水回りのリフォームにはどんな内容があるのか? 費用など解説!


キッチン・バスルーム・トイレ・化粧洗面台など、水まわりのリフォームにはさまざまな種類があります。水を使う場所なので、掃除やお手入れを怠れば、カビがどんどん増えていき、リフォームが必要な状態にまで悪化しかねません。また、水回りのリフォーム時期は築10〜15年ともいわれており、修繕を放置してしまうと家に負担がかかり、費用が余分にかかってしまう可能性があります。適切な時期にリフォームを行うためにも、水回りのリフォーム内容と工事の流れをチェックしておきましょう。

  1. どんなときに水回りのリフォームが必要か?
  2. 水回りリフォームの内容は?
  3. 水回りリフォームの工事・費用は?
  4. 水回りリフォームに関してよくある質問

この記事を読むことで、水回りリフォームの基礎知識とポイントが分かります。工事を検討している方は、ぜひチェックしてください。

1.どんなときに水回りリフォームが必要か?

ここでは、水回りでよくある悩みごとと、リフォームの適切なタイミングについて説明します。具体的な内容について知る前に、基礎知識を押さえておきましょう。

1-1.水回りでよくある悩みごと

最も多い悩みは「カビ」です。水回りは毎日頻繁に水を使う場所なので、水気と湿気であふれています。さらに、空気の通り道がなく、換気しないでいると、どんどんカビ菌が繁殖して黒い点々があちこちに現れるでしょう。カビを放置すると頑固な汚れとなり、市販のカビ取り剤では取れなくなってしまいます。
また、日常生活の変化や経年劣化などで「使い勝手が悪くなる」のも、水回りでよくある悩みごとの1つです。トイレや風呂場の使い勝手が悪くなると、日常生活にも大きな支障をきたしかねません。特に、高齢者がいる家庭では、転んでケガをする危険性もあります。使い勝手の悪い部分は、リフォームで改善する必要があるでしょう。

1-2.リフォームのタイミングは?

住宅の設備は、少しずつ劣化するものです。永久的に使い続けられるわけではないため、定期的なリフォームで修繕していかなければなりません。設備や資材によってリフォームのタイミングは異なりますが、水回りは「10~15年」が目安といわれています。おそらく、ほとんどの家庭で10年すぎたころから不具合が出てくるでしょう。特に、以下の症状が現れたときには、リフォームする絶好のタイミングだと思ってください。

  • しつこい油汚れやカビが取れない
  • 排水口のヌメり・詰まり・においが気になる
  • 水回りの腐敗が進んでいる
  • 蛇口・シンクの下から水漏れしている
  • 換気扇・食洗機・IHなどに不具合が起きている
  • ひび割れが起きている
  • 使い勝手が悪くなった

2.水回りリフォームの内容は?

キッチン・バスルーム・トイレ・化粧洗面台・そのほかそれぞれの水回りリフォーム内容について解説します。

2-1.キッチン

キッチンは、毎日ご飯を作るために必要不可欠な場所です。丸ごとキッチンをリフォームしたり、不具合が出ているガスコンロや蛇口・シンクだけを交換したりするなど、さまざまな方法があります。今現在、どのような点に不便さを感じているのか、改めてチェックしてみてください。たとえば、古いタイプのキッチンから対面式・オープン式へリフォームする場合は、約100万~150万円かかります。ガスコンロ・蛇口・シンクのみの交換であれば、約10万~30万円と少額で可能です。キッチンをリフォームする際は、見栄えはもちろんのこと、機能性と利便性を重視するのがポイントとなります。現在の不具合を解消できる機能をプラスしましょう。

2-2.バスルーム

バスルームの中心的なリフォーム価格は、約50万~100万円です。キッチンと同じく、バスルームも毎日使用する場所で、家族にとってのリラクゼーションスポットとなります。浴室全体のカビがひどく、使用期間が15年以上経過している場合は、古い浴室タイルをシート状へ交換したり、浴槽を最新式に取り替えるリフォームがおすすめです。高齢者が安心して入浴できるよう、浴槽に手すりや浴室乾燥機をつけることもできます。50万円以下でも、生活に必要な機能性を取り入れることができるため、リフォーム業者へ要望を伝えながら具体的な内容を決めてくださいね。

