シックハウス症候群の対策決定版! 気になる症状と原因から予防まで


新築やリフォームで迎える新生活は気持ちのいいものです。しかし、せっかく新しい暮らしをスタートしたものの、なぜか体調不良に見舞われることはありませんか? 「新築マンションに引っ越してから体調がすぐれない」「休日のたびに頭痛がする」そんな症状に悩まされていたら、「シックハウス症候群」の可能性があります。この記事では、シックハウス症候群の原因や症状、対策について解説しましょう。

  1. シックハウス症候群とは
  2. シックハウス症候群の対策方法
  3. シックハウス症候群の予防方法
  4. シックハウス症候群に関するよくある質問

この記事を読むことで、シックハウス症候群の原因や対策、予防について知ることができます。室内環境の改善のためにぜひお役立てください。

1.シックハウス症候群とは

シックハウス症候群の対策を考える前に、まずどのようなものなのか知ることから始めましょう。

1-1.住居に由来する健康障害

「シックハウス症候群」とは、室内空気汚染のある住宅に居住することによる健康障害を総称したものです。これは、建材や日用品から発せられる化学物質が増えていることや、気密性が高い住宅が普及したことにより、汚染された空気が室内にとどまりやすいことが主な原因といわれています。

1-2.症状は目やのどから全身に及ぶことも

厚生労働省の「室内空気質健康影響研究会」の報告書によると、主な症状には以下のようなものがあります。

  • 皮膚や目、のど、気道などの皮膚・粘膜刺激症状(目がチカチカしたり、のどの痛みがある)
  • 全身けん怠感、めまい、頭痛・頭重などの不定愁訴

特徴は、住宅にいるときに症状が出て、家を離れると症状が治まることです。また、同じ建物内にいるすべての人に同じ症状が出るわけではなく、症状にも個人差があります。

1-3.原因となる発生要因について

シックハウス症候群を引き起こすメカニズムはまだ解明されていません。主な原因は、建材や家具に含まれる化学物質から発せられる揮発性有機化合物といわれています。中でも合板や壁紙の接着剤に含まれているホルムアルデヒド、は健康への影響が大きいことが指摘されている物質です。
また、住宅の気密性が高まったことで、化学物質が室内に充満してしまうことも原因となります。さらに、共働きで日中は家を閉め切っているなど、換気が不足することで化学物質の濃度が高い状態が続いてしまうのです。
一方、カビやダニなどのハウスダストや湿度もシックハウスの発症を誘発する原因となります。

1-4.室内にあふれる化学物質

室内に放散されている化学物質はホルムアルデヒドだけではありません。内装にかかわるものとしては、接着剤や防腐剤・塗料などに含まれるアセトアルデヒド・トルエン・ベンゼン・スチレンなどがあります。また、衣類の防虫剤からはパラジクロロベンゼン、防炎加工カーテンの難燃剤HBCD、殺虫剤からダイアジノンなど、日用品からも化学物質は放散されているのです。

1-5.規制が強化される化学物質

厚生労働省では、平成9年にホルムアルデヒドの室内濃度指針値を0.08ppmと定め、続いて13物質の指針値を定めて規制に努めてきました。その後、平成29年には指針値を見直し、規制を強化しています。ここで新たに追加された化学物質は、テキサノールなど3物質です。キシレンなど既存の4物質については指針値を厳しく改定しました。
一方、国土交通省では、安心して新築住宅に住めるよう、平成12年に住宅性能表示制度を定めています。この性能項目の中には「空気環境」も含まれており、空気環境の性能評価として化学物質の実測が利用できるようになりました。測定は、ホルムアルデヒドに加え、トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレンの中から選択可能です。
また、平成15年には建築基準法が改正され、ホルムアルデヒドの放散量に応じて建材に等級をつけて規制するようになりました。この改正建築基準法では、換気設備の設置も義務付けられています。また、シロアリ駆除剤であるクロルピリホスの使用を禁止しました。

2.シックハウス症候群の対策方法

前述のとおり、シックハウス症候群は主に空気中の化学物質の濃度が高いことにより引き起こされます。そのため対策としてはできるだけ室内の化学物質を減らすことが重要となるでしょう。ここでは効果的な対策について解説します。

2-1.対策の基本は換気

シックハウス症候群の対策として一番簡単で効果的な方法は換気をすることです。朝起きたときや外出から帰ったら、まず窓を開けて換気をする習慣をつけましょう。また、最近の住宅は、建築基準法により換気回数0.5回/1時間以上の換気設備(24時間換気システムなど)の設置が義務付けられています。換気扇と窓開けを併用するといいでしょう。

2-2.観葉植物で空気を浄化

植物は、空気中の有害物質を二酸化炭素と一緒に吸収し、空気を清浄にしてくれる働きがあることが知られています。室内の空気の浄化に有効なのは、ポトスやサンセベリアなどの観葉植物です。6畳に大きめの1鉢を目安に置くといいでしょう。

