外壁のひび割れに困っている人へ!原因と補修法を解説!


家の外壁がひび割れていると、見た目も良くない上に、雨漏りの心配も出てきますよね。
今回は、皆さんが気になる外壁のひび割れについて、原因と対処法を伝授しましょう。
記事を読めば、ご自宅のひび割れの原因と、必要な対処法がわかりますよ!

  1. 外壁のひび割れの種類と原因
  2. 外壁のひび割れの種類別補修方法
  3. こんな外壁のひび割れは専門業者に依頼しよう
  4. まとめ

自宅の外壁のひび割れを的確に直すためにも、早速お読みください。

1.外壁のひび割れの種類と原因

外壁のひび割れにも、さまざまな種類があり、原因もまちまちです。
まずは、外壁のひび割れの種類とそれぞれの原因について、学んでいきましょう。

1-1.ヘアクラック

表面の塗装部分に起きるひび割れで、髪の毛のように細い外観から、「ヘアクラック」と呼ばれます。
一見して、きれいな外壁でも、近づいてよく観察するとたくさん発見できることでしょう。
「ヘアクラック」の主な原因のひとつは経年変化で、下地の膨張伸縮度に表面の塗膜部分が耐えられなくなって発生します。

1-2.乾燥クラック

乾燥クラックとは、先に乾燥していた表面塗膜に対し、素地(そじ)部分が後から乾燥することで起きるクラックのことです。
乾燥クラックについては、施工期間が短期の場合によく発生するクラックと言えるでしょう。
原因は、素地(そじ)を十分に乾燥させないまま、もしくは、乾燥させる時間を十分に取らないままに、表面塗装を施すことです。

1-3.構造クラック

構造クラックは、見た目にもひび割れの幅が大きいことが特徴的なクラックです。
外壁のひび割れの種類でも、最も注意が必要なタイプと言えるでしょう。
構造クラックを引き起こす原因には、地震による振動のほか、地盤のもろさや、基礎コンクリート強度の不足、クラック部分への過重、などがあります。
放置すると、地震や何らかの振動によりクラック部分広がると、建物強度が下がり、危険性が高まるので、早急な修繕が必要と言えるでしょう。

1-4.縁切れによるクラック

縁切れによるクラックとは、湿式材料の塗り継ぎ部分のひび割れを指します。
塗装は、時期をずらして施すと、乾燥速度を一定に保つことができません。
縁切れによるクラックは、外壁にコンクリートやモルタルを塗布する際に、何らかの原因で作業の中断をせざるを得ない場合に、よく起こります。
また、一部だけ塗り直し作業をした際にも、起こりやすいクラックと言えるでしょう。

2. 外壁のひび割れの種類別補修法

外壁のひび割れの種類と原因を学んだところで、次は種類別の補修法を見ていきましょう。
ひび割れの種類に合わせた補修法を行わないと、余計に状態を悪化させてしまうこともあります。
ここで、しっかり確認しておきましょう。

2-1. ヘアクラックの補修法

ヘアクラックは、ごく細い表面塗膜部分だけのクラックです。
そのため、今すぐに建物強度を脅かす種類のものではありません。
ヘアクラック自体は幅が細いので、クラック部分を市販のスプレー式補修材やチョーク式補修材を使用して、簡易的に修繕できます。
より見栄えを重視したり、強度面で不安が残ったりする場合には、専門業者に相談してみると良いでしょう。

2-2. 乾燥クラックの補修法

乾燥クラックには、表面塗装の下の素地(そじ)部分の乾燥が終われば、現在以上に広がることのない性質があります。
そのため、基本的にはヘアクラックと同様に、スプレー式の補修材やチョーク式の補修材を使用した方法で考えて構いません。
ただし、ひび割れの状態によっては、自己補修することで外観を損ねる場合もあります。
ご自身での補修に不安が残る場合は、やはり業者に相談するのが一番ですね。

2-3.構造クラックの補修法

構造クラックの補修については、素人判断せず、最初から業者に依頼するべきでしょう。
というのも、構造クラックは、それ自体が建物強度を弱くする危険性が高いからです。
また、雨漏りも発生しやすく、建物内部の腐食も進行させてしまう可能性を否めません。
構造クラックの場合は、表面のみだけでなく、内部にまでクラックが及んでいないか、ほかにも補修部分がないか、入念に調査をするべきです。
特に、幅が3ミリ以上の構造クラックについては、早急に業者依頼での補修を考えましょう。

2-4.縁切れによるクラックの補修法

縁切れによるクラックは、発生範囲により、また状態により、自己補修で問題ないこともあります。
ですが、塗装中の作業中断などで起こった場合は、クラック部分が広範囲に及ぶ場合が多くなるでしょう。
外観的な問題も含め、こちらも業者に依頼するのが賢明と言えそうですね。

3.こんな外壁のひび割れは専門業者に依頼しよう

外壁のひび割れにも、補修材などを使って自分で直すレベルのものから、業者に依頼したほうが良いものまで、さまざまです。
実際に、どちらが良いかを判断する基準について、チェックしましょう。

3-1.自己補修だと外観的に満足のいかないもの

家の外壁にひび割れがあると、何より見た目の美しさが劣ります。
新築であっても、築年数がたっているように見えますし、ほかの人から見ても古い家だという印象がぬぐえません。
また、家の持ち主があまり修繕に関心がないのだな、と思われることもあるでしょう。
この場合は、仕上がりの美しさを重視するのなら、専門業者に依頼したほうが良いと判断します。
修繕部分が広範囲だったり、部分的に離れていたりすると、自分で修繕するのは至難の業でしょう。

3-2.ひび割れにより建物内部の劣化を進めるもの

外壁にクラックがあることで、最も心配になるのは、雨水の浸入でしょう。
多少の雨量なら、それほど問題はなくても、降雨量や降り方によっては、クラック部分から雨水が内部に侵入する可能性も否めません。
雨水が内部に侵入すると、内壁材を腐らせ、建物強度が落ちます。
また、シロアリなどの害虫による食害も誘発しますので、ひび割れの幅が広いタイプの場合は、専門業者に依頼して適切な対応を取るべきでしょう。

3-3.建物強度を脅かす可能性が高い種類のもの

構造クラックなど、それ自体が建物強度を大幅に低下させる恐れがある場合は、早急に専門業者に依頼をするべきです。
このまま放置すると、さらにひび割れが大きくなって状態は悪化するばかりでしょう。
また、大きな地震があると、最悪の場合には、建物が傾いたり、倒壊したりする恐れもあります。
今のうちに、危険なクラックは補修を行っておきましょう。

4.まとめ

家の外壁に発生するひび割れは、ごく表面だけのものから、建物強度を脅かす危険なものまで、さまざまに存在します。
もう一度、ひび割れの種類と原因による、補修について考え方をまとめておきましょう。

  • ヘアクラック程度の軽いものなら補修材で自己補修も可能
  • 自己補修か業者依頼かの判断基準は建物強度への関係で判断
  • 危険度が高いひび割れは早急に業者に補修以来を行う

もしも、少しでも不安が残るようならば、自己判断は禁物です。
面倒がらずに、専門業者に依頼して、しっかりと補修を行いましょうね。