屋根の雨漏りの対処・修理方法は? まずは原因をチェックしよう!


「雨の日に天井から雨漏りがする」など、異変が起きたときは早めに補修しなければなりません。雨漏りを放置すると、木材腐敗がすすみ耐震機能など耐久性に大きな悪影響をおよぼすことになります。しかし、「雨漏りの補修にお金がかかるのでは」「自分で対処できるかも」と悩んで判断を見誤るとさらに状況が悪化するでしょう。本記事では、屋根の雨漏りの適切な対処方法について解説します。

  1. 屋根の雨漏りの基礎知識
  2. 屋根の雨漏りが起きたときにすべきこと
  3. 屋根の雨漏りの修理方法は?
  4. 屋根の雨漏りに関してよくある質問

この記事を読むことで、屋根の雨漏りの正しい対処法と修理方法が分かります。気になっている方や悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.屋根の雨漏りの基礎知識

まずは、屋根の雨漏りの症状と原因を把握しておきましょう。

1-1.雨漏りの症状は?

「屋根からポタポタ水が落ちてくる」状態が雨漏りとして認識されていると思います。しかし、雨漏りの症状はそれだけではありません。以下の項目に当てはまる場合は、知らないうちに雨漏りが起きている可能性があります。

  • 結露が多くなる
  • 夜など静かなときに水滴が落ちる音が聞こえる
  • ふすまや障子(しょうじ)などが波打つ
  • 玄関の靴や革製品にカビが生える
  • 外壁の塗装が剝げる
  • 外壁にヒビが入っている
  • 壁紙にシミができている
  • 天井や壁がたわみ、波打つ
  • 床が膨れ上がっている

1-2.屋根の雨漏りの原因をチェック!

屋根の雨漏りが起きる多くの原因は、「経年劣化」です。屋上は雨風や雪など気候の影響を大きく受ける場所なので、防水処理を施されています。しかし、経年劣化によって防水機能が低くなり、塗装が剥げ、雨が浸入するというわけです。新築で雨漏りがする場合は、施工不良が原因の可能性があります。ほかにも、雨どいのつまり・窓のサッシのパッキン劣化など原因はさまざまです。適切な修繕をするためには、原因を突き止める必要があります。

1-3.放置するとどうなるのか?

雨漏りを放置すると、家の寿命が短くなり地震など自然災害に弱い建物となります。また、雨の浸入で木材が湿り、シロアリの餌食になるでしょう。すると、さらに建物の耐久性が弱まります。カビも発生しやすくなるため、アレルギー感染症を引き起こすおそれもあるのです。たとえ、目に見えなくても雨漏りの症状はどんどん進行していきます。天井からポタポタと水が落ちているのは、すでに進行している状態なので早めの修繕が必要です。

2.屋根の雨漏りが起きたときにすべきこと

もし、屋根の雨漏りが起きたときは、すぐに行動しなければなりません。応急処置方法や業者へ依頼すべきケースをチェックしておきましょう。

2-1.自分で対策できるか?

自分でできる対策は限界があります。被害箇所の正確な特定は困難でしょう。また、自分で修繕するのもNGです。誤った方法で修理をすると、さらに状態が悪化するので注意しなければなりません。しかし、そのまま放置するわけにもいかないので、応急処置を知っておく必要があります。応急処置にも有効なものと危険なものがあるのできちんとチェックしておきましょう。

2-2.応急処置方法は?

雨漏りに有効な応急処置方法は、天井から落ちてくる水で床が濡(ぬ)れないようにバケツを置くことです。さらに、新聞紙・タオル・レジャーシートなどをバケツの下に敷きましょう。可能なら屋根裏にもブルーシート・レジャーシート等を敷いて室内への浸入を防いでください。屋根裏に入れず、雨の浸入場所が特定できない場合は、屋根の広範囲にブルーシート等をかぶせましょう。ただし、すべって大ケガをしないように注意してくださいね。
また、雨が漏れている場所が明らかな場合は、防水テープをそこに貼るのも有効です。特に、スレート屋根・トタン屋根・陸屋根(りくやね)に効果があります。防水テープを貼る際は、必要最低限でOKです。雨が浸入しているところをキレイにし、空気が入らないようにしっかり押さえながら貼りましょう。

2-3.業者へ依頼すべきケースは?

