中古マンションのリフォーム方法を紹介! リノベーションとの違いも解説


マイホームを購入する際、一戸建て・新築マンションに加えて中古マンションを選択肢に入れる人は多いと思います。中古マンションは、立地や間取りに対して価格がお手ごろなのが魅力です。その一方で、設備が古く間取りが使いにくいなどのデメリットもあります。そんなデメリットを解消してくれるのが、リフォームやリノベーションです。しかし、「リフォームやリノベーションを行いたいが、費用や期間がどのくらいかかるか分からず不安だ」という人も多いことでしょう。
そこで、今回は中古マンションのリフォームやリノベーションについて解説します。

  1. 中古マンションのリフォーム・リノベーションの基礎知識
  2. リフォームやリノベーションしやすい中古マンションの特徴とは?
  3. リフォーム・リノベーション前提でマンションを選ぶ際のチェックポイント
  4. マンションのリフォーム・リノベーションの実例
  5. 中古マンションのリフォーム・リノベーションに関するよくある質問

この記事を読めば、リフォームやリノベーションでできること、注意点などもよく分かるでしょう。中古マンションを購入し、リフォームしたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.中古マンションのリフォーム・リノベーションの基礎知識

はじめに、リフォームとリノベーションの違いや魅力について解説します。

1-1.リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは、中古マンションの傷んだり汚れたりしている箇所を取りかえる工事のことです。壁紙や床材・畳(たたみ)などの張り替え、システムキッチンや浴槽・トイレの交換などもリフォームに含まれます。
一方、リノベーションはマンションの間取りそのものを大幅に変えてしまう工事のことです。たとえば、2つの部屋に別れていたところを1つにしたり、部屋を潰してクローゼットにしたりする工事は、リノベーションになります。リノベーションを行えば、自分が最も住みやすい間取りにすることができるでしょう。また、注文住宅のように施工主の細かい要望も聞いてもらえます。ただし、マンションの構造や管理規約によってはリノベーションに制限がかかることもあるでしょう。

1-2.リフォームやリノベーションを行うメリット

リフォームやリノベーションを行えば、中古マンションが新築マンションと同様になります。前述したように、中古マンションは立地や広さの割には価格がお手頃なのが最大の魅力です。その差額でリフォームやリノベーションを行えば、設備が古い、間取りが使いにくいといった不満はほぼ解消されることも多いでしょう。

1-3.リフォームやリノベーションのデメリット

リフォームやリノベーションは、費用がかかります。設備や建築資材にこだわるほど、値段も高くなるでしょう。ですから、こだわってリフォームやリノベーションをしたら、新築のマンションを買うより高くついたということもあります。また、マンションの構造や管理規約によって望んでいたリフォームやリノベーションが行えないこともあるため、事前にしっかりとチェックしておくことが大切です。

1-4.中古マンションのリフォーム・リノベーションの現状

建築基準法の改正等により、場所によっては新しいマンションが建設しにくい地域もあります。そのような地域では、中古マンションをリフォーム・リノベーションして住まうことが、それほど珍しくないでしょう。また、マンション側も「新しい住人が入ってくれるなら」とリフォームやリノベーションを積極的に行ってくださいとアピールしている物件もあります。そのような物件は、「マンションを購入したいけれど、自分好みの間取りにできないので躊躇している」という人にも、人気があるでしょう。

2.リフォームやリノベーションしやすい中古マンションの特徴とは?

リフォームやリノベーションしやすいマンションとは、間取りの変更に規約が少ない場所です。マンションの構造には、柱と梁(はり)で天井を支える「ラーメン構造」と壁で天井を支える「壁式構造」があります。壁式構造のマンションは、室内に壊すことのできない壁があるため、リノベーションに制限が出るでしょう。また、マンションの管理規約でリフォーム工事ができる時間帯が限られていたり、使える建材がある程度指定されていたりするところもあります。リフォームを考えている場合は、そのあたりのチェックを忘れずに行いましょう。住人の多くがリフォームやリノベーションを経験している物件や、マンション全体でリノベーションを歓迎しているような物件ならば、大きな問題はないでしょう。

3.リフォーム・リノベーション前提でマンションを選ぶ際のチェックポイント

リフォームやリノベーション前提でマンションを選ぶ場合は、以下の項目をチェックしましょう。

3-1.耐震強度

マンションを購入する際は、必ずチェックしましょう。特に、耐震基準改正までの1981年以前に建てられた物件は現在の耐震基準を満たしていない可能性があります。

3-2.マンションの共有部分

廊下やロビーなど共有部分が汚れていたり、掃除がいき届いていなかったりする場合は管理状態がよくありません。値段や間取りがよくても、住みにくいことがあるでしょう。

3-3.マンションの状態

築年数がたっているマンションは、修繕状態もチェックしておきましょう。大規模修繕がいつ行われたかや、小規模修繕の頻度をチェックしておけば、長期間問題なく住み続けられるかどうかの目安になります。

