リフォームの流れについて知りたい方へ ~リフォームでの注意点や確認事項~


気軽に自分の家を自分好みのレイアウトに変更できる“リフォーム”。
近年、プチリフォームがブームとなっていますが、リフォームの流れはどのようになっているのでしょうか。
リフォームが人気急上昇しているなか、リフォームに関するトラブルも多発しています。
トラブルにならないためにもリフォームの流れや注意点、見積もりや打ち合わせの大切さ、会社選びについて詳しくチェックしていきましょう。
自宅のリフォームを考えている人は業者に依頼する前に必ず確認してください。

  1. リフォームの流れについて
  2. リフォーム時に注意しておきたいこと
  3. 業者選びのポイント・注意点

1.リフォームの流れについて

自宅のリフォームをする前に、知っておかなければならないことが、「リフォームの流れ」。
一連の流れをしっかり把握しておかなければ失敗してしまいます。
リフォームの流れは必ず確認しておいてくださいね。

1-1 リフォームの「目的」「情報収集」

リフォームの流れは大まかに3段階に分かれます。
業者に依頼する前に自分たちでしておかなければならないことがいくつかあるのでチェックしていきましょう。
最初の段階でもっとも大切なポイントになるのが、リフォームの「目的」を明確にすることです。
どこからどこまでリフォームするのか、何のためにリフォームをおこなうのかハッキリさせておきましょう。
家族できちんと話し合い、カラーやデザインをより明確にしておくと後の段階も比較的スムーズに進められます。
そして、ウェブでデザインやリフォーム例をチェックし、実際にリフォームした家を見せてもらうなど、自分たちで「情報収集」をおこないます。
情報収集をきちんとおこなえば、どこの業者に頼むのが1番良いのか判断しやすくなるでしょう。

1-2 会社との打ち合わせ

リフォームの第2段階は、「会社との打ち合わせ」。
会社といってもリフォーム専門業者や住宅設備会社、近所の工務店とさまざまな会社があるので多くの人が迷ってしまいます。
また後ほど会社選びのポイントについて挙げていくのでチェックしてください。
会社との打ち合わせは、あらかじめ明確にしておいたリフォームのデザインやカラーを伝え、さらにプランを細かく練っていくことになります。
実際に自宅に来てもらい、どのように工事を進めるのか、どこをリフォームするのか、見積もりを出しながらしっかり話し合っていきましょう。ここで徹底的に話し合いをおこなわなければ後でトラブルになったり、ああすれば良かったと後悔することになります。
打ち合わせの段階で悩みや疑問・不安点をすべて解消してください。

1-3 工事から引き渡しへ

会社との打ち合わせでリフォームのプランが決まれば、いよいよ工事に入ります。
工事中はできる限り自分の目で確認してください。
スケジュール通りに進んでいるかどうか、しっかりプラン通りに工事をしているかどうか確かめることもリフォームにおいてとても大切なことです。
工事が完了すれば、引き渡しになります。
引き渡しが完了すれば後で不具合が見つかっても文句は言えません。
なので、引き渡しを行う前に、リフォーム後の自宅を細かくチェックし、見積もり通りに完了されているかどうかチェックが必要です。
もし、そこで不具合が見つかればすぐに業者に尋ねてみましょう。
代金を支払う前に直してもらうことができます。
以上が主なリフォームの流れになるのでしっかり把握しておいてくださいね。

2.リフォーム時に注意しておきたいこと

2-1 口約束はNG。しっかりメモをとっておく

リフォーム業者とのトラブルで意外と多いのが、「口約束でのトラブル」。
「私はこう言った」「こっちは聞いていない」とトラブルになってしまうことが多々あるので注意してください。
トラブルにならないためにも口約束は絶対にしないこと。
何か気になる点があれば必ずメモ帳やスケジュール帳にメモしておきましょう。
メモした紙はコピーし、業者にも一部持たせておくと安心です。
また、見積書を出してもらうと思いますが、見積書を見ながらどこの部分がこの値段に反映しているのか会社としっかり確認をしてください。
後でここは聞いていない!ということがないように事前に確認できることはしておいた方が良いです。
契約を結ぶときは、工程表だけでなく、設計図や仕様書ももらい、内容をしっかり確認しておきましょう。

2-2 工事中の変更には要注意

口約束でのトラブルと同時に多いのが、「工事中の変更」によるトラブル。
工事中にやっぱりこれもリフォームしてほしい、別のフローリングにしてほしい、このスペースは収納にしてほしいなどさまざまな要求が出てくるもの。
工事中の変更は可能ですが、ここで注意してほしいのは、変更によって変わる“見積書”です。
追加料金がかかるかどうか、どのくらいのお金が追加されるのか、変更するたびに見積書を出してもらい確認しておきましょう。
合意書をしっかり交わすことも大切なポイントです。
リフォームをしている時はできるだけ工事の邪魔にならないように現場に行かない方が多いですが、工程表通りにおこなっているかどうか自分の目で確認してください。
そのときに、現場の人たちに差し入れを持っていくことも忘れずに…。

3.業者選びのポイント・注意点

3-1 チェックしておきたい業者選びのポイント

リフォームを依頼する会社は本当にたくさんあります。
知人や友人からすすめられることもあるでしょう。たとえすすめられても自分で信用できる業者かどうか確認することが大切です。
しっかり確認しておかなければ失敗してしまうので要注意です。
では、どのようなポイントに気をつけて選べば良いのでしょうか。

  • 口コミ・評判をチェックする
  • 見積もりを比較する
  • リフォーム業者の対応を確認する
  • 保証内容の確認

とくに気をつけてほしいポイントは以上の4点です。
口コミ・評判をチェックすることはもちろん大切ですが、さまざまな業者に見積もりを出してもらい比較することも大切なポイントになるでしょう。
見積もりを比較することでどこが自分たちの「目的」に合っているのか判断できます。
また、リフォーム業者の対応にも注意を払ってください。
見積もりを提出したときに契約の決断を迫ってくるような業者は絶対にNGです。
そして、自分たちのすべての要望を受け入れてくれる業者が良いとは限りません。
リフォームにはその部屋のつくりに合っているかどうかが大きなチェックポイントとなり、構造的に問題ありのケースも多々あります。そこをきちんと指摘してくれる業者は安心して依頼できるでしょう。
アフターサービスが充実しているかどうかという保証内容についてもチェックしておきたいものですね。

3-2 リフォーム施工事例の見学をする

実際に業者がリフォームを施したお宅にお邪魔して見学することも大切なポイントになります。
実績がある業者であればあるほど安心できますし、事例を見たらもっとプランがまとまるかもしれません。
このようにしたらこんな風になるんだと自分たちの目で確かめられると絶対に役立ちます。
業者によって施工事例の見学を設けているところもあるのでお願いしてみましょう。

まとめ

自宅のリフォームを無事に成功させたいならば、それなりの基礎知識を身につけておかなければなりません。
リフォームについて何も知らないより少しでも知っておいた方がスムーズにトラブルなく進められるでしょう。
最後にもう一度、リフォームについてまとめたので確認していきましょう。

  • リフォームの「目的」を明確にし、「情報収集」をする
  • 業者との打ち合わせは念入りにする
  • 工事中は自分の目で必ず確かめる
  • 口約束は絶対にせず、きちんとメモをする
  • 工事中の変更の際は見積書を必ず確認
  • 信頼できる業者に依頼しよう
  • できればリフォーム施工事例を見学する

以上の7点にはとくに注意してください。
後悔のないようにリフォームを進め、満足のいく家に仕上げましょう。