マンションのひび割れで悩む人へ! 修繕工事を詳しく解説!


マンションのひび割れは、住民に大きな不安を与えます。また、耐久性に疑問が出るだけでなく、見た目も悪くなるため、資産価値が下がることも悩みです。マンションのひび割れは、できるだけ早く修繕工事をしましょう。今回は、マンションのひび割れで悩む人のために、修繕工事の方法を含め、具体的に解説します。ひび割れの種類や原因を突き止め、適切な工事をしましょう。

  1. マンションのひび割れとは
  2. マンションのひび割れについて
  3. マンションのひび割れ修繕工事について
  4. マンションのひび割れ修繕工事の詳細
  5. マンションのひび割れ修繕の業者選びについて
  6. マンションのひび割れにかんするよくある質問

この記事を読むことで、マンションのひび割れ工事にかんする知識が身に付き、適切な対応ができます。また、信頼できる業者の選び方を学ぶことで、仕上がりも満足できることでしょう。まずは、マンションのひび割れや工事にかんする基本をひとつずつ身に付けるために読み進めてみてください。

1.マンションのひび割れとは

最初に、マンションのひび割れについて基本を確認します。ひび割れの種類や原因だけでなく、放置することのリスクを学びましょう。

1-1.マンションの構造・素材について

マンションは鉄筋コンクリート造で建てられています。大きな建物で強度を保つためには、鉄筋コンクリート造が最も適しているからです。素材別の分類は、下記を参考にしてください。

  • S造:鉄骨
  • RC造:鉄筋コンクリート
  • SRC造:鉄骨鉄筋コンクリート

なお、3種類の中ではSRC造が最も頑丈です。

1-2.マンションのひび割れとはどういうものか

マンションのひび割れとは、外壁や基礎の部分が何らかの理由によってひび割れている状態です。建物自体に大きな衝撃が加わらなくても、経年変化でひび割れが発生します。そのため、数年に1度はひび割れ修繕工事が必要になると考えてください。マンションとひび割れは、切っても切れない関係なのです。

1-3. ヘアークラックと構造クラックについて

マンションのひび割れは、主に2種類に分けることができます。

  • ヘアークラック:幅0.2mmから0.3mm程度のもの
  • 構造クラック:幅0.3mm以上・深さ0.5mm以上のもの

上記のうち、ヘアークラックであればごく表面のひび割れであるため修繕も楽です。また、深刻なものではありません。しかし、構造クラックは深いひび割れであるため、場所や程度によってはすぐに修繕工事が必要なこともあります。

1-4.マンションのひび割れの原因とは

マンションの材料には、コンクリートが使われています。コンクリートは温度変化によって膨張や収縮を繰り返す性質があるため、表面塗装に柔軟性が無いとひび割れてしまうのです。特に、寒暖差が激しい時期にはひび割れが発生しやすくなります。なお、基礎や柱にひび割れが入ると建物の強度にかかわるので注意しましょう。

1-5.マンションのひび割れを放置するとどうなるか

マンションのひび割れを放置すると、範囲が広がるなど深刻な状態に移行することがあります。また、ひび割れた部分から雨水が浸入するとコンクリートなどの劣化につながり、建物の強度を弱めてしまい危険です。表面塗装の剝(は)げも広がるため、外観も悪くなります。小さなひび割れであっても、できるだけすぐに修繕してしまうことが確実な方法です。

2. マンションのひび割れについて

マンションのひび割れを発見したときにするべきことを解説します。今すぐ対応するべきものか、チェックしてみましょう。

2-1.ひび割れを発見したらまずすることとは

ひび割れを発見したときは、まずどこの部分にひび割れが起きているのか確認しましょう。外壁の表面にできているのか、基礎に近い部分にできているのかによっても状況が異なります。特に基礎部分のひび割れは、マンションの強度にかかわる問題であるため、発見したらすぐにマンションの管理組合もしくは管理会社に知らせましょう。

