【必見】窓をリフォームしたい人集まれ! 工事内容や費用を詳しく!


窓のリフォームをしたいと思っても、どんな窓にするべきか、どこに依頼するべきかよく分からないこともあるでしょう。せっかくリフォームするのですから、信頼できる業者を選んで満足できる仕上がりを手に入れたいものです。そこで、今回は、窓リフォームについて工事内容や費用を含め、詳しく解説します。

  1. 窓について
  2. 窓リフォームとは?
  3. 窓リフォームのポイント
  4. 窓リフォームの工事や費用について
  5. 窓リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、窓リフォームに関する基本が分かり、満足のいく工事を依頼することができます。まずは、記事をじっくり読み進めてみてください。

1.窓について

最初に、窓の主な種類や重要性・よくある悩みごとについて解説します。

1-1.窓の種類は?

窓には多くの種類があります。主なものは、以下を参考にしてください。

  • 引き違い窓:2枚以上のガラス戸をレールの上を滑らせることで開閉するタイプ
  • すべり出し窓:窓の片側を軸にして、スライド・回転をするように開閉するタイプで、縦型と横型がある
  • 上げ下げ窓:ガラス戸を上下にスライドすることで開閉するタイプ
  • 掃(は)き出し窓:大型で床面までに達する引き違いタイプ

1-2.窓の重要性や悩みごとについて

窓は、家の中でも重要な役割を持っています。窓のおかげで、外部から光や風が入り、明るく快適な暮らしを実現しているのです。窓がない部屋は、暗く湿気やすくて気分がふさいでしまうことでしょう。しかし、窓にもさまざまな悩みごとがあるものです。たとえば、断熱性に乏しいと、エアコンの効きが悪かったり冬場の結露に悩まされたりします。防音性が低ければ、外部からの騒音が気になるだけでなく、家の中からの音漏(も)れも心配です。古い窓は防犯性に欠けるため、不審者の侵入も不安材料となるでしょう。

2.窓リフォームとは?

窓リフォームについてどんなものか、行った方がいい場合やメリットなどを含め、詳しく解説します。

2-1.窓リフォームとは?

窓リフォームにもさまざまな種類があります。最近の窓は、省エネ効果・防音効果・防犯効果などに優れていることが特徴です。リフォームすることで快適な暮らしのために役立つことでしょう。リフォーム方法にも、ガラスの取り替えや内窓の設置など希望によって多くのバリエーションがあります。どんな方法がよいか、業者とよく相談して決めるといいでしょう。

2-2.窓リフォームをした方がいい場合

以下の場合は、窓リフォームを積極的に考えてみましょう。

  • 窓にすき間があって風が入る
  • ​エアコンが効きにくい
  • 窓枠の腐食が進んでいる
  • 冬場の結露がひどい
  • 窓のデザインを変えてリフレッシュしたい
  • 防犯が気になる

2-3.窓リフォームのメリット

窓リフォームには、多くのメリットがあります。断熱効果の高いものにすれば、エアコンの効きがよくなり光熱費の節約になるでしょう。結露しにくくなるのもポイントです。また、防音性の優れた窓にすることで騒音が気にならなくなります。窓の外側に鉄格子を取り付けたり2重窓にしたりすれば、防犯性が高まるので安心です。しかし、最大のメリットは、通常のリフォームよりも安上がりで家の性能を高めることができ、コストパフォーマンスにに優れる点となるでしょう。

2-4.自分で行う窓リフォームについて

窓リフォームは、簡単なものなら自分で行うことも可能です。たとえば、開閉金具をレバー式に取り替えることで開け閉めがしやすくなります。すき間が気になるときは、市販のすき間テープを使用して対応することも可能です。ガラス部分にデコレーションをすれば、季節感を取り入れることもできるでしょう。ただし、断熱効果や防音効果を取り入れたいのなら、業者に依頼することをおすすめします。

