老後を快適に暮らすために! バリアフリーリフォームをする時に気を付ける点


老後マンションのエントランスや一戸建ての玄関付近で緩やかな傾斜や手すりなどのバリアフリーリフォームがされているのを見たことがあるでしょうか。あまり親しみのない人は、なんとなくお年寄り向けの仕様かなという程度の認識だと思いますが、いざバリアフリー工事の依頼をする時はどのような点に気を付けるべきか見ていきましょう。
今バリアフリー工事を考えている人も、まだいいと言う人も、いずれ考える時は来るので、その時に参考にしていただけると思います。

目次

  1. バリアフリーリフォームについて
  2. 家族全員が住みやすい家
  3. バリアフリー工事はどのように進めるべきか
  4. バリアフリーリフォームならではの注意点

1.バリアフリーリフォームについて

1-1.バリアフリーリフォーム

バリアフリー住宅とは、障害物の無い家と言う意味になり、車いすや松葉杖でも自由に家の中を動き回れる住まいです。

バリアフリーリフォームと一口に言っても、床の段差を解消する、手すりを取り付ける、ドアを押しドアでなく引き戸にする、などの小さ目のリフォームから廊下の幅を広げるような大掛かりなリフォームまで様々あります。

1-2.バリアフリーリフォームの難しい点

バリアフリーリフォームの難しいところは、今はまだ健康体で必要がないのに将来のために工事をするところにあります。将来のすべてを見据えて工事をすることは、実は難しいことで、予定していた状況とは変わってしまった、ということがあるのです。大がかりなバリアフリーリフォームをしたけれども実際歳を老いて使用する段階になれば手すりが不要であった、わざわざ付けたのに邪魔になるだけだったというケースもあります。

1-3.バリアフリーリフォームに対する補助金制度

介護が必要となって時は、住まいのバリアフリー化は緊急課題です。バリアフリーの工事に対しては、自治体により独自の補助金制度を設けているところがあります。また障害者として認定を受けている人は、ほとんどの自治体でバリアフリー工事に補助金が適用されています。補助金はどのくらいかある自治体を例にします。詳しくはお住まいの市町村で調べてください。細かい規約により補助金が変わりますので、事前の市町村の窓口で相談してみましょう。

2.家族全員が住みやすい家

まずはバリアフリーということを意識せず、その家に住む家族全員が暮らしやすい家であることが必要ですよね。全員が安全に暮らす基本のリフォームを考えてみましょう。

2-1.敷居など床の段差を解消するミニスローブを設置する

ドアの敷居の小さな段差は、車椅子の通行に邪魔になるだけでなく、小さな子供や妊娠中の女性やお年寄りにとっても非常に危険な場所になります。
段差解消のバリアフリーリフォームは、年齢によらず全ての家族にとって必要なリフォームになります。

2-2.浴室の段差を解消するためにすのこを敷く

浴室の床の段差はすのこを敷くと解消できます。すのこが動くと設置したのに逆に危険なので、動かないように滑り止めシートを敷く、もしくは動く隙間ができない位敷き詰めます。掃除のことを考えると、一枚の大きなすのこではなく分割タイプのすのこを利用するとよいでしょう。

2-3.滑りにくいフローリングにしたりコルク床で転倒を防止する

家庭内の事故で多いのが転倒です。フローリングはワックスで滑りやすくなるので、注意が必要になります。
フローリングリフォームをする際には、滑り止め加工がされたフローリング材を選んだり、滑り止めワックスを使うなどして、滑らない床にしておけば安心です。滑りにくく柔らかいコルク床もおすすめです。

2-4.扉の取っ手や洗面台の水道蛇口を掴みやすいレバー式にする

ドアの取っ手は、握力が弱くなってきたお年寄りや小さな子供にも掴みやすいように、ドアノブからレバーハンドルに交換しておきます。水栓金具もレバー式にしておけば、家族全員が片手で使うことができ便利になります。