2-3.トイレ

比較的、ほかの水回りのリフォームよりも低価格で工事できるのが「トイレ」です。トイレのリフォームは、5万円前後で行うケースが多く、主な工事内容は、トイレ内のクロス・クッションフロアの張り替え、ウォシュレットの設置などがあります。経年劣化でカビや黄ばみがこびりつき取りのぞけない場合や、和式から洋式に変更したい場合は、大がかりなリフォームになるでしょう。最近では、老後のことを考え、完全バリアフリーにリフォームする家庭が増えています。

2-4.化粧洗面台

歯磨きをしたり、顔を清潔にしたりと身なりを整えるのに必要な化粧洗面台は、トイレと同じく、比較的少額でリフォームできる場所です。たとえば、洗面台を新しいものに交換する場合は、約10万円で工事ができます。既存の洗面台をがらっと変えたい場合は、収納棚から新設することになるでしょう。その場合は、10万~50万円ほどかかります。どこをどのようにリフォームするのかによって、費用にも大きな差が生まれるのです。

3.水回りリフォームの工事・費用は?

理想的な水回りにリフォームできるか否かは、依頼する業者の腕にかかっているといえます。安心して依頼できる業者を見つけるためにも、リフォーム工事と費用について具体的にチェックしておきましょう。

3-1.工事の流れをチェック!

水回りリフォーム工事の流れは、リフォーム箇所と内容によって異なります。以下に、大まかな流れをピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

  1. 電話またはホームページから無料見積もり・相談を申し込む
  2. 実際に、リフォーム業者のスタッフが現地を調査する
  3. 要望を伝えながら、現地調査の結果をもとに具体的なリフォーム内容と見積もりを決める
  4. 見積書とリフォーム内容に納得すれば契約→工事日を決めて着工
  5. 工程に基づきながらリフォームが完成し、業者と一緒に最終チェックを行い引き渡し

工事の流れを確認する際は、工期もチェックが必要です。工期が長くなると使えなくなるので、日常生活に支障がきたすおそれがあります。風呂・トイレ・キッチンなど水回りが使えない時期はどうすべきか、対策を考えておいたほうが良いでしょう。

3-2.リフォーム費用の内訳は?

リフォームにかかる費用は、工事箇所と使用する資材で大きく異なります。主に、リフォーム費用は全体の6割を「機器代」、全体の3割を「施工費」、全体の1割を「雑費」が占めているのです。機器代は浴槽・便器など直接的な部材、施工費は作業者にかかる人件費、雑費は廃材処理費となります。また、それぞれの価格に、約10~20%のリフォーム会社の取り分が上乗せされるという仕組みが一般的です。見積書に記載されている用語や記載されていない部分があれば、その場ですぐに業者へ尋ねてください。契約前に内訳をきちんと把握することが大切です。

3-3.費用を安く抑えるポイントは?

業者によって異なりますが、水回りをセットでリフォームすると費用が安くなることがあります。たとえば、トイレだけでなく、トイレ・洗面台・バスルーム・キッチンと水回りの設備をまとめてリフォームするのです。セットにすると施工費が安く抑えられるだけでなく、搬入が同時に行われるので搬入費も安く抑えることができます。さらに、人気商品を大量仕入れしている業者がセットパックにしているので、仕入れ代が安くなり、その分だけリフォーム費用も抑えられるのです。ただし、業者によっては、型落ち商品の詰め合わせになる可能性があります。ほかにも、色選びに制限がかかったり、商品の選択肢が減ったりするデメリットがあるため、セット内容に希望の商品や色があるかチェックしておきましょう。

3-4.業者選びのポイントは?

