【注目】玄関リフォームで満足するには実例を参考にするのがコツ!


玄関が美しく機能的だと、外出や帰宅が楽しみになるものです。来客があっても、気持ちよく迎えることができます。また、防犯機能を高めることで日常生活に安心をもたらすことでしょう。今の玄関に不満がある場合は、リフォームで理想に近づけることができます。家全体のリフォームと比べてコスパがよい点でもおすめです。今回は、玄関リフォームについて、満足するためのコツなどを含め、詳しく解説しましょう。

  1. 玄関リフォームについて
  2. 玄関リフォームのプランについて
  3. 玄関リフォームの工事について
  4. 玄関リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、玄関リフォームに関する基本が分かり、満足度の高い結果を得ることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.玄関リフォームについて

最初に、玄関リフォームについての基本を確認しましょう。

1-1.玄関リフォームとは

玄関リフォームとは、壊れている部分を補修・補強したり、収納やバリアフリーなど新たな機能を加えたりすることを言います。家全体をリフォームせずとも、玄関が新しくなれば全体の印象がよくなるでしょう。玄関を適切にリフォームすることで、暮らしやすい家になります。

1-2.玄関の重要性

玄関は、家の顔であり第一印象に大きく影響するものです。また、毎日家に出入りをする場所であり、頻繁に使用することからも、機能性が高いことが必要になります。適切な玄関リフォームは、家の印象アップと機能の追加の両方を得ることができるため、需要が高まっているのです。玄関に何らかの不満があるときには、リフォームを考えてみましょう。

1-3.玄関をリフォームする理由について

玄関をリフォームする理由は、人それぞれです。まずは、なぜリフォームしたいのか目的をしっかり確認しておきましょう。よくある理由に関しては、以下のとおりです。

1-3-1.機能性やデザインの不満を解消したい

狭い・収納が少ない・暗い・デザインが気に入らないなど、現状の玄関に不満を抱いている人は多いものです。リフォームを行って使いやすく好みのデザインの玄関にすれば、不満を解消できます。毎日使う玄関だからこそ、リフォームする意味があるのです。

1-3-2.防犯性を高めたい

従来型の玄関では、簡単に鍵が壊されるなど、防犯性が低いものも多くあります。子どもや女性がひとりでの在宅時でも安心するためには、防犯性を高めることが重要です。たとえば、二重ロック構造の玄関ドアに交換する、玄関ドアの内側に鉄格子を設置するなどの方法をおすすめします。防犯カメラの取り付けを同時に行えば、なお安心でしょう。

1-3-3.安全性を高めたい

玄関に段差があると、高齢になったり体が不自由になったりしたときに上り下りが負担になり、またケガをする危険があります。フラットな玄関にすることで、安全性を高めることが可能です。必要に応じて手すりの設置や、靴がはきやすいようにベンチの設置も考えるとよりいいでしょう。

1-4.玄関のリフォームをしたほうがいい場合

以下の場合は、玄関のリフォームをおすすめします。

  • 玄関が暗い
  • 玄関のデザインが気に入らない
  • 塗装や素材のはがれやめくれが気になる
  • 玄関ドアの鍵に不具合がある
  • 玄関ドアの開け閉めがしにくい
  • 玄関からすき間風が入って寒い
  • 段差があるためつらい
  • 在宅介護をすることになった
  • 収納場所がほしい・広くしたい

1-5.玄関のリフォームをするメリット

玄関は、使用頻度の高い場所です。キレイになり使い勝手が向上すれば、気持ちよく暮らすことができます。また、リフォーム費用が安く済むため、費用対効果が高いのも大きなメリットです。家全体のリフォームまでは予算がなくても、玄関のリフォームだけでも行うと家の満足度がアップします。バリアフリー仕様にすれば、高齢者だけでなく、ケガや病気になった場合にも対応できる点もメリットでしょう。

1-6.玄関リフォームに関する注意点

玄関リフォームは、見た目だけでなく使い勝手や機能の向上も十分に考える必要があります。家族構成やライフスタイルに合わせて考えましょう。デザイン重視でリフォームした結果、使いづらいのでは意味がありません。経験豊富な業者に相談し、さまざまな実例を見せてもらいながら、じっくり検討してください。

2.玄関リフォームのプランについて

玄関リフォームのプランにはどんなものがあるか、最近の傾向なども併せて解説します。

2-1.玄関リフォームにはどんなものがあるか

玄関リフォームには、以下のような種類があります。

  • 玄関ドアの交換
  • 土間の修理
  • 断熱リフォーム
  • 防犯リフォーム
  • バリアフリー対応
  • 靴箱など収納の設置および拡大

2-2.玄関リフォームの最近の傾向

高齢化が進み、高齢者が自宅で安心して暮らすためにバリアフリー化するケースが増えています。足腰が悪くなると玄関の段差がつらいため、段差を少なくする・手すりや腰かけを設置するなどで対応するのです。また、在宅介護を行いやすくするためにも、車いすを入れる余裕があれば、使い勝手が向上します。そのほかでは、玄関の収納スペースを増やす人が多く、大量の靴を収納したい・コートを一時的にかけたいなどの希望をかなえるリフォームが増加中です。

3.玄関リフォームの工事について

玄関リフォームの工事について、流れ・日数・費用相場・業者選びのポイントなど、詳しく解説します。

3-1.玄関リフォームの工事の流れ

業者に玄関リフォーム工事を依頼する場合、以下のような流れとなります。

  1. 依頼者と業者で玄関リフォームに関する相談・見積もり依頼をする
  2. 必要に応じて業者が現場視察を行う
  3. 依頼者の希望と現場視察の結果を考え、業者が見積もりを出す
  4. 依頼者が見積もりを確認し、合意すれば正式に契約する