2-5.水回りは足元がポイント、トイレは寝室のそばにあると便利

キッチンや洗面台の足元は下に空間があれば、車いすでも対応でき、足腰が弱ったときや疲れた時に休憩して座ることができ便利でしょう。また、年を取るとトイレが近くなるので、寝室の近くにトイレを作っておけば行き易いです。足元を照らす小さな常夜灯を準備しておけば、夜間も安心です。

2-6.ドアは開き戸より引き戸、開口巾に広くとる

室内のドアは引き戸にリフォームしておきます。引き戸は開閉がしやすいだけでなく、強い風が吹いて急にドアがバタンと閉まることもないので安心です。また、車いすや杖をついて、出入りすることを考え開口巾は広めに取っておいた方が、のちの生活を考えると優しい選択かもしれません。

特別にバリアフリーということを意識しなくても、家族全員が安全で暮らしやすいように考えていけば、自然とバリアフリー対応のリフォームになっていくと考えられます。

3.バリアフリーリフォームはどのように進めるべきか

個人住宅のバリアフリーはそれぞれ必要なリフォームの内容が違います。
「バリアフリーはこうしなくてはいけない」というものではなく、赤ちゃんからお年寄りまで家族全員が安全に暮らせ、いざという時に困らない下準備が必要です。では、バリアフリーリフォームをする前に、どんな下準備をしておけばよいのか、見ていきましょう。

下準備とは今すぐ手すりを取り付けることではなく、将来の様々な状況に対応できるような準備のことです。しかし手すりがあった方がよい場所もあります。

階段や浴室などは、転倒しやすかったり体の向きを変える必要があるので、手すりをつけておけばより安全です。この下準備はリフォームの次いででもできます。どのようなものか見ていきましょう。

  • 壁紙の張り替えリフォームの時に将来手すりを取り付ける可能性がある所に補強下地を入れておく
  • フローリングリフォームをする時はついでに段差も解消しておく

などが例として挙げられます。
下準備をしっかりとしておくことで、将来の様々な状況に対応しやすい住まいになります。

4.バリアフリーリフォームの注意点

4-1.状況は刻々と変化するので柔軟な対応が必要

例えば浴室のバリアフリーリフォームでは、自宅で入浴するのか、介護が要るのか、巡回入浴サービスを利用するかで、工事の内容が変わってくるのです。
そして、その状況は老いと共に刻々と変化していきます。
年老いた両親の将来を考え、浴室リフトを取り付けたけれども、想像以上に介護に負担がかかると気づき、巡回入浴サービスを利用することにし、浴室リフトは不要になった、というケースがあるのです。

バリアフリー工事だから、これをつけておけば安心というものはないので、十分に下準備をしておき、状況に応じて柔軟に対応していくことが大切です。

4-2.機器を後付けすることで他の人が使いにくくなる事がある

バリアフリー化を行う工事は、将来のために便利さを取り付けるのですが、工事を行う上で別の問題が発生することがあります。

1つ目の問題は、機器を後付することで他の人が使いにくくなるケースです。
例えば、階段昇降機を設置すれば二階への昇降が楽にできるようになりますが、階段の幅や形によっては、他の家族が使いにくくなることがあります。
だからといって、階段や廊下の幅を広げると、構造が絡む工事になるため多額のフォーム費用が掛かります。
そのような場合は、階段を使わなくても暮らせる間取りに変更するなど、家族全員が快適に暮らせるような配慮していくことが大切です。
2つ目の問題は、リフォームは住んでいる人に精神的に肉体的にも負担がかかることです。バリアフリーに限らず、できれば若いうちにリフォームは済ましておくこともポイントでしょう。

まとめ

バリアフリーリフォームについておわかりいただけましたでしょうか?
今回は以下のポイントについて解説しました。

  1. バリアフリーリフォームについて
  2. 家族全員が住みやすい家
  3. バリアフリーリフォームはどのように進めるべきか
  4. バリアフリーリフォームならではの注意点

バリアフリーリフォームは先見性が必要なところもありますが、必ずしも先を見通せないところもありますね。
他のリフォームと異なり、繊細な面があり柔軟な対応が必要となってきますが、家族全員の快適さ、ということろに目を向けたら大きな間違いは免れそうです。