3-4.リフォームやリノベーションができる条件

リフォームやリノベーションをおすすめする物件以外は、管理規約をよく確認しておきましょう。分からないことがあったら、不動産業者に何でも質問することが大切です。

3-5.水回りの状態

配管の状態によっては、水回りの位置を動かせないこともあります。特に、リノベーションを予定している場合は、水回りの位置を動かせるかどうか、確認しておきましょう。

4.マンションのリフォーム・リノベーションの実例

この項では、マンションのリフォームやリノベーションの実例を紹介します。

4-1.大規模リフォーム

マンションの大規模リフォームとは、設備や内装をすべて変えてしまうことです。骨組みだけ残してすべてを交換するということで、「スケルトンリフォーム」とも呼ばれています。部屋の間取りなどは変えないので、リノベーションとは言いません。費用は200万~300万円前後です。

4-2.小規模リフォーム

小規模リフォームには、以下のようなものがあります。

  • 浴室やトイレ・キッチンの交換
  • 壁紙や床板の張り替え
  • 畳(たたみ)の交換
  • 和室から洋室への変更など

小規模リフォームは、入居中に行うことも可能です。ですから、数年おきに小規模リフォームをくり返して自分の住みやすい家を作っていく人もいるでしょう。費用は1つのリフォーム当たり10万~50万と幅があります。

4-3.バリアフリーリフォーム

室内の段差をなくしたり、手すりをつけたりすることで高齢になっても暮らしやすくするリフォームです。自治体によっては、バリアフリーリフォームを行う場合、補助金が出るところもあります。

4-4.リノベーション

リノベーションは、部屋の間取りを大きく変えます。ですから、工期が数か月かかることもあるでしょう。リノベーションの一例は以下のとおりです。

  • 壁に面していたキッチンをカウンターキッチンに変える
  • 二間を1つにしてLDKを広くする
  • 小さい部屋を潰して収納スペースにする
  • 広過ぎるLDKを区切って個室を作る

費用は数百万円が相場になります。家を購入してからリノベーションに取りかかるので、できあがるまでの住まい場所なども確保しておく必要があるでしょう。

4-5.リフォームローンなどに関する注意点

リフォームやリノベーションを考えている人の中には、住宅ローンに加えてリフォームローンを組みたいというケースもあるでしょう。この場合、住宅ローンとリフォームローンを別に組むのが一般的です。リフォームローンは住宅ローンに比べて金利が高く、利用できる年数が短いので、支払いがやや高額になります。そこをよく考えて支払い計画を立てましょう。
また、中古マンションの販売とリフォームを同じ会社が行う場合、提携ローンを組むことで月々の支払いを抑えることもできます。ですから、中古マンションをリフォーム前提で購入する場合は購入する業者もよく考えて選びましょう。

5.中古マンションのリフォーム・リノベーションに関するよくある質問

この項では、中古マンションのリフォームやリノベーションに関するよくある質問を紹介します。

Q.自分で中古マンションをリフォームすることはできるでしょうか?
A.ふすまの張り替えくらいならできますが、壁紙の交換等は専門的な技術が必要です。無理をしてはいけません。

Q.リフォームやリノベーションをすれば、新築マンションと同じくらいの年数は問題なく住み続けられるでしょうか?
A.物件によります。分譲スペースの設備を変えても、共有スペースや配管などは築年数なりに劣化しているでしょう。ですから、修繕を満足に行っていない物件は、リフォームやリノベーションをしても住める年数には限りがあります。

Q.築何年以上ならば、リノベーションがおすすめですか?
A.築何年以上ならば、リノベーションしなければ住めないという物件はありません。しかし、1980年代後半に建てられた物件は、今の一般的な間取りと異なっているのでリノベーションをしたほうが住みやすいものも多いでしょう。

Q.リフォームはどのくらいの工期がかかりますか?
A.リフォームの種類によりますが、スケルトンリフォームの場合はリノベーションと同じく数か月かかることもあるでしょう。小規模リフォームならば、2日~10日で完成します。

Q.リフォーム業者は、自分で探さなければなりませんか?
A.マンションの販売業者や、マンションの管理会社などが紹介してくれることもあります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は中古マンションのリフォーム・リノベーションについて紹介しました。リフォームやリノベーションを行えば、新築物件を購入したのと同じような感覚ですむことができます。マンションは一戸建てに比べると寿命が長いので、管理がいき届いたマンションを見つけることができれば、リフォームやリノベーション費用を加えても新築物件を購入するよりお得なこともあるでしょう。