命がきている・雨漏りをしているなど、劣化状態が悪化している場合に採用されるのが葺き替え工事です。今使用している屋根材をすべて取りのぞき、新しい屋根材をかぶせます。ほかの工事に比べると費用が高めで、施工期間が長くかかるでしょう。葺き替え工事を行う場合は、新しく取り付ける屋根材の特性と費用をきちんと確認することがポイントです。

3-2.カバー工法

重ね葺き工事とも呼ばれているカバー工法は、下地の劣化がない状態に採用される方法です。下地が劣化している場合は工事ができないので注意してください。今の屋根材の上から新しい屋根材をかぶせる工法となります。葺き替え工事よりも費用が安く、工事期間も短い点がメリットです。しかし、既存の屋根材の上にかぶせるため、その分重みが増し、柱が耐えられなくなるおそれがあります。よって、化粧スレートやガルバリウム鋼板など、軽い屋根材のものしか使えません。

3-3.寿命を延ばす防水工事

定期的に行うことで建物の寿命が延びるといわれているのが防水工事です。特に、屋根に水が溜まりやすい・雨漏りがある・雑草が生えている・ヒビ割れが起きている場合は、防水工事が必要になるでしょう。きちんと防水工事を行えば、雨漏りすることなく、屋根の耐久性もアップします。できれば、10~15年周期で防水工事を行うのが理想的です。

4.屋根リフォームの工事方法は?

業者へ屋根リフォームを依頼する際の方法とポイントを解説します。

4-1.業者選びのポイント

正しい方法でリフォームできるか否かは、すべて業者の腕にかかっています。中には、きちんと施工を行わない悪徳業者が存在しているので、慎重に業者を選ばなければなりません。どの業者に依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • 屋根のリフォーム工事の実績があるか
  • 無料見積もり・無料相談を行っているか
  • リフォーム施工事例がホームページに記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 細かく説明してくれるか
  • 見積書の内容が細部まで記載されているか
  • 口コミ・評判がいいか

浜松市を中心にリフォーム工事を行っているリフォーム工房 造研では、無料相談・無料見積もりを受けつけています。ぜひ1度お問い合わせください。

4-2.リフォーム費用の相場は20万~300万円と幅広い

屋根のリフォームにかかる費用は、劣化具合や範囲・使用している建材などで大きく異なります。主なリフォーム工事と相場を以下にピックアップしたので、あくまで参考としてご覧ください。

  • 屋根塗装(サビの場合):35万~120万円
  • 屋根塗装(変色の場合):35万~120万円
  • 雨漏り修理など施工不良:20万~300万円
  • 経年劣化による葺き替え工事:100万~300万円

具体的な費用が知りたい方は、まず無料見積もりを依頼してください。優良業者の場合、スタッフが直接現場を訪れ、屋根の状態をチェックします。そこから適切なリフォーム工事を選び、見積書を提示してくれるのです。悪徳業者は現場をチェックしなかったり適当に調べたりしがちなので注意してくださいね。

4-3.異変を見つけたら早めの相談を

リフォーム費用を抑える1番のコツは、できるだけ早く工事することです。劣化や不具合を放置するほどどんどん状態が悪くなり、リフォーム工事も大がかりになります。「まだそこまで被害がないから大丈夫」と思わずに、少しでも異変を見つけたらリフォーム業者へ相談してください。また、施工実績の豊富な業者を選ぶのもコツの1つです。実績がある業者ほど、適切なリフォーム工事を提案してくれるので無駄な費用をかけずに済みます。

4-4.自然災害による被害は火災保険を使おう

火災保険が適用できるのは、申請の条件に見合ったケースだけです。以下に、火災保険で申請できる代表的な修理の一例をピックアップしてみました。

  • 強風による棟板金の飛散・浮き
  • 強風による屋根瓦の飛散・ズレ
  • 強風による外壁材の剝がれ・浮き
  • 雪による雨どいのゆがみ
  • ヒョウによる屋根の破損・ヒビ割れなど

上記を見れば分かるように、台風・雨風・ヒョウ・雪など自然災害による破損が対象となります。経年劣化や故意でできた破損は対象外となることが多いので注意してください。

4-5.不良施工に要注意!

「工事後に雨漏りがひどくなった」など、業者との間でトラブルが続出しています。屋根や外壁のリフォームはごまかしやすい工事なので、不良施工を行う悪徳業者が増えているのです。少しでも不安要素があれば、安易に依頼しないほうがいいでしょう。特に、「屋根が劣化しているのでリフォームが必要です」などと、約束していないのに家を訪れる業者には気をつけてください。

5.屋根のリフォームに関してよくある質問

屋根のリフォームに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.定期的に塗り替えを行うメリットが知りたい
A.屋根塗装を定期的に行う目的は2つあります。1つ目は表面の耐久性を上げること、2つ目は美観を保つことです。逆に、塗り替えを放置すると、どんどん塗装が剝がれ色あせていき、最終的にもろい建物になってしまいます。また、塗り替えの際にヒビ割れなど劣化部分を見つけたときは、別途補修工事も行うように心がけましょう。

Q.業者の見積書でチェックしておきたい箇所は?
A.塗料・屋根材などの商品名が正しく記載されているかチェックしてください。たとえ、同じ塗料・屋根材でもメーカーや商品によって価格が異なります。加えて、使用する塗料缶の数や工事を行う範囲が細かく記載されていると安心です。また、工事一式と記載されている箇所が多用されていなかもチェックしてください。工事一式と記載されている場合、詳細な工事内容が分かりません。後々トラブルにならないためにも、細かいところまで確認する必要があります。

Q.防水シートとは?
A.ルーフィングとも呼ばれ、雨漏り防止のために重要なシートのことです。基本的に、スレート・ガルバリウム・瓦など屋根材の下に敷かれます。通常は屋根材によって雨水が防止できますが、屋根材がズレたときは流れ込んでしまうのです。しかし、きちんと防水シートを敷いておけば、屋根材で抑えきれなかった雨水が防止できます。

Q.工事中は立ち会いに入ったほうがいいのか?
A.絶対とはいいませんが、トラブルを防ぐためにも立ち会いをしたほうがいいでしょう。何度か立ち会いをしてどこまで進んでいるのか、報告書や写真を見せてもらい確認してください。

Q.火災保険を適用する際の注意点は?
A.たとえば、火災保険に「風災・雪災(せつさい)・ヒョウ災(さい)」の補償が付帯されていれば、強い風で屋根に被害を受けた際に適用できるでしょう。ただし、屋根に損害を受けたことが鑑定会社で判断されない場合は適用できないので注意が必要です。付帯されていたら絶対に補償してもらえるというわけではありません。

まとめ

いかがでしたか? 屋根は定期的に塗り替え・メンテナンスを行わなければなりません。定期的にリフォームをすることで、丈夫でキレイな状態を保ち続けることができます。現在、雨漏りをしている・ヒビ割れが起きている・塗装が剝がれ色あせているなら、なるべく早めに業者へ依頼したほうがいいでしょう。対応が遅れるほど劣化がひどくなり、費用が高くなってしまうので注意してくださいね。また、業者へ依頼する際は、できるだけ屋根リフォームの実績があるところを選ぶのがポイントです。