どのリフォーム業者へ依頼すべきか分からない方は、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 水回りリフォームの実績がある
  • ホームページに施行事例が記載されている
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • アフターフォローが充実している
  • 見積書の内容が細かく記載されている
  • 口コミ・評判がいい
  • 要望を取り入れながら、より良い提案をしてくれる
  • 低価格で高品質なリフォームができる

浜松の住宅リフォーム会社「リフォーム工房 造研」では、水回りリフォームなど依頼者のイメージをもとに理想の空間を実現します。どのような悩みでも受けつけているので、ぜひ1度ご相談ください。

4.水回りリフォームに関してよくある質問

水回りのリフォームに関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.水回りリフォームでよくある失敗談は?
A.「カタログと実際の商品が違っていた」「リフォーム後とイメージが違う」など、頭の中で思い描いていた理想と実際のリフォームの違いに、失敗したと感じるトラブルが続出しています。特に、水回りはほかのリフォームに比べて、設備機器の費用が高額になるのが特徴です。最新機器にするだけでも、約40万~200万円もかかる可能性があります。そのため、カタログだけで決めるのではなく、ショールームに足を運び実物を確認してください。業者へ具体的な要望をしっかりと伝えることも大切です。

Q.単品とセットにした場合、どのくらい費用に差が生まれるのか?
A.キッチン・バスルーム・トイレ・洗面台すべての設備機器の交換を単品で行うと、約200万円かかります。しかし、水回り4点セットとしてリフォームをすれば、約170万円で済む可能性があるのです。具体的な金額の差はリフォーム内容で異なりますが、セットにすることで約10万~30万円の節約ができることもあります。

Q.マンションで水回りリフォームを行う際の注意点は?
A.戸建住宅と異なり、マンションは管理規約に従ってリフォームしなければなりません。管理規約の内容には、専有部は原則リフォーム・交換不可、電圧の変更不可、エレベーターの使用時間などが記載されています。リフォーム内容が管理規約違反になると、罰金が科せられる可能性があるので注意してくださいね。不安な方は、管理会社や大家さんに相談しましょう。

Q.修繕を放置するとどうなるのか?
A.見た目はキレイでも、目に見えない部分で劣化が進行している可能性があります。特に、タイル張りの在来工法の浴室は、使用年数が20年以上になると土台・下地材の腐食が進みやすくなるので要注意です。小さなひび割れでも放置しておくと、そこから水が入り込み、内部で腐食するおそれがあります。また、シロアリは暖かく湿度が高い部位を好み、浴室周辺の被害が目立つでしょう。少しでも気になるところがあれば、業者に調査を依頼してください。

Q.キッチンの商品価格相場が知りたい
A.各メーカーによってグレードが存在し、価格帯が大きく異なります。たとえば、スタンダードタイプは約50万円、ミドルタイプは約70万円、ハイグレードになると約100万円もかかるでしょう。グレードが高くなるほど設備機器やカラーの選択肢が広くなります。また、食洗機・浄水器付き水栓金具・スライド収納に変更するなどオプション機能をつければ、さらに価格が高くなるのです。

Q.注意しておきたいリフォーム業者の特徴は?
A.見積書の内容が大ざっぱで、説明も丁寧にしてくれない業者は、注意しておかなければなりません。早く契約させようとする業者は、きちんとリフォーム工事を行わない可能性が高めです。リフォーム工事後に、すぐ設備に不具合が起きた・使えなくなったというトラブルが多発しているので、業者は慎重に選んでくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 建物の設備や資材には、それぞれ寿命があります。トイレ・風呂場・洗面所などの水回りは、だいたい10〜15年ごとのリフォームが必要です。水回りは使用頻度が高く、湿気が多い場所でもあるので劣化スピードが速い傾向があります。リフォーム時期が遅くなるほど、工事費用が高くなる恐れがあるため、早めに検討しましょう。リフォーム工事を依頼する際は、できるだけ実績のある業者へ依頼し、見積書を細部まで確認してくださいね。