すでに雨漏りが起きている場合は、すぐ業者へ修理の依頼をしてください。自分で行う処置はあくまで応急処置で、根本的な原因を解決できるわけではありません。早めに修理を依頼したほうが、費用も安く抑えることができます。

3.屋根の雨漏りの修理方法は?

それでは、屋根の雨漏りが起きた際は、どのように修理するのでしょうか。具体的な修理内容に関して解説します。

3-1.主な修理方法は?

修理方法は、原因・雨漏り箇所などで異なります。屋根の雨漏りで多い「棟板金(スレート屋根の頂上結合部分)」「スレート」「漆喰(しっくい)」「谷樋(たにとい)」それぞれの修理方法をチェックしておきましょう。

<棟板金から雨漏りしている場合>

  1. 古い棟板金を取り外し、下にあったヌキ板も取りのぞく
  2. ヌキ板を固定していた釘を抜き、防水コーキングを施す
  3. 新しいヌキ板と棟板金を取り付け、継ぎ目に防水コーキングを施して完了

<スレートから雨漏りしている場合>

  1. ヒビ割れたスレートを特殊な工具で取りのぞき、下地を整える
  2. 接着剤としてコーキングを塗り、新しいスレートを差し込んで位置を調整する
  3. 塗料の接着力を高めるため、シーラーを塗り、マスキングテープで塗装する
  4. マスキングテープを剝がし、塗装が乾燥すれば完了

<漆喰から雨漏りしている場合>

  1. 表面の漆喰を取りのぞき、新しい漆喰と葺(ふ)き土をくっつきやすくするため葺き土を濡らす
  2. 葺き土に適量の水分を含ませ、漆喰を塗り込む
  3. コテで漆喰をすき間なくならし乾燥させて完了

<谷樋から雨漏りしている場合>

  1. 谷樋周辺のスレートを一時撤去する
  2. 新しい谷樋を設置しスレートを元に戻し完了

3-2.経年劣化の場合は?

経年劣化による雨漏りの場合は、屋根の葺き替えになる可能性が高めです。中途半端な修理をしても雨漏りが再び起こる可能性があるため、葺き替えで新しい屋根に替える必要があります。一般的に、屋根の塗装では十分に改修ができないときに、葺き替えを行うケースがほとんどです。また、下地が傷んでいる場合も、葺き替えを行う必要があるでしょう。屋根が新しく生まれ変わりますが、費用が高くなるのがデメリットです。具体的な費用に関しては、業者との打ち合わせで確認してください。

3-3.修理方法の選び方は?

雨漏りを徹底的に修理するためには、原因を突き止め、適した方法で修繕しなければなりません。一般人では修理方法が選択できないので、専門業者に任せましょう。屋根修理の専門業者は、手の届くところまで近づいてじっくり雨漏り箇所を観察します。ここで原因を突き止めなければ正しい修繕ができません。専門業者を選ぶ際は、きちんと事前調査を行うところを選びましょう。

3-4.業者の選び方は?

どの業者を選ぶべきか分からない方は、以下のポイントに注目してください。

  • 屋根の雨漏り修繕に実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 事前調査をきちんと行っているか
  • 口コミ・評判が良いか
  • ホームページ等に施工事例が記載されているか
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • アフターフォローが充実しているか

屋根のリフォーム・塗装を行っている「リフォーム工房 造研」では、施工事例を掲載しています。無料見積もりも電話またはホームページのフォームから受けつけているので、ぜひ1度ご相談ください。

3-5.修理工事の内容、流れは?

