失敗しないリフォームの豆知識! ~トイレリフォームの注意点~


トイレ

トイレは生活には欠かせない場所であり、トイレリフォームをリフォームするということは生活を改善するということに繋がります。
トイレリフォームといってもリフォームの規模や目的など様々です。“古い便器を新しいものに取り替える”“寒いトイレを暖かくするリフォーム”などトイレリフォームには規模や目的に合わせて注意すべきポイントがあります。
トイレリフォームの規模や目的に応じたに関する注意点を紹介しましょう。

・トイレリフォームの注意点①~便器だけを取り替えるトイレリフォーム~

便器だけを取り替えるトイレリフォームの注意点は“トイレの広さに合わせた便器を選ぶ”ということです。
便器だけを取り替えるトイレリフォームの失敗例では“大きな便器を選んでしまいトイレが使い難くなってしまった”ということが多いのでトイレのサイズに合った便器を選ぶということが大切です。
便器だけを取り替えるトイレリフォームは1日で終わる工事が殆どです。

・トイレリフォームの注意点②~トイレ全体を造り替えるトイレリフォーム~

トイレを造り替えるリフォームの注意点はトイレ工事が数日間行なわれるという点です。

このようなリフォームの場合、工事が数日行なわれるので“工事中はトイレが使えなくなる”というような心配を持ってしまいます。しかし実際の工事では便器の取替え工事は1日程度で終わり、その後の内装工事などの際には工事中でもトイレを使用できるというケースが殆どです。

汲み取り式から下水道に切り替えるリフォームなど数日の工期が必要な場合には、その場合には仮設トイレが設置されるのでトイレの心配はありません。
仮設トイレは主に屋外に設置されますが、屋外が不可能な場合には室内用仮設トイレを設置することも可能です。

トイレ全体を造り替えるトイレリフォームでは仮設トイレ設置の有無などに注意して、リフォーム日程を確認するようにしましょう。

・トイレリフォームの注意点③~目的に合わせた計画性が必要~

トイレリフォームの注意点の中でも見落としてしまいがちなのが“計画性”です。

たかがトイレリフォームと侮ってはいけません、毎日使うトイレを快適に過ごすということは生活を快適にすることに繋がるのです。
トイレリフォームも他のリフォーム同様に“計画性を持って進める”ということが大切になります。自分のトイレリフォームの目的とイメージを考え計画的に進めるというのはトイレリフォームを失敗しないための注意点です。

トイレリフォームを計画的に進めるためにも、リフォームに関する相談やプランニングをしっかりと行なえる業者選びというのが大切なのです。