間取りの変更でお悩み? リフォームで失敗しないコツを教えます!


最初は居心地のいい家であっても、家族構成やライフスタイルが変化するとともに、使いづらくなることはよくあります。快適な生活を実現するためには、間取りの変更が必要不可欠になるでしょう。しかし、どんな感じにリフォームすればいいのか、よく分からないことが多いものです。そこで、今回は、間取りの変更でお悩みの方のために、リフォームで失敗しないコツを詳しく解説します。

  1. 間取りの変更とは?
  2. 間取りの変更リフォームについて
  3. 間取りの変更リフォーム業者の選び方
  4. 間取りの変更リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、間取りの変更リフォームについてよく分かり、失敗せずに進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.間取りの変更とは?

最初に、間取りの重要性や変更するメリットなどを解説します。

1-1.間取りとは?

間取りとは、部屋・廊下・浴室・トイレ・キッチンなど、家の中の配置のことです。間取りを表すには、Lはリビング・DKはダイニングキッチンなどとアルファベット表記を使います。たとえば、マンションなどで「2LDK」とある場合は、2つの部屋のほかに、リビング・ダイニングキッチンがあるという意味です。ただし、実際の配置パターンはさまざまにあり、住む人にとって使いやすい状態かどうかは別の話になります。

1-2.間取りの重要性や生活との関係

間取りは、家の暮らしやすさと深い関係があります。家族の人数やライフスタイルに合った間取りは、生活の質を高めてくれるものです。また、十分な広さと動線が確保されることで、暮らしやすく快適な家になります。

1-3.どんなときに間取りを変更する? メリットは?

たとえば、以下のようなときに間取りを変更することになります。長く暮らしていると、ライフスタイルが変わるため、現在の間取りでは不便を感じるようになるのです。

  • 子どもが生まれた
  • 子ども部屋がほしい
  • 子どもが独立して家族の人数が減った
  • 家族の介護が必要になった
  • 現在の間取りが使いづらい(個々の部屋が狭い・動線が悪いなど)

2.間取りの変更リフォームについて

間取りの変更リフォームのタイミングやできること・費用などを含め、事前に知っておくべきことについて詳しく解説します。

2-1.間取りの変更リフォームのタイミングは?

間取りの変更リフォームは、ライフスタイルの変化や、家が寿命を迎えた・引っ越しをしたなどのタイミングで行うでしょう。いずれにしても、現在の間取りが使いづらいと感じたときになります。不満を持ったままで暮らし続けることは、生活の満足度を下げることになるでしょう。

2-2.間取りの変更リフォームでできること

間取りの変更リフォームでは、以下のようなことができます。ただし、家の状況によっては不可能なものもあるので業者に確認してください。

  • 狭い部屋同士の壁を取り払って広い部屋にする
  • 広い部屋を細かく仕切ることで部屋数を増やす
  • 新たに収納を作る
  • キッチン・トイレ・浴室の位置を変える
  • 階段の位置を変更する
  • バリアフリーを実現する

2-3.間取りの変更リフォームの費用について

間取りの変更リフォームに必要な費用は、個々の状況に大きく左右されます。詳しくは、業者に見積もりをもらって確認してください。以下は、費用の目安の一例です。

  • 収納の作成:10~50万円程度
  • 階段の移動:100万円~
  • 広い部屋を2~3部屋に分割する:100万円程度~
  • 部屋の壁や柱を取り除いて広い部屋にする:200万円程度

特に費用がかさみやすい工事は、家の中の壁や柱を取り除くケースとなります。家の強度を十分に維持しながらリフォームを行う必要があるため、工事が大がかりになりやすいのです。このほかにも、浴室やトイレなど水回りの変更を伴う場合も、100万円以上必要になるケースが多くあります。

2-4.リフォーム前に知っておきたいこと・やっておきたいこと

間取りの変更リフォームをする前に、どんな状態が理想なのか、細かく書き出して整理しておきましょう。理想がハッキリしていれば、業者と打ち合わせるときに役立つものです。また、それぞれに優先順位をつけておくことで、予算との兼ね合いを見ながら検討できます。業者に何でも任せるのではなく、リフォーム雑誌やインターネットなどの情報を活用し、研究しておきましょう。

2-5.間取りの変更リフォームに関する注意点

理想の間取りにしたいと思っても、さまざまな条件で不可となることもあるでしょう。また、実現可能でも、予算オーバーになる例も多くあります。親切な業者なら、代替プランを提案してくれ、できるだけ満足度の高い仕上がりを実現してくれるものです。代替プランの提案を受けたら、よく検討し、納得してから依頼するようにしましょう。