屋根の雨漏り修理の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 無料見積もりまたは調査を業者へ依頼する
  2. 業者スタッフによる調査を行い、原因と雨漏り箇所を明確にする
  3. 工事内容と工期を決め、見積書の内容を確認する
  4. 予約日時に着工→終了後、スタッフと最終確認して完了

詳細に関しては業者との打ち合わせで確認してください。分からないところや疑問点があれば、依頼前に確かめることが大切です。また、工期がどのくらいになるのかも確認してください。雨漏りの修繕にかかる日数は、およそ半日~1日ですが、状態によっては1週間以上かかる可能性もあります。

3-6.注意点

業者の中には、「不当な料金を請求する」「後で追加料金を要求する」「工事をきちんとしてくれない」など、不正を働く悪徳業者が存在しています。特に、気をつけてほしいのは、費用が安すぎる業者や「早くしないと手遅れですよ」など工事を急がせる業者です。いい加減な修理を行い、後で高額な工事費用を請求する傾向があります。業者とのトラブルを回避するためにも、複数の業者を比較し、安心して依頼できるところを見つけてください。

4.屋根の雨漏りに関してよくある質問

屋根の雨漏りに関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.屋根で雨漏りしやすい箇所とは?
A.雨が直接当たる場所、もしくは直接は当たらないが雨水が流れる箇所です。特に、コーキング部分など素材と素材の継ぎ目は雨漏りしやすい傾向があります。また、屋根の塗装にヒビが入っている・塗装が剥げている場合も雨漏りしているおそれがあるので注意してください。

Q.修理に費用はいくらかかるのか?
A.屋根の雨漏りの修理費用は、1万~300万円と非常に幅広いのが特徴です。雨漏り箇所・原因・状態によって異なるため、費用に大きなバラつきがあります。主な修理内容とその費用を以下にピックアップしてみました。

  • スレート・瓦の交換(1枚):1万~2万円
  • 防水コーキング施工:5万~20万円
  • 谷樋の撤去・交換:20万~80万円
  • 漆喰の塗り直し:30万~80万円
  • 棟板金の撤去・交換:30万~100万円
  • 屋根の葺き替え:100万~300万円

屋根の下地まで傷んでいる場合は、さらに下地補修として費用がかさむ可能性があります。どのくらいの費用になるのかは状態を見なければ分からないので、業者に尋ねてください。あまりに安い業者はいい加減な工事をするおそれがあるため、実績をチェックしましょう。

Q.自分でしてはいけない応急処置のやり方は?
A.雨漏り箇所を特定しないままシーリング(コーキング)を使用する修繕方法です。シーリングは防水性と気密性を高めるため建物のすき間を充填材で埋めるものとなります。シーリングはホームセンター等で簡単に購入できますが、誤った場所を埋めると雨水の流れが変わり、さらに雨漏りがひどくなるおそれがあるのです。また、うっかり足を踏み外して大事故につながるおそれもあります。危険だと思ったら無理をせず、業者へ依頼してください。

Q.瓦の屋根を修理する方法は?
A.瓦屋根で雨漏りが起きた場合は、割れた瓦を丁寧に取りのぞきます。そして、新しい瓦と交換した後に防水コーキングを施して完了です。簡単な方法なので自分でできると思われがちですが、漆喰の補修や土の葺き直しは一般人でできる工事ではありません。誤った方法で修理するよりも、屋根の修繕に詳しい専門業者に依頼したほうが安心です。

Q.屋根の雨漏りを防ぐポイントは?
A.定期的に屋根を塗り直すことです。定期的に屋根塗装を行うことで、防サビ・防水・抗菌・遮熱・断熱効果を高め、家の寿命を長くすることができます。屋根塗装の耐用年数は素材で異なるので要注意です。たとえば、スレート屋根・板金屋根は約10年、銅板屋根は約30年となります。家に使われている屋根素材の耐用年数をチェックし、寿命を向かえる前に塗り直しましょう。

Q.雨漏り箇所の特定方法は?
A.基本的な特定方法は「目視」です。雨が降っている状態で屋根裏と天井裏に入り原因を見つけましょう。原因が分かったら、自分でできる応急処置をします。そして、専門業者に依頼してください。原因が分からない場合は、だいたいの場所だけ把握しておき、修理の際に専門業者に雨漏り箇所を特定してもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか? 屋根の雨漏りを放置すると建材の劣化がすすみ、建物の耐久性に大きな悪影響をおよぼすことになります。「まだ雨漏りが少ないから」と放置すれば、さらに状況が悪化し修繕費用も高くなるでしょう。屋根に雨漏りが発生したときは、できるだけ早めに修繕することが大切です。また、修理を依頼する業者選びにも注意してください。業者選びのポイントを押さえた上で信用できる業者に依頼しましょう。