壁断熱リフォームで快適な住宅を手に入れよう!


住宅の快適性は間取りやインテリアによって大きく変わるものです。

しかし、住宅にとって最も重要な快適性は快適な“快適な室温を保つことができる住宅”といえるでしょう。

快適な室温を保つためには“エアコン”などの空調設備や“ヒーター”などの暖房設備が重要です。

空調設備や暖房設備を効率にするためにも“住宅の断熱”は非常に重要なものといえるでしょう。

しかし、住宅の断熱の効率を高めるだけでも、住宅は非常に快適でエコになるのです。

住宅を快適にする、壁や床の断熱リフォームについて詳しくご紹介しましょう。

目次

  1. 住宅に断熱が必要な理由
  2. 断熱リフォームの種類とは?
  3. 断熱リフォームを検討しよう!
  4. まとめ

1.住宅に断熱が必要な理由

1-1.住宅の断熱は快適な住宅への近道

住宅を快適にするためには、家具やインテリアなども重要ですが、最も優先順位の高い要素は“住宅の温熱住環境”を改善することです。

温熱住環境は、快適に過ごせる住まいの環境を指しています。

住宅の温度や湿度などを一定に保つことは、生活の快適にする大切な環境といえるでしょう。

住宅の温熱環境を改善するために必要なのが“断熱”です。

住環境を改善するための断熱について詳しくご紹介しましょう。

【暖かい室温を保つ断熱】

断熱は“熱を逃がさない”というイメージをしますが、住宅の断熱もこのイメージと同様と考えて良いでしょう。

住宅の断熱効果として最も現れるのは、冬に暖めた室内の温度を外に逃がさないという効果です。

断熱効果によって暖房効率が高まり“少ない電力”“少ない燃料”で室内を暖めることができます。

【夏の冷気を閉じ込める】

断熱は冬に効果的なイメージがありますが、夏にも効果を発揮します。

夏の場合には、エアコンによって冷やした室温を保ち続ける効果があるのです。

断熱リフォームによって冷却効果を高めることは、夏の電気代を節約するためのエコリフォームといえるでしょう。

1-2. 断熱リフォームは電気代・燃料を節約するエコリフォーム

断熱リフォームは、少ない光熱費で効率的に住宅を暖めることができます。

エコリフォームとしても注目を集めており、国のおこなう“住宅エコポイント”でも外壁・床・天井の断熱リフォームが対象です。

断熱リフォームの利点は、断熱によって電気代・燃料などの光熱費を節約できることにあります。

電気代・燃料で快適な室温を保つことなどのメリットのあるリフォームなのです。

2.断熱リフォームの種類とは?

2-1.断熱リフォームの種類とは?

断熱リフォームは施工をする場所によって効果や特徴が異なります。

断熱リフォームの種類について詳しくご紹介しましょう。

【内壁断熱】

内壁に断熱効果のある壁材を施工するのが“内壁断熱”です。

内壁だけを断熱リフォームすることは少なく、外壁断熱と併用して断熱効果を高めます。

【外壁断熱】

外壁断熱リフォームは外壁を取り除き、壁内に断熱材を詰めます。

壁内の断熱が十分な場合には、外壁だけの施工も可能です。

断熱リフォームのなかでは外壁断熱が一般的な施工といえるでしょう。

【床断熱】

壁に加えて床からの熱や冷気を遮断するための断熱リフォームが床断熱です。

床下での施工ができない場合には、床を取り除いて施工します。

【基礎断熱】

主に寒冷地などで採用しているのが基礎断熱です。

基礎断熱は湿気対策が非常に重要で、床暖房を併用した湿気対策をします。

【断熱サッシ】

サッシの断熱リフォームでは“真空断熱サッシ”などの断熱サッシを使用して断熱リフォームをおこないます。

壁や床の断熱リフォームに加えて、サッシの断熱リフォームをすることで住宅の断熱性能を高めることができるのです。

断熱リフォームでは、壁・床・サッシなど複数の断熱リフォームを組み合わせることで断熱性能を高めることができます。

2-2. 断熱材の種類

断熱リフォームでは断熱材の選択も非常に重要になります。

それぞれの特徴について詳しくご紹介しましょう。

【グラスウール】

断熱材のなかでは非常に一般的です。

綿のようなガラス繊維を使用しており、断熱材のなでも非常に安価な部類に属します。

経年劣化も少なく非常に取り扱いの簡単な断熱材です。

【ウレタンフォーム】

クッションや寝具などに使用するスポンジ状の断熱材です。

工場で形成したウレタンフォームのほかにも、“吹き付けによる現場発泡”タイプもあります。

最近では、現場発泡タイプのウレタンフォームが一般的です

【ポリスチレンフォーム】

ポリスチレンフォームは、発泡スチロールの断熱材です。

建材おして使用するポリスチレンフォームは難燃剤を添加しており、一般的な発泡スチロールよりも硬いという特徴があります。

【フェノールフォーム】

熱硬化性樹脂を使用した断熱性や難燃性が高く非常に高性能な断熱材です。

断熱材としては、やや高価であることが欠点といえるでしょう。

【セルロースファイバー】

新聞紙からリサイクルした繊維状の断熱材です。

湿気に強く、エコな断熱材として注目を集めています。

新聞紙が原料ですが、難燃処理をしているので火災でも安心です。

3.断熱リフォームを検討しよう!

断熱リフォームは計画的に考えることが大切です。

機能性だけを求めるのも良いのですが、安心できる空間を実現することは心の安寧にもなります。

断熱リフォームは計画的に相談できる業者を選ぶことで、自分の理想の空間を形にできるのです。

リフォームの施工事例などを参考に、自分に最適なリフォームについて考えることから断熱リフォームを検討してみましょう!

まとめ

断熱リフォームは生活を快適にすることのできるエコリフォームの一つです。

壁や床の断熱リフォームについてまとめていましょう。

【断熱材の効果】

  • 冬の暖房効率を高める
  • 夏の冷房効果を高める
  • 電気代・燃料などの光熱費を節約できる

断熱リフォームは、快適さを体感することのできるリフォームです。

しかし、断熱リフォームを効果的に利用するためには“断熱材の種類”や“リフォームの種類”などを上手に選ぶ必要があります。

【断熱リフォームの種類】

  • 内壁断熱リフォーム:外壁と同時におこなうのが一般的
  • 外壁断熱リフォーム:一般的な断熱リフォーム
  • 床断熱リフォーム:床に断熱材を施工するリフォーム
  • 基礎断熱リフォーム:主に寒冷地でおこなわれる断熱

断熱リフォームには、さまざまな種類があります。

最適な断熱リフォームは住宅によって異なるので、計画性を持って断熱リフォームを考えることが大切です。

断熱リフォームを計画的に進めるためには断熱材の種類を知ることも重要といえるでしょう。

【断熱材の種類】

  • グラスウール:一般的な断熱材で安価
  • ウレタンフォーム:現場で発泡するタイプが主流の断熱材
  • ポリスチレンフォーム:発泡スチロールの断熱材
  • フェノールフォーム:性能の高い断熱材で高価
  • セルロースファイバー:新聞紙が原料のエコ断熱材

どのような種類の断熱リフォームをどのような断熱材を使用しておこなうのかは、専門家と相談して決めることが重要です。

快適な住宅を手に入れるためにも、総合的なリフォームを相談できる業者を選び、自分の求めるイメージに合わせた理想の空間を計画してみましょう。