こんなにあるリフォーム補助金制度! うまく使ってスマートなリフォームを!


リフォームは何かと費用がかかりますので、補助金制度などを有効に活用したいですね。ここではそんなリフォームの補助金制度についていくつかご紹介したいと思います。
まず前提として、お住まいの地方自治体によって補助金制度が違います。もし必要であれば、一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会発行の「地方公共団体が実施する住宅リフォーム支援制度」を参照してみてください。
この記事は、一般的に使われている住宅リフォームの補助金制度についての記述になります。

リフォーム補助金制度その1 耐震化の補助金制度

東日本大震災から特に注目されているのが、耐震化に関する補助金制度です。全国各地の地方自治体でこの補助金制度が取り扱われているので、リフォームを考える際は必ずこの補助金制度を使う事を検討してみてください。

例えば静岡県浜松市の場合、「浜松市緊急輸送道路沿道建築物耐震補強助成事業」があります。条件としては

昭和56年5月31日以前に建築された緊急輸送道路沿道の既存建築物(木造住宅を除く)であり、以下の要件を満たすもの

  • 緊急輸送路を閉塞の恐れがあるもの
  • Is値0.6未満の建築物をIs値0.6以上となる補強工事を実施するもの
  • 耐震改修促進法の計画認定又は建築基準法の全体計画認定を受けているもの

とされています。

補助額は「耐震補強工事に要する経費と基準額(48,700円/平方メートル)とを比較して、いずれか少ない額の3分の2以内。」となっており、該当する場合は事業体の定める方法で申請し、審査が通ると補助金が手に入ります。

また、同じく耐震化のリフォームにおける補助金として「浜松市建築物耐震診断事業・建築物補強計画策定事業・建築物耐震補強助成事業」があります。
この事業は、「昭和56年5月31日以前に建築された建築物又はマンション」に対して、基準額を「延べ床面積1,000平方メートル以内の部分においては2,060円/平方メートル」の補助金を支給する制度があります。

このように、耐震化のリフォーム補助制度は全国各地にあるので、是非活用してみてください。

リフォーム補助金制度その2 バリアフリー化の補助金制度

この補助金制度は、高齢者の方をメインターゲットとしたバリアフリー設計に関する助成金の事業です。今後、より利用者が多くなると見込まれる制度なので、覚えておいた方がいいかもしれません。

例えば、浜松市の「浜松市高齢者住宅改造費補助金交付」は、バリアフリー改修工事の実施によって得られる補助金です。
対象者は、

  • 市内在住の60歳以上の方がいる世帯
  • 住宅改造の必要が認められる方
  • 要介護・要支援認定を受けた、認定見込み
  • 前年度所得税額が20万円以下または市民税非課税世帯
  • 市税を完納している方

をすべて満たしている方と限定されますが、限度額を75万円と定めているため、かなり大きな補助金制度です。

また、浜松市重度身体障害者住宅改造費補助金交付は、上記と同様に身体障碍者に対して補助金を給付する制度です。限度額は75万円、条件は、

  • 市内に住所を有する身体障害者手帳の交付を受けた下肢、体幹又は視覚に障害のある方で障害の程度が総合等級1級又は2級の方又はその保護者
  • 住宅改造の必要が認められた者
  • 前年度所得税額が20万円以下または市民税非課税世帯

のすべてを満たすことが条件となります。

リフォーム補助金制度その3 省エネルギー化の補助金制度

最後に、これからの時代により利用しやすい、省エネ化の補助金制度になります。例えば静岡県では、住宅省エネリフォーム支援事業費補助金として地域材の活用や窓・壁の断熱化工事を実施した住宅に5~15万円の補助金が支給されます。

この補助金に関しては発注者の条件がないので、条件を満たすリフォームをする方に対しては誰でもこの補助金制度を受けることができるのです。

まとめ

このように、各地方自治体ではさまざまなリフォーム補助金制度を実施しています。もしもリフォームをお考えの方は、是非この「リフォーム補助金」を活用し、賢く施工することをおすすめいたします。