2-2.ひび割れの度合いをチェックしよう

ひび割れを観察して、以下のポイントをチェックしてください。

  • ひび割れの長さはどれぐらいか
  • ひび割れの深さはどれくらいか
  • ひび割れ以外に塗装が浮いている部分は無いか
  • そのほか気になるポイントは無いか

観察後は、簡単でもいいのでメモ書きに残しておくと便利です。

2-3.ひび割れの症状を確認しよう

ひび割れの症状で、水が漏(も)れているときは深刻な状況と考えることができます。どこからか水が浸入して、ひび割れ部分から漏(も)れているとなると外壁の内部の劣化を疑う必要があるからです。また、水の色も重要で、透明ならば比較的新しい水であり、雨水や水道管の亀裂から出たものと考えることができます。しかし、茶色っぽい色であったときは錆(サビ)を含んでいる証拠と考え、コンクリート内部の鉄筋の劣化も疑いましょう。

2-4.ひび割れ対策について自分でできることはあるか

表面塗装が浮いた程度のごくわずかなひび割れの場合は、自分で補修することも可能です。たとえば、ホームセンターなどにはDIYで外壁を補修するためのツールを売っています。何らかの事情で工事費用を出すことができない場合は、応急処置として試みてもいいでしょう。しかし、素人の応急処置では根本的な問題を解決できません。特に、基礎や柱の部分のひび割れは自分で対応しようとせずに、業者に相談してください。

3.マンションのひび割れ修繕工事について

マンションのひび割れ修繕工事について解説します。修繕工事の具体例を学び、適切な工事を行えるようにしましょう。

3-1.ひび割れ修繕工事が必要な場合とは

ひび割れは自然に直ることは無く、悪化する一方です。見た目にもはっきりとひび割れがわかる状態や、深いひび割れになっているものは修繕工事を行いましょう。ひび割れを放置すると雨水が入り込み、マンション内部の劣化を早めたり外観を損なったりする原因となります。早めに対策することで、工事費用も必要日数も最低限に抑えることができるはずです。

3-2.ひび割れ修繕工事の具体例や種類

ひび割れ修繕工事は、主に「爆裂補修」「外壁クラック補修」「エポキシ樹脂注入」の3種類の方法によって行います。それぞれについて解説するので理解しておきましょう。

3-2-1.爆裂補修

爆裂とは、鉄筋が膨張してコンクリートのひび割れを起こすことです。マンション内部に鉄筋を使っていると、経年変化によって錆(さび)が生じます。さらに、膨張して外側(がわ)のコンクリートを押し出した結果、ひび割れができるというわけです。なお。爆裂補修は内部の鉄筋の錆(さび)止め処理を行う必要があります。

3-2-2.外壁クラック補修

外壁クラック補修とは、Uカット工法とも言われる方法です。具体的には、クラック部分をU字にカットして内部をキレイにしてからシーリング材を注入します。シーリング材が硬化した後、表面を整えて塗装をして完了です。

3-2-3.エポキシ樹脂注入

ひび割れた部分に、エポキシ樹脂を注入することで補修する方法です。エポキシ樹脂が硬化した後で、表面塗装を行えば美しく仕上がります。軽度のひび割れの場合は、エポキシ樹脂注入で対応となることも多いでしょう。

3-3.ひび割れ修繕工事にかんするそのほかのこと

応急処置として、補修材を塗り込むだけの方法や、防水シールを貼り付ける方法もあります。たとえば、業者との間でどうしても工期の都合が付かないときなどに、一時的に利用することも可能です。ただし、あくまでも一時的なものであるので、できるだけ早くきちんとした対応をしてください。

3-4.ひび割れ修繕工事にかんする注意点

ひび割れを表面だけで判断し、安く工事ができると考えるのは大間違いです。表面は大したことが無いひび割れでも、調べてみると内部に深い亀裂が走っていることもあります。特に、鉄筋コンクリート造のマンションで、築年数が数十年経過している場合は注意が必要です。信頼できる業者にきちんと調べてもらい、適切な修繕工事を行ってもらいましょう。