3.窓リフォームのポイント

窓リフォームのポイントを学びましょう。知っておくべきことや実例紹介・そのほかの注意点などを解説します。

3-1.窓リフォームで知っておくべきことやポイント

窓リフォーム行うためには、以下のポイントを整理しておくといいでしょう。

  • 窓の大きさや形状
  • 期待する機能(断熱性・防音性・防犯性など)
  • 窓の場所
  • 開閉の方法
  • 予算

3-2.窓リフォームの実例を紹介

窓リフォームの実例を3つご紹介するので参考にしてください。

3-2-1.従来の窓から断熱窓に変えて光熱費が下がった例

従来の窓では、サッシが劣化し全体的にすき間ができている状態でした。そこで、断熱効果の高い窓に交換し、エアコンの効率がよくなって光熱費を下げることを可能にしたのです。断熱窓に交換したことで、同時に冬場の結露の悩みも解消しています。

3-2-2.風呂場の窓リフォームで防犯性をアップした例

風呂場が道路側にあるため、防犯で不安が残る状態を鉄格子つきの窓にリフォームした例です。さらに、ガラス戸を透けにくいタイプの素材に変更したことで、入浴中の安心を保証しています。特に女性にとっては、必要不可欠な機能でしょう。

3-2-3.内窓の設置で子どもの騒音が気にならなくなった例

小さな子どもがいる家庭では、何かと騒音が心配になります。騒音問題は、近所づきあいに大きな影響を与えるため、軽視できないものです。そこで、内窓を設置し2重構造にした結果、子どもの声や足音が漏(も)れが気にならなくなりました。

3-3.窓リフォームに関するそのほかのこと

窓リフォームで理想のイメージがわきにくいときは、市販のインテリア雑誌や新築物件のチラシなどを眺めるといいアイデアが浮かぶことがあります。また、業者に相談して多くの実例を見せてもらうのも効果的です。満足できる仕上がりを手に入れるためには、あらゆる情報源を活用しましょう。

3-4.窓リフォームに関する注意点

窓のデザインを重視し過ぎると、実際に工事をして部屋の雰囲気とバランスが悪くなることがあります。もちろん、デザインは大切ですが、部屋との調和や機能性も考えて選びましょう。また、家の条件によっては、希望の窓の取り付けが実現できないこともあります。できるだけ理想の窓リフォームに近づけるためにも、業者とよく相談しアドバイスをもらうといいでしょう。

4.窓リフォームの工事や費用について

窓リフォームの工事や費用について、詳しく解説します。工事の流れや日数の目安・費用内訳や安くするためのコツ・業者選びのポイントなど、しっかり学びましょう。

4-1.窓リフォーム工事の流れ

窓リフォーム工事の流れは、以下を参考にしてください。

  1. 業者が窓リフォームの現場を確認・採寸する
  2. 業者と依頼者でどんなリフォームをするか相談する
  3. 業者から見積もりが出る
  4. 依頼者が見積もりをチェックし、正式契約をする
  5. 依頼者の希望日時に窓リフォーム工事を行う
  6. 工事終了後、業者と依頼者で最終確認をして完了

4-2.窓リフォームの工事日数の目安

窓リフォームの工事日数は、以下を目安にしてください。ただし、正確な日数に関しては、業者に確認しましょう。

  • ガラス交換だけ:1日
  • 内窓の設置:1日
  • サッシ交換:1週間程度

なお、サッシ交換でも従来の枠を残し、新たなものを内側に作る「カバー工法」も存在します。カバー工法の場合の工事日数は、1~2日が目安です。

4-3.窓リフォームの工事費用の内訳

窓リフォームの工事費用は、以下のような内訳になります。

  • 古い窓の取り外し工事費
  • 古い窓の処分費
  • 新しい窓の取り付け工事費
  • 新しい窓の材料費

このほかにも、業者によって、費用請求が上がることがあります。不明な点があるときは業者に確認してください。

4-4.窓リフォームの工事費用を安く抑えるためには?

