キッチンを変えたい人、必見! キッチンリフォームの時期と注意点


生活の場として活躍するキッチン。人の食を支える場所の1つです。家族で使うのか、1人で使うのかで使用頻度も変わってくると思います。
キッチンに対する意識が変わると今まで気付かなかった細かいところまで気になるもの。そのとき、キッチンのリフォームを考えるでしょう。しかし、自分の使い勝手だけでリフォームをすると思わぬ結果になることも多いです。
この記事ではキッチンのリフォームの時期と注意点をご紹介します。

目次

  1. キッチンリフォームを考えるとき
  2. キッチンリフォームでできること
  3. リフォーム失敗談
  4. リフォームの注意点
  5. まとめ

1.キッチンリフォームを考えるとき

1-1.修理などが必要なとき

コンロや水回りに何らかの支障が出たときはリフォームをするタイミングです。
家の内装にも寿命があります。水回りは大よそですが10~15年辺りが限界と言われているのです。
キッチンに不満がある場合は故障してしまったついでにリフォームを考えてみましょう。

1-2.ライフサイクルの変化に合わせたとき

家族構成が変わることでキッチンに求められる機能も変わります。家に住む人・人数の変化に合わせてキッチンの大きさや機能のリフォームを考えましょう。

1-3.自分の欲求を満たす機能が欲しいとき

生活をする中でキッチンを使う時間が増えれば「ああしたい」、「こうしたい」という願望が増えるはず。
自分の欲しい機能を追加するためにリフォームを考えてもいいでしょう。

1-4.キッチン以外のリフォームに合わせる発想

キッチンのリフォームを考えたとき、トイレやお風呂にも不具合が出ていることが多いです。リフォームを考えるときは別の場所との兼ね合いを考えるのがおススメ。
リフォームを思い付きだけで行うと無駄な費用が出て無駄が多くなります。
また、一部分だけが新品となると全体のバランスも悪くなるので気を付けましょう。

2.キッチンリフォームでできること

キッチンをリフォームすることで得られる効果は利便性だけではありません。この項目ではキッチンリフォームにより得られることをまとめてみました。

2-1.雰囲気の変更

キッチンにはさまざまなスタイルがあります。

  • クローズドタイプ…料理のにおいが他室に流れないのがメリット。
  • セミオープンタイプ…料理をしながら子どもに配慮できるキッチン。また、収納できるスペースを確保できるメリットもある。
  • オープンタイプ…空間を広く使うことができて家族との会話や配膳が楽になる。

また、キッチンのリフォームを考えることで部屋全体のレイアウトやスタイルを変更することができるのです。部屋全体のスタイルを変更すると費用も掛かります。しかし、思いきって雰囲気を変えることも大事なポイントです。

2-2.充実した機能

リフォームを行うことで古いキッチンにはなかったオーブンや収納機能をプラスすることができます。また、最近ではレンジフードや換気扇・グリルの手入れがしやすいタイプがあるのです。
キッチン周りの掃除はしやすいのに越したことはありません。リフォームするならメンテナンスの側面もチェックしておきましょう。

2-3.自分にあったレイアウトにできる

キッチンの使いづらさに作業場の高さにあります。リフォームをすればキッチンを自分にとって使いやすい高さへと変更することができるのです。
また、コンロ位置や冷蔵庫などのレイアウトを変更することもできます。自分が使っているキッチンの不満点を考えた上で変更したい点を考えておきましょう。

3.リフォーム失敗談

キッチンを自分の思う形にリフォームするのは1つの夢。しかし、あまりに自分の願望ばかりかなえてしまうと失敗することになります。ここでは、実際にあった失敗談をご紹介。

3-1.大型シンクにして失敗

シンクを大きなものにしたのはいいのですが料理スペースできる場所を確保し忘れたケースです。
コンロや食器洗い機なども取り付けたのに調理スペースを取り忘れることはよくある事例と言えます。実際に材料や盛り付けするときのことを想定しましょう。

3-2.冷蔵庫の搬入ができない

キッチンをリフォームしたのはいいのですが冷蔵庫の買い替えができないケース。
キッチンに入るためのスペースが狭過ぎると冷蔵庫の買い替えがうまくいかないことが考えられます。キッチンのリフォームと共に冷蔵庫のことも考える必要があるでしょう。

3-3.油料理で滑る床になった

リフォームと共に床もリフォームしたケース。
キッチンリフォームと共に床をタイル状のものにすると油料理で滑るようになってしまいます。
タイルにすれば掃除をしやすいですがデメリットの発生を計算していないパターンです。

3-4.少しの移動で予算オーバー

キッチンには水道などの配管があります。そのため、キッチンの場所を変えることになると費用が多くなることが多いです。ちょっとした移動で予算オーバーになることは非常に多いケース。
また、換気扇などの位置は基本的に工事できないことが多いので注意しておきましょう。

3-5.カウンターを木の材質にした

リフォームのときにサービスカウンターを木材にする人がいます。しかし、ぬれたものを頻繁に置くと早い段階で黒ずんでしまうのです。
サービスカウンターは食材だけでなく調理中にさまざまなものを置くことができるスペース。木材にしてもいいですが水に強い素材を選ぶことを忘れないようにしましょう。

3-6.日当たりが良過ぎるキッチン

キッチンに明るさを取り入れようとして日が当たり過ぎ、気温が上昇してしまうケース。
キッチンの気温が上がり過ぎると作業に集中できません。また、食材を置くのに不便なスペースとなってしまいます。日光を取り入れるときは風通しや日よけを考えるようにしましょう。

3-7.収納スペースを確保し過ぎた

収納スペースをたくさん作って失敗するケース。
収納スペースを作り過ぎたり奥行きがあったりすると二度と使わないものが溜(た)まることになります。自分が普段使う道具や食材を考えてスペースを作りましょう。
また、スペースが余っているときには自分で食料庫や道具の整理をするようにします。

4.リフォームの注意点

リフォームをするのであれば失敗はしたくないもの。ここでは、リフォームを失敗しないための注意点をご紹介します。

4-1.自分の使っているキッチンを知る

新しいキッチンのことばかり考えるのではなくて現在使っているキッチンのことを把握しておきましょう。現在使っているキッチンを知ることでメリット・デメリットを把握することができます。
メリットはそのまま生かしデメリットを消すことができるキッチンを目指しましょう。

4-2.ほかの場所に配慮する

家のリフォームをするときはほかの場所との兼ね合いを考えましょう。家のリフォームは一部分だけのように見えますが家全体に影響を与えます。ほかの部屋やキッチンの将来性を踏まえて考えましょう。
また、ほかの場所を踏まえていないと費用ばかり重なって無駄となります。

5.まとめ

いかがでしたか?
この記事ではキッチンのリフォームに関する情報を中心にお届けしました。さいごに、リフォーム時に注意したいことをまとめておきましょう。

  • キッチンは10~15年ほどで変える必要がある。
  • キッチンは機能だけでなくレイアウトを変更することができる。
  • 自分の願望だけでリフォームすると失敗することになる。
  • キッチンだけでなく部屋・家とのバランスを考える。

キッチンは食事を作る大事な場所。リフォームをするときは快適な空間となるように失敗談を踏まえて夢のキッチンを目指しましょう。