3-2.玄関リフォームに必要な日数

玄関リフォームでは、玄関ドアの交換や簡単な土間修理などは、半日~1日程度で終わることが多くなります。ドア枠の交換や収納の設置などで大きな設計変更を伴う場合は、7日以上かかることもあるでしょう。なお、工事中は玄関を使うことができないため、裏口などから出入りする必要があります。実際にどの程度玄関を使うことができないかについては、業者に確認しておきましょう。

3-3.玄関リフォームの費用相場と内訳

玄関リフォームの費用相場は、以下を参考にしてください。内訳は、材料費・工事費・古い資材の撤去費・そのほかの雑費となります。

  • 玄関ドアの交換:10万円程度~
  • 土間の修理:5万~20万円程度
  • 断熱リフォーム:50万~80万円程度
  • 防犯リフォーム:5万~80万円程度
  • バリアフリー対応:10万~50万円程度
  • 靴箱など収納の設置および拡大:10万~30万円程度

なお、リフォーム内容によって費用は大きく差があります。詳しくは、業者に見積もりをもらって確認してください。

3-4.玄関リフォームの費用を安く抑えるコツ

玄関リフォームの費用を抑えるには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 安い材料を使う
  • 必要な部分だけリフォームする
  • 工事費用の安い業者に依頼する

ただし、仕上がりにこだわるのなら、安さだけで選ぶと後悔する原因になります。安い費用でも腕がいいと評判の業者に予算を伝え、最適なプランを提示してもらいましょう。

3-5.リフォーム業者選びのポイント

玄関リフォームは、信頼できる業者に依頼することが大切です。具体的には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 玄関リフォームの実績が豊富
  • 実例を見せながら依頼者の希望に添った提案ができる
  • 見積もりが迅速で無料
  • 工事費用がリーズナブル
  • 希望の工期に配慮してくれる
  • スタッフの対応が親切で丁寧
  • 顧客からの評判がいい
  • アフターフォローが充実している

なお、当造研でも、玄関リフォームをお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

3-6.玄関リフォームの工事に関する注意点

玄関リフォームの工事は、費用の安さだけで業者を選ばないことが大切です。激安価格で工事ができても、品質やサービスが悪ければ不満が残ります。業者選びは、費用と工事品質などのバランスを見て選ぶべきです。まずは、見積もりを依頼したときの態度で見極めましょう。依頼者の立場になって考えることができる業者なら、契約を必要以上に急ぐことはありません。また、依頼者からの質問には誠意を持って分かりやすく回答してくれます。契約を取りたいだけ・必要のない工事まで無理にすすめてくる業者は、見送りましょう。理想の玄関リフォームを実現するには、業者とのこまめなコミュニケーションが必要です。やり取りをしていて不安を覚えるようなら、ほかの業者に改めて依頼したほうがいいでしょう。

4.玄関リフォームに関するよくある質問

最後に、玄関リフォームに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.収納を増やすと玄関が狭くなるのでは?
A.元の玄関に広さによっては、収納を増やした分狭く感じることもあります。しかし、省スペース型の設計を採用すれば、玄関の狭さを感じずに収納を増やすことも可能です。まずは、業者に相談してみてください。玄関のデッドスペースを見直したり、収納グッズをうまく取り入れるなどの工夫も必要です。

Q.在宅介護がしやすい玄関リフォームのコツは?
A.最も大切なのは、介護を受ける人の立場になって考えることです。同時に、介護をする人に使いやすいことも忘れないでください。段差をなくすことは基本です。手すりの位置は、介護を受ける人の体格に合わせる必要があります。また、間口や玄関スペースに十分な広さを確保することも介護のしやすさに大きく影響するので覚えておきましょう。

Q.玄関リフォームの見積もりは複数の業者に依頼してもいいですか?
A.構いません。見積もりの段階ならば問題ないため、数社に候補を絞ってから依頼しましょう。見積もり依頼の対応には、業者の質が出るものです。いい加減な対応をしたり、態度が悪かったりしたときは、契約を見合わせましょう。誠実な対応で、迅速に見積もりを出すところなら安心して依頼できます。

Q.業者の見積もりより請求が大幅に高くなる場合の理由は?
A.理由はさまざまですが、業者に理由を確認してみましょう。追加工事が必要になった・見積もりよりも工事が長期化したなどの理由が多いものです。誠実な業者であれば、工事費用が高くなることが分かった時点で、依頼者に確認してくれます。依頼者の同意なしに工事を行う業者にも問題があるでしょう。いずれにしても、費用の支払いに関しては業者とよく相談してください。

Q.玄関リフォームの仕上がりが気に入らないのでやり直してほしい場合は?
A.まずは、業者に連絡し、不満がある点を伝えましょう。明らかに業者の落ち度であった場合は、すぐにやり直してもらえるはずです。しかし、色合いがイメージと違ったなど、業者の落ち度と言えない場合は難しいでしょう。理想的な仕上がりに近づけるためには、リフォーム前によく業者と相談して、疑問や不安をなくしておくことが大切です。

まとめ

今回は、玄関リフォームについて詳しく解説しました。玄関は、家の顔として重要な役割を持っています。リフォームを行うことで、美しく機能的な玄関にしましょう。しかし、満足度の高い結果を得るためには、どんな仕上がりにしたいのかを明確にすることが大切です。信頼できる業者によく相談し、たくさんの実例を見せてもらいながらじっくり考えてみてください。理想に近い状態にするためにも、不明な点があるときは業者に確認をし、クリアにしておくこともポイントです。