屋根のカバー工法にはどんなメリットがあるのか? 工事の流れも紹介


屋根の修理を検討するにあたって、カバー工法について知っておく必要があるでしょう。屋根の修理方法はいくつかあり、それぞれメリットとデメリットを理解した上で、どの工法を選択すべきか決めなければなりません。カバー工法とは、既存の屋根を撤去せずに、その上から新しい屋根材を取りつける方法です。どのようなメリットとデメリットがあり、どのような場合に適した工法なのか、しっかりと把握しておきましょう。この記事では、カバー工法がおすすめのケースやタイミングなども詳しくご紹介します。

  1. 屋根のカバー工法について
  2. カバー工法がおすすめのケース
  3. カバー工法のタイミングについて
  4. カバー工法の流れ
  5. 屋根のカバー工法に関するよくある質問

この記事を読むことで、屋根の修理前に知っておくべきカバー工法について分かるはずです。ぜひ参考にして検討してみてください。

1.屋根のカバー工法について

まずは、屋根のカバー工法のメリットやデメリットをまとめました。

1-1.カバー工法とは?

カバー工法は「重ね葺(ふ)き」「重ね張り」「被(かぶ)せ張り」とも呼ばれます。屋根の修理方法としてまず思いつくのが「塗装」です。しかし、塗装だけでは十分な修理ができない場合などに、「カバー工法」または「葺(ふ)き替え」が行われます。カバー工法は既存の屋根を撤去せずに新しい屋根材を被(かぶ)せるため、葺(ふ)き替えに比べてメリットも大きいといわれているのです。

1-2.メリット

カバー工法では既存の屋根を撤去しないため、屋根が2重になります。メリットとしては以下のようなものがあるでしょう。

  • 解体工事が必要ないため、廃材が出ない
  • 工事費用を抑えられる
  • 工事期間を短縮できる
  • 屋根が2重になる分、断熱性や遮音性が上がる

1-3.デメリット

カバー工法にもデメリットがあります。まず一つが、耐震性が下がるという点です。既存の屋根材を撤去せずに屋根を重ねるため、結果的に屋根の総重量が増えてしまいます。そのため、地震が発生した際に揺れが大きくなるリスクが生じてしまうのです。また、屋根が2重になるということは、雨漏りなどが発生した際に修理が難しくなります。どこが雨漏りしているのか調べるのが困難になるため、修理費用が高くなる可能性があるでしょう。カバー工法を選択する際は、そういったデメリットがあるということも覚えておく必要があるのです。

2.カバー工法がおすすめのケース

屋根のカバー工法がおすすめのケースや、ほかの工法を選択すべきケースをご紹介します。

2-1.カバー工法がおすすめのケースとは?

カバー工法がおすすめなのは、以下のようなケースです。

  • 既存の屋根材にアスベストが含まれている
  • 今と違う屋根材に変更したい
  • メンテナンスのしやすさを重視したい
  • できるだけ工事費用を抑えたい
  • 工期を短く済ませたい

2-2.ほかの工法を選択すべきケース

カバー工法はすべての屋根に適用できるわけではありません。住宅の屋根に使用される屋根材の中でも、カバー工法ができるのはスレート系と金属系だけです。さらに、スレート系や金属系であっても、急こう配の屋根は施工に不向きな場合もあります。カバー工法が適用可能かどうか確認した上で検討しましょう。また、下地が腐食している場合なども、ほかの工法を選択すべきです。事前の調査をしっかり行ってもらってください。

3.カバー工法のタイミングについて

カバー工法のタイミングについてご紹介します。すぐに工事すべき場合や耐用年数などをまとめました。

3-1.すぐに工事すべき場合とは?

すぐに工事が必要なケースを、屋根材ごとにまとめました。

【スレート】

  • 釘(くぎ)が抜けている箇所がある
  • 塗料がはがれている
  • コケやカビが生えている
  • ひび割れが発生している

【金属】

  • サビている箇所がある
  • 釘(くぎ)が抜けている箇所がある
  • 屋根材が浮いている
  • 塗料がはがれている

3-2.耐用年数について

耐用年数は屋根材によって異なります。家を建ててから何年ぐらいで補修が必要になるか、把握しておくとよいでしょう。一般的に、スレート屋根の耐用年数は20~25年、ガルバリウム鋼板屋根は30~50年といわれています。もちろん屋根の形状や気候条件によって耐用年数が短くなることもあるため、定期的に点検を受けておくのがおすすめです。

4.カバー工法の流れ

カバー工法による工事の流れや日数、費用についてまとめました。

4-1.カバー工法の流れ

カバー工法で工事を行う一般的な流れは、以下のとおりです。

  • 屋根をできるだけ平らにするため、屋根の棟板金を取り外す
  • 棟板金を撤去した屋根の上に防水シートを敷く
  • 新しい屋根材を軒先から設置していく
  • 棟板金を取りつける

4-2.費用について

カバー工法の工事にかかる費用は、業者によって異なります。事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較することで大まかな相場を知ることができるでしょう。カバー工法では、以下の項目に分けて見積金額を概算することになります。

  • 下地
  • 防水シート
  • 新しい屋根材
  • 棟板金
  • 足場
  • 諸経費

4-3.工事にかかる日数

工事にかかる平均日数は1週間前後です。もちろん、屋根の大きさや形・勾配・劣化状況・既存屋根材によって変わってきます。日曜日などは業者が休みになる場合もあるため、事前に確認しておくことを忘れないでください。

5.屋根のカバー工法に関するよくある質問

「屋根のカバー工法について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.住宅の屋根にはどのような役割があるのですか?
A.雨や強風、雪、紫外線、気温の変化から住宅を守るという役割があります。内外壁や柱などを腐食から守ることで、建物の寿命を延ばすことにもつながるのです。

Q.カバー工法と葺(ふ)き替えはどのような違いがありますか?
A.葺(ふ)き替えは現在の屋根を撤去して新しい屋根に取り替えることです。既存の屋根を残すカバー工法に比べて大規模な工事が必要になり、費用もかかります。

Q.カバー工法の工事では、騒音やホコリは出るのでしょうか?
A.ある程度は発生しますが、葺(ふ)き替え工事に比べて最小限に抑えることが可能です。

Q.屋根補修業者を選ぶ際のポイントを教えてください。
A.豊富な実績があり、料金体系が明確か、施工までのスピードが速いか、保証内容が充実しているかなどをポイントにして業者選びをしましょう。

Q.悪質な業者の特徴にはどのようなものがありますか?
A.突然訪問してきて不安をあおり、工事をすすめてくるような業者は利用しないようにしましょう。また、見積もり内容に不明確な項目がある業者も注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか? 屋根のカバー工法について詳しくご紹介しました。屋根の補修方法の中でも、カバー工法はメリットが多いといわれています。もちろんデメリットもあるため、その内容をしっかりと理解した上で考えるようにしましょう。ぜひこの記事を参考にして、ベストな方法を選んでください。