3.間取りの変更リフォーム業者の選び方

間取りの変更リフォームを依頼するためには、信頼できる業者を探すことが大切です。具体的な選び方のポイントや、リフォーム工事の流れ・費用など、詳しく解説します。

3-1.間取りの変更リフォーム業者の選び方

間取りの変更リフォームを依頼するには、以下の条件を満たす業者に依頼すると間違いありません。

  • 間取りの変更リフォームで豊富な実績がある
  • 工事の品質が高いことで評判がいい
  • 実例を見せながら親切に提案してくれる
  • 相談・費用見積もりだけなら無料
  • リーズナブルな費用システム
  • 希望の工期にできるだけ合わせてくれる
  • 担当者の態度がよくて親切
  • 保証やアフターサービスが手厚い

間取りの変更リフォームは、経験とセンス・腕のよさが必要です。なお、当造研でも数多くのご依頼をお受けし、ご好評をいただいています。まずは、お見積もりからお気軽にご利用ください。

3-2.間取りの変更リフォーム工事の流れ

間取りの変更リフォーム工事の流れは、以下を参考にしてください。

  1. 業者が依頼者からの連絡を受け、現地視察を行う
  2. 業者が依頼者の希望を交えて見積もりを出す
  3. 依頼者が見積もりを確認し、費用・工事内容など問題がなければ正式契約
  4. 依頼者が希望した日程でリフォームが始まる
  5. 工事終了後、業者と依頼者で現場確認をして完了

3-3.間取りの変更リフォームの相談について

間取りの変更リフォームの相談は、信頼できる業者の「お問い合わせ窓口」を利用するといいでしょう。親切な業者なら、自社のホームぺージに専用のお問い合わせフォームを用意しています。相談は電話でも相談できますが、24時間利用可能で気軽に相談しやすい点でも、問い合わせフォームの利用がおすすめです。なお、通常2営業日程度で業者から連絡が入るので、具体的な相談に進んでください。

3-4.間取りの変更リフォームに関するそのほかのこと

間取りの変更リフォーム工事は、大規模なものになると数日以上かかることが多くあります。工事中の生活拠点はどうするのか、考えておきましょう。子どもがいれば、学校までの送り迎えも必要です。たとえば、一時的に短期賃貸マンションを借りたりビジネスホテルなどに宿泊したりすることもできます。工事中の生活に支障が出ないように、早めに検討・手配してください。

4.間取りの変更リフォームに関するよくある質問

最後に、間取りの変更リフォームに関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.賃貸物件でも間取りを変更できますか?
A.基本的にはできません。借り主が自由にリフォームできる契約でない限りは、勝手に進めないようにしましょう。賃貸物件の間取りを変更したいときは、貸し主の許可を得てください。しかし、退去時に原状復帰の義務がある場合は、面倒です。まずは、パーティションやカーテンなどで仕切る・ドアや戸を外して部屋をつなげるなどで工夫してみましょう。

Q.間取りの変更リフォームは何年ごとにするべきですか?
A.定期的に変更する必要はありません。家族のライフスタイルに変化があり、住みづらい・使いづらいと感じたときに、都度行っていきましょう。ただし、子どもの成長に伴うケースなどは、いつ必要か予測しやいものです。予算の確保を含め、早めに計画を立てておけば、必要なときにスムーズに進めることができます。

Q.間取りの変更リフォームの支払いは現金一括払いだけですか?
A.業者に確認してください。基本は、現金一括払いですが、クレジットカードやショッピングローンでの支払いが可能な場合があります。また、業者によっては、費用の半分を前金として入金する場合もあるので、事前に調べておきましょう。

Q.子育てがしやすい間取りにリフォームするコツは?
A.家事をしている間でも、子どもの様子が見やすいように対面型のキッチンにし、リビングを広めにリフォームするといいでしょう。子どもをリビングで遊ばせたり勉強させたりすればいつでも目を配ることができます。小さな子どもがいる場合は、段差や角でケガをしないように、業者に相談するといいでしょう。

Q.前の間取りに戻してもらうことは可能ですか?
A.状況によります。ただし、柱や壁の撤去を伴うなど、大幅な変更を伴った場合、戻すことが不可能なケースが多いでしょう。どうしても戻したいというのなら、業者によく相談してみてください。

まとめ

今回は、間取りの変更リフォームについて詳しく解説しました。理想的な間取りは、毎日の暮らしを快適にしてくれます。まずは、現在の間取りの不満点を書き出し、どこをどんな風にリフォームしたいのかよく考えてみましょう。よく分からないのなら、プロのリフォーム業者にアドバイスを受けるのもおすすめです。実績が豊富で信頼できる業者なら、現状のマイナスポイントを見極め、的確なリフォームプランを提案してくれます。家族が快適かつ安全に暮らしていくためにも、リフォームで理想的な間取りを実現しましょう。