【必見】寝室リフォームはこれで納得! コツと事例を詳しく解説!


寝室が快適であることは、安眠を確保するためにも必要な条件です。1日の疲れをしっかりと取り、翌日に残さないためにも、寝室の不満はリフォームで改善しましょう。今回は、寝室リフォームで理想の仕上がりを手に入れるために必要な知識を詳しく解説します。ポイントやコツ、業者の選び方など、必ず役に立つ内容です。

  1. 寝室の基本を学ぼう
  2. 寝室リフォームについて
  3. 寝室リフォームのポイントをチェック
  4. 寝室リフォームのプランを立てよう
  5. 寝室リフォームの工事や費用について
  6. 寝室リフォームにかんするよくある質問

この記事を読むことで、寝室リフォームに必要な知識が身に付き、理想の寝室を手に入れることができます。また、実際の事例や注意点も交えて解説するので有益です。まずは、内容をひとつずつ確認しながら読み進めてください。寝室リフォームで失敗したくない人は、必見ですよ。

1.寝室の基本を学ぼう

最初に、寝室の基本を学びましょう。重要性や必要なものについて解説します。

1-1.寝室とは

寝室とは、1日の終わりに就寝をするために設けた部屋のことです。寝室が独立していることもあれば、仕事部屋兼寝室など、2つ以上の機能を持つこともあります。寝室は、良質な睡眠を実現し、1日の疲れを取り去るためにも必要な部屋です。最近は、夫婦でも別々の寝室を持つ家庭も増えています。

1-2.寝室の重要性について

寝室が理想的な状態なら安眠を確保できます。睡眠は、健康を維持するために大切なことです。体に合った寝具を用意するだけでなく、寝るために必要な条件を満たす環境も必要となります。健康な生活を送るためには、食事・運動とともに、睡眠が重要な意味を持つことを認識してください。寝室を整えることは、生活の質を上げるためにも重要なのです。

1-3.寝室に必要なもの

寝室に必要なものについて考えてみましょう。設備・機能・そのほかのものについて、解説します。

1-3-1.設備

寝室には、以下の設備が必要になります。デザインの好みや実用性の高さをポイントに、じっくり選びましょう。

  • 寝具(ベッド・布団・マットレスなど)
  • 照明器具
  • 空調設備(エアコン・扇風機・加湿器など)
  • 収納
  • 鏡台(特に女性の場合)

1-3-2.機能

寝室としての主な機能は、快適な睡眠・起床を実現するためにも軽く見ることはできません。たとえば、照明器具は明る過ぎると寝室には不適当です。眠りを心地よく誘うようなあかるさのものを選びましょう。また、窓と寝具の位置もよく考える必要があります。朝日が差し込む方角をチェックして、自然に起床を促すようにするとベストです。

1-3-3.そのほかのもの

睡眠前の時間を楽しみにしている人もいるでしょう。たとえば、テレビ鑑賞・映画鑑賞・読書などですね。必要に応じて、テレビ・DVDプレーヤー・本棚などを導入することも検討しましょう。ただし、いろいろと欲張り過ぎると寝室とリビングの区別が付かなくなるので気を付けてください。

2.寝室リフォームについて

寝室リフォームについて、理由・した方がいい場合・メリットを詳しく解説します。それぞれのポイントを理解してください。

2-1.寝室リフォームをする理由は?

寝室では、家にいる時間の3分の1から半分程度を過ごすことになります。快適な空間であることは、安眠確保のためにも必要なことです。しかし、何らかの理由で不満を抱いていると睡眠不足になったりストレスが高まったりします。寝室リフォームは、健康な毎日を送るためにも必要不可欠だと考えましょう。

2-2.寝室リフォームをした方がいい場合

以下の場合は、寝室リフォームをした方がいいでしょう。理想の寝室を実現するためにも、不満がある点を確認してください。

  • 外部の騒音がうるさい(防音性が無い)
  • 安らぎを感じることができない
  • よく眠ることができない
  • 収納が少なくてものがあふれている
  • 介護が必要な家族がいる

2-3.寝室リフォームをするメリット

寝室リフォームの主なメリットは、下記のとおりです。

  • 快適な睡眠を取ることができる
  • キレイで清潔な環境を実現できる
  • 寝室で過ごす時間が楽しくなる
  • 安眠できることで健康や美容にいい
  • ストレスが溜(た)まりにくくなる

3.寝室リフォームのポイントをチェック

寝室リフォームのポイントを詳しく解説します。必要なことを学ぶだけでなく、実例も参考にして理想の仕上がりを考えましょう。

3-1.安眠・健康に配慮しよう

照明についても考えましょう。なお、メインの照明だけでなく、適宜、間接照明を導入することでセンスのいい部屋に仕上がります。また、寝具や家具の配置も重要です。照明の位置や窓の位置によっては、まぶしくて支障があることがあります。なお、寝室は安眠を確保するという目的が最優先となることを忘れないでください。希望を取り入れつつも、安眠のために最も理想的な条件となるよう、業者とよく相談しましょう。