4.マンションのひび割れ修繕工事の詳細

マンションのひび割れ修繕工事について、費用や工事期間など詳しく解説します。住民の費用負担についても理解しておきましょう。

4-1.ひび割れ修繕工事の費用や工事期間

修繕工事に必要な費用は、以下を目安にしてください。

  • ヘアークラック:数万円程度から
  • 構造クラック:数十万円から数百万円程度

工事期間については、ヘアークラックでごく簡単な修繕の場合は、数時間から半日程度で完了です。しかし、広範囲のものや構造クラックの修繕になると、数日間から数か月程度の期間を必要とすることもあります。工事期間中は、塗料の臭(にお)いや工事車両の出入りなどで生活に支障が出ることがあるので、いつからいつまで工事をするのかきちんと確認しておきましょう。

4-2.ひび割れ修繕工事の主体は?

ひび割れ修繕工事は、マンションの管理会社が主体となって行います。ただし、賃貸の場合は家主に、分譲住宅の場合は持ち主に、工事の確認を取ることは必要です。説明によって外観や耐久性を保つために必要なことが理解できれば、納得してもらえます。

4-3.住民の費用負担について

マンションのひび割れ修繕工事は、基本的に住民が費用負担をすることになります。修繕費用は一括徴収するのではなく、毎月管理費用として積み立てている金額の中から出すことになるのが通常です。実際には、管理組合が中心となり、費用負担の内容について住民の賛同を得る必要があります。

5.マンションのひび割れ修繕の業者選びについて

ここでは、業者選びのポイントや工事費用の節約方法などについて詳しく学びます。満足できる仕上がりを得るためにも、しっかり目をとおしておきましょう。

5-1.業者選びのポイント

信頼できる業者を選ぶためには、下記のポイントを満たすところを選べば間違いありません。

  • マンションのひび割れ修繕工事で豊富な実績がある
  • ひび割れ修繕工事の技術力が高い
  • 無料で見積もりを行っている
  • 工事費用がリーズナブル
  • 工期の希望をできるだけ優先してくれる
  • 工事内容などの説明が丁寧でわかりやすい
  • 質問などの対応で感じがいい
  • アフターフォローが充実している
  • ​顧客の満足度が高い

なお、当造研でもマンションのひび割れ修繕工事において高評価をいただいています。静岡県西部を中心に活動していますのでぜひご検討ください。

5-2.マンションのひび割れ工事費用の節約方法

マンションのひび割れ工事費用は、思わぬ出費となるものです。管理費の積立金から出すことができるとしても、できるだけ抑えたいのが本音でしょう。たとえば、業者によっては足場を組まない方法でひび割れ工事を行ってくれます。足場は、作業員の安全を確保するために多くの業者で組みますが総額で100万円以上になることもあり、負担になるのも事実です。まずは、業者に足場を組まないで工事ができないかどうか相談してみてください。

5-3.業者の無料見積もりを利用しよう

ひび割れ修繕工事を行うときは、業者の無料見積もりを利用すると便利です。信頼できる業者ならば、依頼してから最短で見積もりを発行してくれるでしょう。見積もりが届いたら下記の内容をチェックしてください。

  • 日付や社印が入った正式なものであるか
  • 工事内容は依頼どおりか
  • 工事費用が予算内もしくは納得できる範囲か
  • 不明な項目で費用計上していないか
  • そのほか不明な点は無いか

見積もりをチェックして不明な点があるときは、必ず業者に連絡して説明を受けてください。記載ミスなどは、速やかに訂正してもらいましょう。なお、見積もりは複数の業者に依頼してかまいませんが信頼できる業者に限定してください。

5-4.マンションのひび割れ修繕工事はアフターフォローが大切

マンションのひび割れ修繕工事後は、問題が無いか定期的にチェックをすることが重要です。ひび割れ補修が不完全な状態では、すぐに同じような状態になります。万が一不具合があった場合でも、アフターフォローが行き届いた業者を選んでおけば安心です。また、工事内容に問題が無くても、何かあったときの安心感を得ることができます。