窓リフォームの工事費用を安く抑えるためには、以下の点を参考にしてください。

  • 安い材料を使う
  • リフォーム工事費用が安い業者に依頼する
  • 繁忙期以外に工事を依頼する(工事費用がお得になることがある)
  • 各種補助金を受けて工事する

単に費用を抑えることだけを考えると、低品質な仕上がりになる可能性があります。安くても、誠実で高品質な窓リフォームを提供している業者を選び、相談することが一番です。なお、タイミングがよければ窓リフォームで補助金を受けることができる場合あります。詳しくこちらをチェックしてみてください。

4-5.窓リフォームの業者選びのポイント

窓リフォームは、優良業者に依頼することが成功のコツです。以下のポイントをチェックして信頼できるところを選びましょう。なお、当造研でも、数多くの窓リフォームをお受けしています。ガラスだけの交換から本格的なサッシ交換など、何でもご相談ください。

4-6.窓リフォームの工事や費用に関する注意点

窓リフォーム工事を行う業者の中にも、不当に高い金額を請求するところがあります。特に、訪問や電話で勧誘をしている業者には注意しましょう。依頼者の希望を無視して、単価の高いリフォーム内容ばかりをすすめてくることがあります。また、契約を交わした後の態度が悪かったり低品質な工事を行ったりなど、トラブルが起きやすいものです。リーズナブルな費用で満足できる結果を手に入れたいのなら、業者選びはじっくり行ってください。

5.窓リフォームに関するよくある質問

最後に、窓リフォームに関するよくある質問に回答します。それぞれを参考に、満足できる結果をつかんでください。

Q.今の窓の位置を変更する場合、工事日数の目安は?
A.窓の位置を変更する場合は、少なくとも1~2週間程度の工事日数を目安にするといいでしょう。新しく窓を設置する場所の工事と、現在窓があるところの工事を行う必要があるため、工事日数が長くなるはずです。実際にかかる日数は、業者に確認してください。なお、場合によっては工事期間中、部屋を使えなくなることがあるので心得ておきましょう。

Q.窓リフォーム後に不満があるときの対応策は?
A.まずは、業者に連絡をし、何が不満なのかを伝えることが大切です。フォローが必要ならば、きちんと対応してもらいましょう。不満を残したままにすることは一番いけないことです。誠意のある業者なら、しっかり対応してくれます。なお、話し合いをしても解決できない場合は、国民生活センターなどの第三者機関に入ってもらってもいいでしょう。

Q.見積もりは複数の業者に依頼しても問題ないですか?
A.見積もりだけなら、問題ありません。見積もりの内容を比較し、最もお得で信頼できると判断したところと契約しましょう。ただし、早めにどの業者と契約するか決めてください。契約する業者はもちろん、見合わせる業者にもきちんと連絡を入れましょう。

Q.窓リフォームは何年に1回を目安にすればいいですか?
A.窓の寿命を約15年と考えれば、10~15年に1回はリフォームを考えることをおすすめします。しかし、寿命に満たなくても何かしらの不具合や不満が出てくるものです。毎日快適に生活するためにも、不具合や不満を感じるようになったタイミングでリフォームを考えるといいでしょう。

Q.窓リフォームの費用はクレジットカード払いにできますか?
A.支払いに関しては、業者の取り扱い方法を確認しておきましょう。業者によっては、クレジットカードやショッピングクレジットを利用できるところもあります。ただし、現金での支払いが主流であることは事実です。

まとめ

今回は、窓リフォームについて、工事内容や費用を含め、詳しく解説しました。窓は、家の快適性を高めるために重要な意味を持っています。断熱効果や結露防止など、機能性を求めることも可能です。また、窓リフォーム工事で実績が多く、信頼できる業者に相談することで、満足のいく仕上がりになります。窓リフォームは、安心して任せることができる業者に依頼してください。