3-2.収納や家具も考えよう

寝室であっても、収納や家具は必要です。布団や予備のシーツ・枕・パジャマなどを収納することを考え、余裕のある収納スペースを考えましょう。また、寝室にはベッドサイドテーブルや鏡台などがあると便利です。寝る直前の時間を楽しく快適に過ごすための家具を選びましょう。

3-3.寝室リフォームの実例について

寝室リフォームの実例を見ることは、とても参考になります。特に大がかりなリフォーム(和室から洋室・洋室から和室など)を行うときには、どんな工事が必要か・どんな内装や家具がピッタリなのか実例を見ながら決めていきましょう。豊富な実績のある業者なら、過去の実例をたくさん持っているものです。相談の段階で見せてもらってください。

3-4.寝室リフォームにかんする注意点

リフォーム工事中は、寝室を使うことができません。工事中にどこで寝るかについては、しっかり検討しておきましょう。日数によっては、短期賃貸マンションやビジネスホテルなどを利用することも考えてください。また、リフォーム工事が完了と同時に寝具を買い替える予定の人は、手配を忘れないようにしましょう。せっかく理想の寝室ができあがっても、寝具が用意できなかったというのでは困ります。

4.寝室リフォームのプランを立てよう

寝室リフォームのプランを具体的に立てていきましょう。和室・洋室別、寝室の構成品、介護・バリアフリーのリフォームについてなど、詳しく解説します。

4-1.和室・洋室別のリフォームポイント

寝室が和室か洋室かでリフォームポイントが異なります。特に、部屋の種類と寝具との関係を決めておきましょう。

  • 和室の場合:布団を敷くかマットレスなどを置くかどうか・ベッドを導入するかどうか
  • 洋室の場合:ベッドの位置はどうするか・布団やマットレス対応にするかどうか

和室には布団・洋室にはベッドという決まりはありません。和室でも、ベッドを導入すれば和洋折衷(せっちゅう)の寝室になります。また、和室から洋室へ・洋室から和室へリフォームすることも可能です。自分たちのライフスタイルや好みに合わせて検討しましょう。

4-2.壁・床・防音・収納はどうする?

壁や床の素材は、見た目だけでなく防音対策をするかどうかも重要なポイントです。特に、夫婦で使う場合や小さな子どもがいる場合は、防音に気を付けましょう。床材や壁材を防音性の高いものにするほか、防音工事をすることも考えてみてください。また、寝室にも収納は必要です。十分な収納スペースを確保することで、いつでもスッキリと片付いた寝室を実現できますよ。

4-3.介護・バリアフリーのリフォームについて

高齢や病気のため、また、家族の介護が必要になったときには、バリアフリーにリフォームすると快適です。入り口は、引き戸にして廊下との段差をなくしましょう。適切な位置に手すりを付け、床は滑りにくい素材にしてください。そのほかにも、介護を受ける人と介護をする人が動きやすい配置を心がけましょう。なお、介護のためにバリアフリーにリフォームするときは、担当のケアマネージャー(介護サービスの取りまとめ役)に相談してください。工事費用にかんして、介護保険から補助金が出ることがあります。

4-4.寝室リフォームのプラン作りに必要なそのほかのこと

ただ寝るためだけの部屋にするか、読書・映画鑑賞などをできるようにするかなど、目的によって適した照明が異なるものです。まずは、寝室にどんな機能を求めるのか確認してください。また、理想のイメージがあってもうまく表現できないときは、実例を参考にするといいでしょう。信頼できる業者に相談して、さまざまな実例を見せてもらってください。理想の寝室にするためのヒントが見つかることでしょう。

5.寝室リフォームの工事や費用について

寝室リフォームの工事や費用について必要な知識を学びましょう。信頼できる業者の選び方も解説しますから参考にしてください。

5-1.寝室リフォームの工事の流れ

寝室リフォームの工事は、おおよそ以下の流れで進みます。

  1. 業者に寝室リフォームの相談・見積もり依頼をする
  2. 依頼者の立ち会いのもと、業者が現場確認を行う
  3. 業者から見積もりが出る
  4. 見積もりを確認して工事内容・金額に納得できたら正式に契約する
  5. 寝室のリフォーム工事が始まる
  6. 完成後、依頼者のチェックを終えて完了する

5-2.寝室リフォームに必要な大体の日数

寝室リフォームは、おおよそ1週間から1か月程度見ておきましょう。床や壁など、面積の広い場所のリフォームをする場合は、日数がかかるものです。具体的に何日かかるかについては、業者の見積もりを確認してください。なお、実際には当初の計画どおりに工事が進むとは限りません。工事完了までの日数は余裕を見ておきましょう。

5-3.寝室リフォームの費用内訳について

寝室リフォームの費用で主なものは、以下のとおりです。

  • 解体・廃材撤去費
  • 材料費(床材・壁紙・照明器具など)
  • リフォーム工事費

このほかにも、必要に応じて電気工事費や雑費などが計上してあることがあります。見積もりの内容で不明な項目があるときは、業者に説明を求めましょう。

5-4.費用を安く抑えるポイントは?