5-5.マンションのひび割れ修繕工事の申し込み方法

ひび割れ修繕工事の申し込みは、電話・FAX・メールなど業者指定の方法で連絡することから始まります。以下は、流れの目安です。

  1. 依頼者から連絡後、業者から返信が届く
  2. 状況に応じて業者が現場確認にやってくる
  3. 業者からひび割れ修繕工事の見積もりが届く
  4. 見積もり内容に納得した場合は正式に工事を申し込む

なお、「ひび割れの状況」「工事費用の予算」「希望納期」「質問事項」の4点を整理してから業者に連絡を取るとスムーズに話が進みます。

5-6.マンションのひび割れ修繕工事にかんするそのほかの注意点

マンションのひび割れ修繕工事の満足度は、業者選びの段階で決まると言っても過言ではありません。たとえば、工期を守らない・手抜き作業をする・いい加減な態度を取るなどの業者に依頼することは避けてください。特に、工事費用の安さだけに重点を置いて業者選びをすると失敗しやすくなります。安くても信頼できる業者はいますがさまざまなポイントでチェックして慎重に選ぶことが大切です。

6.マンションのひび割れにかんするよくある質問

最後に、マンションのひび割れにかんするよくある質問に回答します。ひび割れを適切に修理するためにも、ひとつずつ確認しておきましょう。

6-1.ひび割れ修繕工事は雨降りでも可能ですか?

基本的には、雨が降っている間は工事を行いません。特に、塗料を使用した工程は雨降りに行わないものです。そのため、梅雨(つゆ)など雨が多い時期の工事は、工期が遅れがちになることを理解しておきましょう。

6-2.絶対にひび割れない外壁塗装は無いのですか?

コンクリート造のマンションである限り、外壁塗装はほぼひび割れます。コンクリートの性質によるものなので、避けることはできません。絶対にひび割れないものがあれば、引っ張りだことなるでしょう。しかし、現時点では存在しないと考えてください。なお、どんなものにも耐用年数があります。ひび割れなくても、材質の劣化によって寿命を迎えるものであることを認識しておきましょう。

6-3.マンションのひび割れ修繕工事に住民が反対した場合は?

まずは、話し合いの場を設けましょう。住民との間に、行き違いが発生している可能性があります。話し合いの場では、「なぜマンションのひび割れ修繕工事を行う必要があるか」をきちんと伝えることが大切です。また、費用分担についても明快な説明ができるようにしておきましょう。正当な理由で工事を行うことを住民に理解してもらえるまで、説明し続けてください。

6-4.マンションの専有部分のひび割れ修繕費用も共同負担なのですか?

専有部分のひび割れ修繕工事は、基本的に個人負担となることが多くなります。ただし、管理組合から補助が出ることもあるので調べてみましょう。なお、賃貸マンションの場合は、すべて共有部分と考えるため、共同負担することになります。

6-5.ひび割れ修繕工事の内容や仕上がりに不満がある場合の窓口は?

仕上がりに不満足な場合は、工事のやり直しができないか連絡してみましょう。明らかに業者に落ち度があるときは、やり直してもらえる可能性があります。しかし、契約どおりの工事を行っているにもかかわらず、何らかの理由で不満がある場合は困難です。業者との話し合いで問題解決できないときは、第三者機関に入ってもらって問題解決を試みましょう。たとえば、国民生活センターの消費生活センターに相談することをおすすめします。

まとめ

今回は、マンションのひび割れについて詳しく解説しました。現時点で、鉄筋コンクリート造のマンションでひび割れを防ぐのは困難と言えます。そのため、ひび割れが生じたときに適切な処置ができるかどうかが大切です。ひび割れを発見したら、すぐに修繕工事をしましょう。放置することは、マンションの美観を損ねるだけでなく、強度に問題を残します。また、資産価値も下がってしまうことでしょう。マンションにひび割れは付きものと考え、都度、対応していくことが賢明です。