夏暑いうえに冬寒い家の特徴とは?快適な家にする方法はあるの?


夏涼しく冬暖かい家、というのが多くの方にとって理想の家でしょう。
実際に、このような意味のキャッチコピーで、家を販売しているメーカーもあります。
では逆に、夏暑く冬寒い家とはどんな家なのでしょうか?
そこで、今回は「夏暑いうえに冬寒い」家の特徴をご紹介します。
こんな家を建ててはいけない、という参考にしてください。
これから家を建てたいという方や家を断熱リフォームしたいという方は必見の記事。ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 家の暑さ、寒さはどこで決まるの?
  2. 夏暑い、冬寒い家はどうしてできる?
  3. 住み心地のよい家を造る方法とは?
  4. おわりに

1.家の暑さ、寒さはどこで決まるの?

家の暑さ寒さ、というのは気密性と断熱性によって決まるのです。
伝統的な日本家屋は、家の中に間仕切りが少なく、屋内と屋外を仕切るのは開け閉めができるしょうじやふすまになります。
ですから、気密性が低く、湿気もこもりにくいというメリットがあるのです。
また、風向きに合わせて家に涼風を入れられます。
ですから、夏が涼しく過ごせるのです。
しかし、その反面冬はしょうじやふすまをしめ切っても、どこからか隙間風が入ってきて寒いでしょう。
一方ヨーロッパの家は壁で囲まれていて、窓は明かりとり程度という家が少なくありません。
また、ドアや窓をしめ切ってしまえば気密性が高くなり暖房器具の熱が効率よく部屋を暖めるようにできているのです。
その反面、真夏の昼は熱気がこもりやすくうだるように暑くなります。
このように、各国の伝統的な造りの家というのは、その地域の気候に合わせて造られているのです。
現在は技術が発達し、エアコンがあれば家じゅうを温めたり冷やしたりできるようになりました。
それでも、夏に暑くなりやすい家や冬は底冷えのする家はあります。
それはいったいなぜでしょうか?
それを、次の項でご説明しましょう。

2.夏暑い、冬寒い家はどうしてできる?

この項では、夏暑く冬寒い家の特徴をご紹介します。
気密性が高ければ、外気温に関係なく家の中が快適、ということはないのです。

2-1.断熱材が入っていない家

断熱材というのは、快適な温度になった空気を屋外に出さないためのものというイメージがあります。
しかし、断熱材の働きはそれだけではありません。
屋外の暑さや寒さを防いでもくれるのです。
建築資材によっては、外気の影響を受けやすいものがあります。
一例をあげるとトタンとコンクリート。
トタンは熱を吸収しやすいので、断熱材が入っていないトタン屋根の家は暑くなりやすいです。
一方、コンクリートは一度冷えるとなかなか温まりません。
ですから、冬は暖房をつけても底冷えがする家になってしまうのです。
築30年以上の古い家の場合は、断熱材が入っていない家も多く、冷暖房が効きにくいでしょう。

2-2.断熱材が正しく入っていない家

断熱材は、内壁と外壁の間に入れればよいというものではありません。
正しく断熱材を入れなければ、効果が発揮できないのです。
現在、「高気密、高断熱」を売りにしている住宅は少なくありません。
しかし、断熱材の入れ方が正しくなければ単に「風通しの悪い家」になってしまいます。
日本は高温多湿の気候です。
ですから、断熱材が真価を発揮できなければ、カビが大発生することもあるでしょう。
きちんと実績のある工務店に施工を依頼することが大切です。

2-3.空調がききにくいデザインの家

たとえば、天井が高い家は開放感があり、実際よりも広く見えます。
また、天窓があれば日中はずっと日が差しこむでしょう。
ですから、「天窓があって天井が高い家」にあこがれている方もいると思います。
また、都会の住宅街では周りの建物の状況しだいで日当たりがよくない土地もあるでしょう。
そんな土地に家を建てる場合も、建築士から天窓を提案されることもあります。
しかし、空気は温かいほど上にたまりやすいです。また、天窓は夏になると直射日光が降りそそぎます。
ですから、通常の住宅と同じような設備だと、エアコンがききにくく夏暑く冬寒い家になるでしょう。
同じようなことが、コンクリート打ちっぱなしの家などにも言えます。
デザインに工夫を凝らすならば、空調の位置や空気の撹拌(かくはん)、さらに遮光なども気を配りましょう。
天井が高い家の場合は、天井扇(シーリングファン)などをつけたりすれば、適温の空気が部屋中を巡回しやすいです。

3.住み心地のよい家を造る方法とは?

では、住み心地がよい家を造るにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.家を建てる地域の気候に合わせた設計にする

日本は南北に長いため、地域ごとに気候が異なります。
寒さが厳しい場所もあれば、冬でも温暖な場所もあるでしょう。
逆に、夏でも夜は涼しい場所もあれば夜間でも気温が下がらない場所もあります。
ですから、どちらの季節をより過ごしやすい造りにするかを決めれば、断熱方法も決まりやすいでしょう。
たとえば、寒さの厳しい地域では、暖房がききやすい高気密、高断熱の家が住みやすいです。
逆に、湿気が多く冬もそれほど気温が下がらない地域では、通気性を重要視したほうが住みやすい家になるでしょう。

3-2.実績のある業者に依頼する

前述したように、高気密、高断熱の家はまだ日本では新しい部類の技術です。
ですから、実績のない工務店に依頼すると、お金をかけた割には住み心地の悪い家になってしまうかもしれません。
また、断熱材を隙間がないように詰めこんだだけでは湿気の逃げ場がなくなり、断熱材にカビがはえる可能性もあります。
ですから、高気密、高断熱の家を造りたいならば、実績のある施工業者に依頼しましょう。
今は、ホームページで実績を公表している工務店も多いです。

3-3.デザインに工夫を凝らす場合は、過ごしやすい工夫も凝らす

前述したように天井が高い家や、コンクリート打ちっぱなしの家などは快適に過ごせる工夫をする必要があります。
空調の位置や種類などを、よく考えて決めましょう。
可能ならば、同じようなデザインに家に住む人の暮らし方を参考にしてください。
エアコンの一ひとつで、空調のききがかなり変わってくることもあります。
また、冬に冷えやすい家は床暖房などを強力なものにするとよいでしょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、夏暑く冬寒い家の特徴などをご紹介しました。
まとめると

  • 断熱材の入っていない家は、冬寒いばかりでなく夏暑い。
  • 断熱材が正しく入っていなくても、夏暑く冬寒くなる。
  • デザインを凝った家にしても、エアコンがききにくくなる。

ということです。断熱材は入れればよい、というわけでもありません。
正しく入れなければ意味がないのです。
また、今は外断熱といって家全体をすっぽりと断熱材でくるむ工法もあります。
しかし、この方法はしっかりと湿気を逃すような造りにしないと、断熱材が湿気でカビだらけになってしまうでしょう。
さらに、伝統的な日本家屋をデザインそのままでリフォームしたいという場合は、窓を二重窓などにしない限り断熱が難しい場合もあります。
そのようなケースは、床暖房を入れるなど足元を温める工夫をしましょう。
足元が温かければ、冬の寒さがだいぶましになります。
また、天井付近に断熱材を入れるだけでも、夏の暑さが緩和されるでしょう。