寝室リフォームの費用を抑えるには、以下のポイントを参考にしてください。

  • 壁材・床材など安いものを使用する
  • 工事費用が安い業者に依頼する
  • 複数の業者に見積もりを依頼して比較する

できるだけ安く抑えたい気持ちもわかりますが、「安かろう・悪かろう」では困ります。リフォーム費用と品質のバランスがいい業者を探しましょう。

5-5.寝室リフォームの業者選びのポイント

寝室リフォームは、信頼できる業者に依頼すると満足度の高い仕上がりになります。以下のポイントをチェックしてじっくり選んでください。

  • 寝室リフォームの実績が豊富
  • リフォーム内容のセンスがいい
  • 親身になって相談に応じてくれる
  • 見積もりは無料で行っている
  • リフォーム工事費がリーズナブル
  • 品質が高い仕上がりで評判がいい
  • 希望の工期にできるだけ合わせてくれる
  • 無理に契約を急いだり不安をあおったりしない

なお、当造研でも、寝室のリフォームを中心に多くの皆さんからご好評を得ています。ぜひ、ご検討ください。

5-6.寝室リフォームの工事や費用にかんする注意点

悪徳業者の中には、依頼者に不必要な工事をすすめて高額な費用請求を行うところもあります。また、工事の質が悪く、満足する仕上がりにならないこともあるでしょう。業者選びでは、何よりも信頼できるところを選んでください。電話勧誘や営業車での巡回で無理に契約を取ろうとする業者には十分に注意し、焦って契約しないようにしましょう。

6.寝室リフォームにかんするよくある質問

最後に、寝室リフォームにかんするよくある質問に回答します。理想の寝室を実現するためにも、それぞれ確認しておきましょう。

6-1.リフォーム工事中は毎日立ち会う必要がありますか?

寝室リフォームは、1週間から1か月程度の日数が必要となります。仕事などの都合で、毎日立ち会うことは困難な人も多いでしょう。また、在宅している場合でも工事中ずっと立ち会うことはできません。基本的には、必要なところで確認するだけで問題無いはずです。しかし、まったく立ち会わないのも困ります。きちんと依頼どおりの工事を行っているのか、チェック目的のためにも工期中に数回は立ち会うようにしましょう。

6-2.寝室リフォームの工期が遅れる理由にはどんなものがありますか?

現地視察だけでわからなかった問題が明らかになったなど、追加工事が必要は場合は工期が遅れることがあります。また、自然災害などの影響で工事不可となる可能性もあるでしょう。当初の予定より数日遅れまでは、許容範囲と考えてください。ただし、業者からの説明を受けて正当な理由があることを確認しておきましょう。

6-3.見積もりで提示があった金額より大幅に高いときは支払いを拒否できますか?

業者から見積もりのあった費用と、工事完了後に改めて清算した費用とでは、差が出ることはよくあります。しかし、大幅に高くなったときは正当な理由があるかどうか、業者に説明してもらいましょう。依頼者に相談もなく勝手に追加工事を行ったなど、問題があるときは、支払いを拒否できることもあります。問題をスムーズに解決するためにも、業者の「お客様相談窓口」だけでなく、第三者機関の相談窓口を利用するといいでしょう。

6-4.リフォーム工事開始後でも仕様変更はできますか?

もちろん、リフォーム工事開始後でも仕様変更は可能です。しかし、依頼者都合の変更のため、新たにリフォーム費用が発生します。仕様変更をする必要が本当にあるのかどうか、再度考えてみてください。いずれにしても、本当に変更をする必要があるのならすぐに業者に連絡しましょう。

6-5.狭い寝室が広く見えるコツは?

寝室のリフォームでも、現在の部屋の広さを変更できない場合は、以下のテクニックを使ってみましょう。

  • 家具やベッドを壁に沿って配置する
  • デッドスペース(ベッド下など)を収納のために活用する
  • 壁紙・カーペット・家具の色調を白や明るいベージュなどにする
  • 不用品をこまめに処分して必要なもの以外を置かない

まとめ

今回は、寝室リフォームに必要な知識をあらゆる点から解説しました。理想の寝室を実現するためには、細かなポイントまできちんとプランを立てておくことが大切です。業者任せにしてばかりではいけません。また、信頼できる業者を選ぶことも、満足できる仕上がりのために必要です。毎日の疲れを取り、安眠できる寝室にするためにも、記事を参考にして、理想の寝室にするためには何が必要か、いろいろと検討してみてください。