2-3.ダニ・カビ対策

カビやダニを減らすためには、掃除をまめにすることが大切です。湿気対策として、押し入れに風を通したり水回りの水分を拭き取ったりして湿気がこもらないように努めましょう。また、空気清浄機はカビや花粉・ハウスダストなどのアレルゲンを除去するのに有効です。しかし、化学物質の除去はあまり期待できません。空気清浄機だけに頼らず、基本の換気も行いましょう。

2-4.24時間換気の注意点

24時間換気システムは、常時スイッチを入れておかなければ意味がありません。ところが、「換気の音がうるさい」「冷暖房のききが悪くなる」などの理由で、換気扇のスイッチを切ってしまう人がいます。換気システムが作動しないと、気密性の高い現代の住宅では空気環境が悪化してしまうため、常にスイッチを入れておきましょう。

3.シックハウス症候群の予防方法

シックハウス症候群は発症する前に未然に防ぐことができるのでしょうか? ここでは予防方法について紹介します。

3-1.化学物質の少ない材料を選ぶ

新築やリフォームのときに、化学物質の少ない材料を使用するよう施工会社に相談しましょう。内装仕上げ材はホルムアルデヒドの放散量によって等級が分かれています。放散量が最も少ない等級はF☆☆☆☆(エフフォースター)です。F☆☆より下のランクは建材として使用することはできません。最近では、大手メーカーは基準以下の建材の製造を中止しており、ほとんどがF☆☆☆☆になっています。しかし、規制されていない新たな化学物質を使った建材もあるため、よく確認する必要があるでしょう。

3-2.生活スタイルに気をつける

建材だけでなく、日用品にも化学物質は潜んでいます。家具の接着剤やカーテンの難燃剤をはじめ、床のワックス・防虫剤・殺虫剤・ストーブなども化学物質の発生源となるのです。日頃からなるべく化学物質の少ない製品を選び、やむを得ず使用する場合は換気に気をつけるなど、生活スタイルを見直しましょう。

3-3.換気が基本

新築やリフォームの場合、入居前にできるだけ換気をしておくことが大切です。建築基準法により設置されている24時間換気装置は、入居前からスイッチを入れておきましょう。入居後は換気システムに加え、化学物質の濃度が下がるまでの数か月間は、1時間に1回程度窓開けをして積極的に換気してください。

3-4.化学物質過敏症に注意

シックハウス症候群になると、微量の化学物質にも反応してしまう「化学物質過敏症」を発症するリスクが高まります。化学物質過敏症は、悪化すると発症以前の体質に戻すのが困難な病気です。発症すると、化粧品や柔軟剤など、今まで何事もなく使っていた生活用品のごく微量な化学物質にも反応して体調不良を起こすため、日常生活に支障をきたします。もともとアレルギー体質の人や呼吸器が弱い人などは特に気をつけなければなりません。目やのどへの刺激や倦怠感など、気になる症状が現れたら早めに受診しましょう。

4.シックハウス症候群に関するよくある質問

シックハウス症候群に関するよくある質問をまとめました。

Q.日中は留守になるため換気ができません。どうしたらいいでしょう?
A.外出中も、24時間換気システムや換気扇のスイッチを入れておくことです。そして、帰宅したらただちにすべての部屋の窓を開けて、換気しましょう。

Q.エアコンをつけていれば換気をしたことになりますか?
A.いいえ。一般的なエアコンでは換気はできません。換気ができる機種もありますがごく一部です。そのため、エアコンを使う場合も1時間に1回程度換気が必要になります。エアコンを新しく設置する際には、換気機能付きのエアコンの導入を検討してもいいでしょう。

Q.シックハウス症候群になりやすい季節はいつですか?
A.化学物質は温度が高くなるほど揮発性が高くなります。特に夏場の暑い季節には、閉め切ったままでいると室内は高濃度の化学物質で満たされてしまうため注意が必要でしょう。

Q.ホルムアルデヒドは時間がたっても濃度は変わりませんか?
A.ホルムアルデヒドは揮発性のため発散が進めば濃度が下がります。新築マンションの例では、新築1か月後に室内濃度指針値の3倍を示していたものが、3か月後には指針値以下に低下したというデータが報告されました。出典:愛知県衛生研究所

Q.効率よい換気の仕方を教えてください。
A.窓を開けるときには空気の通り道を作ることを意識しましょう。窓は1か所だけでなく、対角線上となる2か所を開けると効率よく換気できます。このとき、扇風機や換気扇を使い部屋の空気を循環させるのも効果的です。

まとめ

シックハウス症候群は、室内の空気環境はじめ複雑な要因が作用しあって起こります。目やのどの痛みやめまいなど、気になる症状が現れたら放置せず、内科やアレルギー科を受診しましょう。症状を悪化させないためには、換気など日常生活ですぐにできる対策をとって、日用品も見直すことが大切です。